< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「光る君へ」- 4:舞台は越前へ、物語が跳ねる?!

道隆(井浦新)亡き後の、道隆一家の不遇が激しすぎる。
確かに、道隆の身内びいきが過ぎ、入内させた娘、定子(高畑充希)に一条天皇(塩野瑛久)を道隆一家に都合よく采配するよう操らせる常套手段、醜いわあ、と思って見ていたが・・。一条天皇と定子が純愛だけに、定子の苦悩はいかばかりか。高畑充希の大きな瞳が、お上(=一条天皇)への一途な思いと身内の呪縛に激しく揺れて可哀そうだった。
せっかくお上の子どもを身ごもったのに、髪を下ろした定子はどうなるのだろう。清少納言(ファーストサマーウイカ)の「枕草子」で、元気を取り戻してくれたらいいなあ。

 

さて、恋も昇進も、嘆願もすべて手紙の平安時代。
まんまと麗文で父親の赴任先として大国の越前を勝ち取ったまひろ(=紫式部=吉高由里子)は、好奇心に胸を膨らませ琵琶湖経由で越前に向う。

ここで、まひろと道長(柄本佑)の恋愛は一段落するのだろうな。
少しずつだが、後にまひろの夫となる旧知のおじさん、藤原宣孝(佐々木蔵之介)とまひろの軽妙な掛け合いがまんざらでもない関係をにおわせ、なかなか演出がこまかいなと感心して見ている。

そして、都とは別次元で活気のある越前で、出会う宗人の一人で、周明(松下洸平)が登場。

異人の彼がまひろにどんな影響を与えるのか。また、まひろ経由でそれが道長に伝わり(たぶん)、それが国政にどのように反映されるのか。

メロドラマは一旦お休み(?)で平安時代の都以外が描かれる今後が楽しみだ。

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]

 

 

 

 

「帰れない山」(2023年):人生における友情の意味

北イタリアの美しい山々が育んだ、対照的な2人の青年の、時と場所を越えた友情の物語ー。しかし、映画館の大スクリーンで観なかった私には、そこに映る山々は雄大な美しさというより険しく危険で、ひ弱な心の自分を拒絶する自然の畏怖にしか映らなかったなあ。映画の結末のせいで余計そう思うのかもしれないけれど。

 

二人の青年のうち、都会育ちのピエトロの視点で語られる青年の自分探しの旅。
幼い頃から山好きの父に連れられて毎年夏に過ごす山で知り合った同い年のブルーノ。
ハイティーンになって父に反発するようになったピエトロは、以来父と距離をおいたが、父とブルーノは山を通じて親交を深めていた。ピエトロがそのことを知ったのは、父が亡くなってから。山と、山で暮らすブルーノと再会し、生前の父の思いを知ることになる。

 

寡黙な二人が長年のブランクにもかかわらず、お互いがお互いを友達であると思っていることは、私にもそういう友人がいるのでとても理解できた。
ブルーノとピエトロの関係には”依存”や”甘え”がない。苦しい時に助けてあげたいと思うが、自分が相手を助けられると確信することはない。また、そばにいて欲しいと思う時でも自分から頼むことはない。時に一方が他方から離れ、時には拒絶することだってある。
一人の人間としてリスペクトし、かつて一緒に過ごした他愛もない時間を宝物のように胸に抱えて、相手のことを気にかけているだけだ。

と書いて、友情と愛情の違いが分かった気がした。愛は独占や支配を伴うけれど、友情はそういうものがない。相手への過度な期待はなく、長年伴走することで冷え切ったり終わったりしないような気がする。(現時点の私の勝手な思いだけれど)

それともう一つ。二人が過ごした他愛のない時間は、フィジカルが伴っていること。山や湖での遊び、登山、山小屋を一緒に作ること、言葉は少なくても体を伴って同じ体験をしている。そしてそこには必ず山があった。

 

