< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「光る君へ」- 5:まひろ(紫式部=平安女子)が結婚を決めたことに思ったこと

「私も結婚というものをしてみたいし、子どもも生んでみたい」(現代語になってます)

恋焦がれすぎて、嫉妬や会えない寂しさで苦しむ相手(道長=柄本佑)より、気心の知れた”親戚の叔父さん”みたいな、宣孝(佐々木蔵之介)の妻になる決心をしたまひろ(吉高由里子)。父親が長く官職に就けなかったこともあり、彼女を妻にしようとする男性が現れなかったまひろの大英断だ。それにしても、幼い頃から父の友人として知っている宣孝の妻になろうと思う割り切りの良さは、さすが吉高が演じる紫式部だわ、と思ってしまった。

宣孝とまひろ。頭のよい二人の掛け合いはなかなか楽しいシーンだし、お互い悪態をつきながらもそれを楽しんでいる様子も伏線にあった。当時の男性貴族の好色ぶりも、まひろが都に戻った歓迎の宴で念押しのように見せつけられた。その様子を見た弟の惟規=高杉真宙のへっ???という表情が何ともいえず面白かった。
スケベおやじだけど、頭の良さと人の良さがわかる宣孝、いやらしさを感じさせない佐々木蔵之介の上手さに脱帽。

 

さて、冒頭に書いたまひろの台詞を聞いた後、ふと日本が出生率最低を更新したニュースを思い出したことに触れる。
時代が違えば背景も道徳も違うので、平安女子と比べて現代若者の結婚観について、しかも私の想像=偏見で考えても仕方ないけれど、伴侶を持つこと、子どもを持つことをもう少し気軽に、楽観的に考えれば出生率も上がらないかしらと思ったのだ。
まひろの図太さと、知らないことを知りたいと思う好奇心(まひろにとっては結婚、出産・子育ても興味の対象だと思う)、他人と生活してみる勇気があれば、いろいろ考えて結婚を躊躇しているより、えいっと結婚するカップルがもう少し増えないだろうか。

もちろん、まひろの選択には、財力のある男の妻になることで実家の経済的安定につながるという打算もあっただろう。翻って現代の結婚や子育てが男女の人生にどれだけ負荷と考えられているか、私自身も身をもって体験してはいるのだけれど。(でも、ゆーて楽しいこともたくさんあるよ)

 

さて、次回から越後での冒険(+ちょっとしたアバンチュール?!)を終えたまひろと宣孝の結婚生活が始まるわけだが、都は相次いで天災に見舞われ、国政を担う道長のほうは大変なことになりそうだ。どろどろの政略平安絵巻再び!
予告で垣間見た、まひろと宣孝の夫婦漫才にも拍車がかかりそうで、そちらも楽しみ。

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]

 

 

 

「アンメット」- 4:医療ドラマにして、ラブシーン皆無の純愛ドラマだった!

最終回は、涙なしでは見られなかった。

三瓶先生(若葉竜也)のミヤビ(杉咲花)への深い深い愛が胸を打った。それにしても、最終回の回想シーンで二人の馴れ初め、婚約に至ったことが語られるなんて。
二人の若い医師が、もの静かな雰囲気の中に医師として情熱の炎を持っていることや、お互いへのリスペクトと信頼がいくつかのエピソードと共に描かれ、結構なボリュームだったことに驚いた。

それにしても最終回の主役は紛れもなく若葉竜也だったなあ。

手術がほぼ不可能な恋人(ミヤビ)の、脳梗塞ができるまでを一緒に過ごす残酷で幸せな日々。
食事を口にした瞬間に込み上げてくる感情の起伏を私も一度だけ実生活で経験したことがあり、ミヤビが作った食事を口に入れた時の三瓶の涙で一緒にもらい泣きした。

最終的にはわずかな可能性にかけて、三瓶の執念と仲間の全方位の協力を得てミヤビの脳内の”ノーマンズランド”にできた病変を取り除くことに成功(このあたり、私の理解は不十分かもです)。
8分という制限時間のある手術を一人でこなすのは不可能で、そこに大迫教授(井浦新)の協力があったことはドラマならでは。(ちゃんと縫合を練習していたという伏線もあったしね)

 

世間は、若葉竜也という不愛想な、決してイケメン枠には入らないであろう、しかしなんとも味のある、そして説得力のある俳優さんを発見したと思う。(つーか、私が発見した)