観終わって、明石家さんまさんが以前言っていたことを思い出した。
「幸せとか不幸せとか思わない。それがその人の人生なんだ」

貧しさ故に早熟で、山の男として自分の生き方を貫くブルーノの人生。
迷いながら旅をしながら、自分の生き方を探すピエトロの人生。
全く違う二人だけれど、ゆるぎない友情がそれぞれの人生に伴走し続ていることが胸を打つ。

帰れない山

帰れない山

  • ルカ・マリネッリ
Amazon

 

[http://
映画評論・レビューランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村:title]

 

 

 

 

 

「ブルーモーメント」- 2:”友情出演”の田中圭の登場を待っている・・・

主人公、晴原(山下智久)の同僚役で田中圭が出る度に、ぎゃっとなる自分。
初回突然登場した時も飛び上がって驚いたし、昨日第5話を見終わった後の予告でまた一瞬映ってぎゃっ!!
「おっさんずラブ」の春田役でない田中圭はすごくカッコよくて、正しくはぎゃっではなく、きゃっ💚だ。
(どーでもいい前置き失礼しました。)

毎回、自然災害の脅威をかなりリアルに再現して見せてくれ、自然の恐ろしさと天気予報の重要性を痛感しながら、SDMメンバーのチームワークが出来上がっていくのをドラマの醍醐味として楽しんでいる。
5年前の豪雨災害で命を落とした晴原の恋人、灯(本田翼)のその日の行動の謎に端を発し、その災害に関わった者たちの思惑が重要な要素となっているようだ。少しクライムミステリーの要素もあり、もはや山Pカッケーはおいておいて話として面白くなってきた。

と言いつつ、次回の田中圭の登場をすごくすごく楽しみにしている。

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]

 

 

 

 

 

「アンメットーある脳外科医の日記ー」- 2:主演二人の空気感がとてもいい

交通事故が原因で記憶障害の後遺症を抱えた脳外科医、ミヤビ(杉咲花)。
彼女の婚約者だった三瓶医師(若葉竜也)は、彼女の記憶障害を治そうと強い思いで、病院内で隠蔽されている彼女の治療の過程を探る。

当初敵対していたと思われた、かつてミヤビに好意を寄せていた綾野医師(岡山天音)の協力も得て、ミヤビの担当医である大迫教授(井浦新)の不審な治療経過にたどり着く。

関東医科大学病院の会長(酒向芳)が、グループ拡大計画を大迫に託し、同時に大迫にミヤビの記憶が戻らないよう指示しているようだ。孫の麻衣(生田絵梨花)を綾野と政略結婚させようとしているが、それと関係があるのか・・?
推測だが、ひょっとしてミヤビが病院の組織ぐるみの”悪”を知ってしまい、彼女の自損事故も仕組まれたものなのだろうか・・?
なんだかクライム要素が色濃くなり、ミヤビと三瓶の恋愛要素が弱く見えたりするのだが、、、

さにあらず。

深刻になりがちなミヤビ自身の境遇に反して、三瓶とミヤビが二人でいる時に醸し出す空気感がとてもいい。”キュン”や”ドキドキ”ではないけれど、”ほっこり””微笑ましい”感じで、二人が心の深いところでつながっているのがわかる。

アメリカで研鑽を積んた優秀な脳外科医、ツンデレで冗談の一つも言わない三瓶だけれど、ミヤビに対して時々見せる茶目っ気やポンコツぶり、そして深い深い愛情が、この人を何とも魅力的な人物として魅せている。若葉竜也の黒目がちな瞳に医師としての真摯な姿勢と人としての純粋さを感じる。
そして、彼と恋人だった時期の記憶がないミヤビが、三瓶の言葉を直に真じ、彼の優しさを理解していく様子を見て、二人の恋愛をやっぱり応援したくなる。

 

童顔の千葉雄大が救急部長のポジションなのが意外だけれど、彼もそれなりのお年なのだと感慨ひとしお。千葉雄大、今回は医科の専門を超越して目の前の患者に対応できる救命医を目指している。熱い医師でありミヤビのよき理解者で応援者。意外と恋愛要素を担わない役が多いのよね。私が見ている限りですが。