杉咲花は、本作でほとんどノーメイクだと思われるが、笑顔も泣き顔も困惑した顔も、そして大口で食事する顔も!どれもとてもキュートだった。

大学病院グループの金満経営の闇と主人公(ミヤビ)の病気との関連や、金満経営に巻き込まれている若いカップル、綾野(岡山天音)と麻衣(生田絵梨花)などをサイドストーリーに置き、毎回ゲストを迎えて後遺症を含む様々な脳の病気について教えてくれた本作。医療ドラマとして外科医の”神の手”を見せるよりは、患者側のストリーを丁寧に描いて人間ドラマとしても見応えがあった。

医療チームが行きつけの料理屋の主人(小市慢太郎)の脳の病気で嗅覚を失うかもしれないというエピソードや、加藤雅也演じる絵描きとその妻(赤間麻里子)のエピソードなど、ゲスト俳優の心打つ名演も記憶に残った。

 

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]

 

 

 

 

 

「Believe - 君にかける橋 -」- 3:今期ドラマの中で1番の見応えと余韻

最終回見終わって、エンディングも含め、私の中では今期1番のドラマだった。

全方向ハッピーエンドでないところがまずいい。(ここが「水戸黄門」枠の日曜劇場と一線を画すテレ朝ドラマだよね、勝手な感想だけど)

橋の設計士、狩山(木村拓哉)が一人責任を負って有罪となった、建設中の橋の崩落事故の真相が、発注主の東京都の命を受けて会社が仕組んだ事故であることが判明した。最終話は、法廷劇の様相を呈したが、すべての事実がそこでつまびらかにされたわけではなかった。

会社を守るためには、真相を墓場まで持っていく社長(小日向文世)の黒い信念と、人を信じて夢を語る狩山を最後まで嫌う様が妙にリアルだ。人はそう簡単に改心したりしないのだ。

最終回、それまで狩山の味方なのか敵なのかわからなかった弁護士(斎藤工)の活躍には目を見張った。また、本作でアウトローで、どこかやけくそ気味な捜査一課の刑事(竹内涼真)も、これまでの役とは違うイメージで見ていて面白かった。
登場人物の多くが、狩山の敵か味方か、放送回ごと入れ替わるくらい人間の複雑な心理を背負っていたような気がする。
しかし、真実を追い逃走する主人公という本筋に最も説得力を与えたのは、やはり天海祐希演じる狩山の妻の存在だったと思う。ゆえにラストの顛末を見せるシーンは涙をそそった。木村が(泣いていたけれど)涙を見せなかったことがより良かった。

不穏で冷徹なイメージの刑務所区長(上川隆也)に、狩山が刑務所の同房者(濱田龍臣)の冤罪を晴らすよう頼んだことなど、遠い昔の伏線の回収もグッド。(彼は確か、彼女には裏切られていたと思うけど・・)

最後に、主人公の狩山は木村拓哉でなくてもよかったかもしれないが、木村のサーフィン焼け(勝手な推測です)の浅黒い肌が、建設現場に赴く”橋屋”にはぴったりだった。パスワードに”believe”とつける男を演れるのは、キムタクぐらいだ。
ともあれ、姉さん女房を持つ、どこまでも少年の心を持つ50歳!?に、甘えた表情や少しおどけた表情など、本ドラマでの木村拓哉は良かったと思う。
私の中では、近年、中年になったキムタクの演技としては1番だった。(現時点で)

 

 

 

 

 

「怪物」(2023年):坂本龍一最後の映画音楽が染みた

坂元裕二の脚本が秀逸。
前半にちりばめた伏線を、視点を変えて回収したのが見事だった。

最初いじめを受けている小学生の湊(黒川想矢)とその母親(安藤サクラ)の闘いかと思ったが、話は全く違う方向に展開した。
それにしても、問題をなるべく穏便に片付けようとする学校側と母親のやりとりは、もはやギャグかと思わせるほど滑稽だった。そして振り返って考えれば、きっと日本全国この十数年できっと本当に、これとそっくりのやりとりが教育の現場で起こっていたに違いないことに気づく。

シングルマザーで子育てをしている母親(安藤サクラ)の、息子への優しさ、期待、少し過保護に感じるところはあったが責められるほどとは思えず、当たり前の母親の愛情だと思った。ゆえに学校への抗議も当たり前だと思う。なにがモンスターペアレントだ。
しかし同時に、母親として許される(と私は思う)範囲の声掛けや、子どもへの期待の言葉が子どもを追い詰めていることに胸が苦しくなった。

"怪物"とは、小学生二人が遊んでいた"かいぶつだーれだ?"という遊びからとっているようだが、怪物は誰なのかということではないと思う。人それぞれ皆の頭の中にそれは潜んでいるのだ。

慈愛に満ちた母親にも、生徒思いの教師にも。そして5年生の少年にも。

皆が”怪物”を抱えて生きる世界で、唯一救いだったのが、永山瑛太演じる保利先生が、最後に少年2人の関係性に気づけたことだ。

本作でも瑛太は子供にはめられ、学校には切り捨てられ、恋人にも逃げられると言う散々な役回りで、この俳優ならではの闇落ちしそうな不穏な空気をまとって登場したのだけれど、この教師の中の”善”の部分に私は救われた。

 

恋人の苦境をあっさり見限って去っていく保利の彼女に高畑充希。(クソ女を演る高畑充希が結構好きです)
息子を虐待している父親に中村獅童。
終始無表情、全ての出来事を諦観しているかのような校長先生に田中裕子。

湊役の黒川想太と依里役の柊木陽太は、難しい役だったと思うけれど、素晴らしかった。是枝監督が撮る子どもの姿は、いつも大人を裏切る、それこそ”怪物”を心の奥に隠している。

孤独な二人の少年が心で互いを求めあう様が切なくて美しい。二人が無邪気に遊ぶシーンで流れる坂本龍一の音楽が優しくて清くて、心に染みた。
”教授”の最後の映画音楽となった。

怪物

怪物

  • 安藤サクラ
Amazon

[http://
映画評論・レビューランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村:title]

 

 

 

 

 

「アンチヒーロー」 -3:糸井一家が浮かばれねえ・・

最終回は25分拡大放送。すべての伏線の回収がなされると直前番宣でもさんざん言っていた。

しかし、一番知りたかった糸井一家殺人事件の真犯人には全く触れる時間はなかった。
これでは、糸井一家が浮かばれない。

ほとんどの伏線は確かに回収された。今まで真実に蓋をして”否”と言っていた人たちが、オセロゲームのようにすべて”白”にひっくり返って、伊達原(野村萬斎)を糾弾した。その結果、死刑囚だった志水(緒方直人)の再審請求は認められ、志水は娘の元に帰ることができたわけだが、代わりに刺し違えて明墨(長谷川博己)が逮捕された。

ラストシーンは、本ドラマのオープニングと全く同じ構図、違っているのは明墨の座る場所が、ガラスの向こうかこちらかだけだ。
そしてキラーワード「あなたを無罪にして差し上げます」と明墨に言ったのは、彼の部下である赤峰(北村匠海)だった。

これ、絶対「アンチヒーロー2」があるでしょ。(匠海、日曜劇場を背負う??)

 

12年前の糸井一家殺人事件に端を発し、何年もの歳月をかけあらゆる角度から真相を追い詰めていく展開は面白かったし、miletの「hanataba」はテーマ曲として世界観にぴったりで相当良かった。

個人的には、長谷川博己、野村萬斎のオーバー過ぎる演技がに途中から飽きてしまい、笑うに笑えなかったのだけれど、この枠(日曜劇場)って、演出としてこういうのを俳優に要求するのかなあ。まあ、それこそがこの枠のドラマの面白さを倍増させるのかもしれないし、視聴者も期待している?

 

で、やっぱり7月期の「ブラックペアン」も見る予定。前回のメンバー再集結っていうけれど、二宮和也演じた渡海のよき理解者だった看護師役の趣里は出ていないみたい。しかし、”ダークヒーロー”ものが続きますな。

 

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]

 

三浦拓也『Geopark』:梅雨空をふっとばす明るさと広がりを感じる

音楽に詳しくない私は全く知らなかったけれど、三浦拓也はアコギ・デュオ、DEPAPEPE の一人で、インストロメンタルの世界では海外でも有名な作曲家、演奏家とのこと。