最後に、井浦新が本当に悪ーい人物を演じることってあるのかなあ。(いや、あるでしょう)

 

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]

 

 

自分で機嫌を取り直す

毎月1回の実家への帰省中。

4年くらい新横浜駅を利用しているのに、それまで全く利用していなかった駅ビル2階フロア。先月、神戸屋ベーカリーを見つけて、喜んでいたのに今朝行ったらクローズしていた。グレーの養生壁が私を拒絶しているみたいだった。

ついていないな、と思いながらトイレに行くと長蛇の列。スタバも列。

気を取り直し1階のおむすびやに行くとそこも列。最初1階のスタバも列かあ、と思っていたらおむすびやの列だった。列はスタバのだと勘違いして、おむすびやのショウケースを覗き込んでいたらご婦人から、みんな並んでいますよと指摘され大恐縮。時間もないこともあり、謝ってそそくさとその場を立ち去った。

自分の都合よく勘違いしたことを恥じ、モヤモヤした気持ちを抱えて新幹線に乗り込む。

新幹線も大いに混んでいる。果たして自分の席の隣りにはビジネスマンの男性。ここでも、あーと思ってしまう。私は小柄だけど、やはり隣は女性の方が圧迫感が小さい。

そして例の、荷物を手伝いましょうかヘルプの一言。今日は目をみて、ありがとうございます、大丈夫ですと返せた。

 

自分の機嫌を取り直さなければと、ブログを書いた次第。

写真は、神奈川から見た富士山、静岡に入って見た富士山。最後は車内アナウンスで案内された時の富士山全景。

晴れた空に様々な表情で浮かぶ富士山は、やはり美しい。


f:id:xuse:20240517103410j:image


f:id:xuse:20240517103412j:image


f:id:xuse:20240517103422j:image

 

 

「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」(2009年):今さら山Pにメロメロになる私

「正直不動産」「ブルーモーメント」で三十路半ばを過ぎても美しいお顔の山下智久を拝み、今さら彼の俳優としてのポテンシャルを認識。ちょうど地上波で再放送が始まったので視聴中。

当時、ほとんどテレビドラマを見ない生活を送っていたので本作のことも知らなかったし、山下智久に興味もなかったのだが、さすが当時の”月9”、北川景子をはじめ貫地谷しほり、溝端淳平、金子ノブアキなど、今も活躍中の俳優がわんさか出演。彼らの若き日の姿に目を細め、何よりも24歳の山Pの非の打ちどころのない少女漫画に出てくるようなハンサムな顔に視線が吸い込まれる。

 

プロバスケットチームに所属する、気弱なところはあるが優しく真っすぐな主人公、上矢直輝(山下智久)と、真っすぐで勝気な性格のバイオリニストを目指す白河莉子(北川景子)を中心に二人の恋のゆくえと成長を描く、これぞ青春ドラマという感じ。

元カノ(相武紗季)の存在や、莉子に猛アタックするチームのコーチ(伊藤英明)など、惹かれ合う二人の恋愛が成就するには障害山積。バスケットボール選手としても、なかなか結果が出せない直輝はくよくよ悩んでいるシーンが多く、カッコ悪い山Pなのに、絶対的に容姿はカッコいい。

当時の恋愛対象へのダイレクトで遠慮ない(素直ともいう)言葉や行動も最近のドラマではなかなかお目にかからない気がして◎
「キスしたり、触ったりしないから、もう会わないなんて言わないで」と超かわいく美しい北川景子に言わせられるのは、山Pしかいないだろうなあ。

 

何より懐かしく楽しいのはガラケーの存在。山Pが風呂に入っているシーンで、ガラケーをビニールにきっちり入れてバスタブの縁に置いているのが微笑ましい。また、バスケ選手の俳優たちがすね毛を剃っていないのも当時らしい。別に俳優のすね毛を毎度チェックしているわけではなが、最近の俳優さんって処理しているの人多いよね。こざっぱりなのかもしれないけれど、なんか現実的でない。いや、待てよ。実は今の世の中それが当たり前なのか?特にスポーツ選手とかは処理が当たり前なの?時代にマッチしていなのは私なのか?(でも「季節のない街」でホームレス役の又吉直樹の両すねに体毛がないのは変やろ!)

貫地谷しほりの台詞にもあったが選手たちの胸板の厚さに感心するよりも、すね毛の存在に満足する私。

少し鼻にかかった山下智久の声もすっかりお気に入りになり、今さらだけど山Pにメロメロ!

 

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]

 

 

「かぞくのくに」(2012年):映画によって情感を伴って知る、近くて遠い国の悲しみ

ヤン・ヨンヒ監督による自身の経験を元にした本作。

1950年代から80年代初め頃まで、在日朝鮮人を北朝鮮に帰国させる事業があったことは私も知っていた。当時は”夢の楽園”に帰ると信じて帰ったそうだ。

リエ(安藤サクラ)の兄、ソンホ(井浦新)も、朝鮮総連の幹部の父のメンツもあり16歳で北朝鮮に送り出された。以来25年、日本の家族と会えることはなかったが、脳に腫瘍があり北朝鮮では治療ができないと言う理由で3か月間の来日を許された。監視役のヤン(ヤン・イクチュン)付きで。
(個人的には好きな俳優のヤン・イクチュンの登場に、にんまりしてしまったけれど)

ソンホを演じる井浦新の、25年ぶりに見る日本の風景を、驚きとともに静かにぼんやりと眺める様が何とも心もとない。感情を抑えることを25年間強いられたためだろうか、表情を大きく変えることなく静かに家族とも友人とも喜びや悲しみを共有する。ヤンの存在が大きいこともあるが、帰国後、誰に会い、何を見て、何を話したかを報告しなくてはならない、というのもあるのだろう。残してきた自身の家族もいる。
感情を殺したソンホと対照的に、25年ぶりに兄に会ったリエは、喜び、怒り、悲しみを隠さない。兄の代わりに兄の10倍以上、はっきりと主張していた。

脳腫瘍の手術と経過観察に3か月は短すぎ、医者からは手術を断られてしまうソンホ。別の医者を探すも、3か月を待たずして突然、北朝鮮から帰国の命令が出る。

「あの国ではよくあることだ」淡々と受け入れるソンホの横で、理不尽過ぎて怒りで泣きじゃくるリエ。

国は、人が作っているものではないか。国といいながら、命令を発し、受け入れ、伝えているのは人ではないか。その人に感情はないのだろうか。監視役のヤンも、命令を受けた時「こんなに早くですか?」と聞いたが、あの国では上からの命令に質問は許されないらしい。

ソンホの母親(宮崎美子)が、北に帰る息子に用意したスーツとぴかぴかの靴。同時に、北に帰った息子をどうぞ穏便に扱うよう祈りを込めてヤンにもあつらえてあった。精一杯の母親の祈る思いが涙をそそる。

車に乗り込んだソンホの腕をどうしても放せないリエの姿に嗚咽してしまった。このシーン、ロングショットで撮っていて、台詞は聞こえず、ひたすらソンホの腕をつかみ続けるリエと、振りほどこうとするソンホ。しまいには、車のドアを開けたまま、腕をつかんだまま車が走り出して、リエが剥がれて車は去って行く。ソンホの諦観した様がつらく、リエの無念が視覚から心に刺さり涙が止まらなかった。
安藤サクラ、キネマ旬報主演女優賞に納得!

映画は、1990年代の話だったけれど、北朝鮮に住む多くの人が今も自由がなく、生き抜くことだけを考える生活を続けているのだろうか。そこに帰った戦争中日本に連れてこられた人たち、そして拉致された日本人たち。その人たちのことを考えずにはいられない。

 

井浦新の出演作品を観ていると、思いがけず秀作に出くわす。今度は「空気人形」を見なければと思った。これ、オダギリジョーも出演しているのよ。

かぞくのくに

かぞくのくに

  • 安藤サクラ
Amazon

 

 

[http://
映画評論・レビューランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村:title]