彼が出した初のソロアルバムの宣伝で、JWAVEの別所さんのTOKYO  MORNING RADIOに出演していたのを聴いて、このアルバムのことを知った。

別所さんとのトークの中で、無類の恐竜好き全開で、嬉しそうにアルバム制作について語っていたのが印象的だった。そこでオンエアされた曲がアルバムにもはいっている「Dinosaur Dance」。

彼の話を聞いたせいもあるが、耳に入ったとたん、ティラノサウルスの足音を感じた。途中で明るく転調すると、ばーっと森が開けてどこまでも続く広い空が目に浮かぶ。そしてティラノも頭を上げて空を仰いでいる。

鳥、虫、ほかの生物の気配も曲中至るところで感じられる。なんだかとても楽しい気分になった。

曇り空だったり、ちょっと蒸し暑いと感じる最近の朝、これを聴けば俄然晴れやかな気分になれる。だって'geo'だよ。地球を感じちゃえるわけよ。

Work at homeの狭い仕事部屋で、日々の雑事に追われている自分がとてもちっぽけな存在に思える。

どの曲も、聴いていてそのタイトルで想像する風景が目に浮かぶ。

オススメです。

 

⬇Geoworld の中に、Dinosaur Dance も入っています

 

「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」(2023年):見応えの乱闘シーンだけではない感動が

前編の「運命」後編の「決戦」を続けて観た。録画した後観るまでに時間がかかったのだけれど、観始めるとあっという間だ。スピード感、謎解き、イケメンザクザク・・と血沸き踊る面白さ。

それにしても、後編観終わってもなお残る謎。
喧嘩が強くて友情に熱い仲間たちで作ったマイキー(吉沢亮)を総長とする東京卍會。10年の月日をかけ、東卍(トウマン)が凶悪化していったのは、キサキ(間宮祥太朗)の存在が大きく関係しているらしいが、なぜ執拗にタケミチ(北村匠海)とガールフレンドのヒナタ(今田美桜)は命を狙われるのか。
また、本作「血のハロウィン編」で東卍の決戦相手、芭流覇羅(バルハラ)のトップはマイキーだと、10年後(現代)のドラケン(山田裕貴)が言っていたが、そのことについては詳細は語られていなかった。
そのあたりの謎を横に置いて、東卍結成メンバーの中で起こった悲劇を発端に、いびつになった友情、逆恨みからの殺し合いが”血のハロウィン”の決戦ということだった。

発端を作る一虎(村上虹郎)の逆恨みの殺意が強烈で、なんでそうなるん?と何度も思った。そして一虎をどこまでも庇いまくる場地(永山絢斗)の、理解できない底なしの友情にも驚くばかり。永山絢斗、本作ではキーパーソンかつ最強にカッケー場地を演じていて、本作公開前に永山絢斗自身の起こした事件による本作のお蔵入りは、マジありえなかったと改めて思った。

それにしても、改めてキャスティング最高だな。
マイキーの吉沢亮、ドラケンの山田裕貴。キサキの間宮祥太朗に、一虎の村上虹郎。
間宮祥太朗はずる賢い役が本当によく似合う。眞栄田郷敦は、個人的にダイワハウスのCMの彼みたいに、ちょっとぽやっとしている感じの役のほうが好きだけれど、寡黙な三ツ谷も決まっていた。(ガタイの良さが説得力を増す)
そして、カッコ悪いタケミチの北村匠海は、今まで私が観た北村匠海の中で、1番役にはまっていると思う。毎回ボコボコにされるけれど、ここぞという時にド根性を見せてくれる。そして暴走族2トップを「マイキー君」「ドラケン君」と呼び、彼の口からその呼び名が出る度に、東卍の素の良さが蘇る。暴走族の粗野や、やんちゃ、キレやすさが根底にある中で、その呼びかけに”厚い友情”を感じる。

 

両軍入り乱れての乱闘シーンはすさまじく、特に廃車を山積みした上での殴り合いは、俳優たちも相当緊張してのアクションだったろうとこちらもハラハラした。少し、乱闘シーンが長くて、一瞬だけ「HiGH&LOW」が頭をよぎったけれどね。

前述の謎の回収のためにも、できれば続編を観てみたい。

 

おまけ:「東京リベンジャーズ」1の感想はこちらです。

www.mitsumame.work

 

 

 

[http://
映画評論・レビューランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村:title]