< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

東京ガスCM 家族の絆「母とは」篇:私の周りは誰もそれほど”エモ”を求めていない!?

数年前からエモいCMが溢れている。

先日、久しぶりにWebCMでぐっとくるのを見た。
東京ガスのCM、家族の絆「母とは」だ。「母とは、」と息子役の岡山天音の声で、母親あるあるを渡辺えりが次々と見せてくれて微笑ましいと思っていたら、終盤「母とは、いつの間にか歳をとってる」という台詞でぐっときた。


www.youtube.com

 

この手の企業WebCMは、よくある。コロナ禍で友人や離れた家族と会うのを控えた人は多い。お茶の間で見るテレビCMもやたら感情に訴えるものが多かった記憶がある。
世間はそんなに”エモ”を欲しているのか?というよりも、ここまでくると”エモ”の押しつけみたいだ。
しかし同時に、私自身がエモに目がいきやすい、”エモ”が好きなのだ、ということに気づく。
確かに自分のブログでもエモい気づきをよく書いてしまう。感受性が豊かとか繊細とか言えば聞こえはいいが、エモを求めない人にとっては、結構面倒くさい人間には違いない。一緒にテレビを見ていたら、一人涙ぐんでいたり、気が付いたら涙目で訴えていたり・・。

で、ふと思った。そんな私の周りにいる家族は、私の感受性とは程遠く、”エモ”ストーリーをスルーしがちであることに。しかも現実の”エモ”いシーンやお話に対して!

 

実家の親もそうだ。

そういった細かな感情はどこかにおいて、介護している父も介護されている母も日々生きることに専念にしている様子だ。

そして、自分の家族も同様な気がする。”生きることに専念・・”ではないにしても、自分の好きなことにまい進、とでもいおうか。

私が老犬がくうくう寝ているのを見ては、あと何年こうして上下するモフモフのお腹を眺められるかなあと、しんみりしたり、実家に帰ってクロネコヤマトのマグカップを見てしみじみしたり(先日書いたブログはこちら)。誰も何とも思っていない事々なのだ。

些細な気づきに感動したり、その気づきを披露したりしていた若い頃、同僚から「蜜豆さんは、人生を丁寧に生きすぎている感じがする」みたいなことを言われた。
さもありなん。

いちいち”エモ”事象に心を砕く性格は、もっと効率よく、判断ミスなく、的確に物事を運ぶのに時に邪魔になっているようだ。感慨に浸るよりも、とっとと動けと自分に言いたい。

しかし、しかし、”エモ”を感じることは、私にとって小休止でもあるし、生きる原動力かもしれないものなー。

 

[http://ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村:title]

 

 

 

「カムカムエヴリバディ」- 16 :”意味があろうがなかろうが、誰かを思ってやることがあってもいい”

「カムカム」が終わって随分経ったけれど、今でも思い出して心の中で何度も言い聞かせる台詞がある。

終盤、生き別れた母親に会いたくて、母に聴いてほしくて「On The Sunny Side Of The Street」を歌うるい(深津絵里)。しかし、娘と会うつもりはない母の意志を知って、歌うことに意味があるのか・・・とふと漏らした時、るいの友人のベリー(市川実日子)が「意味があるかどうかわからないけれど、誰かを思ってやることがあってもいいんじゃない」と言葉をかけるのだ。

 

それをやって意味があるの?ということだらけの私の日常。

例えば、老々介護をしている両親の元に月1回帰って(しかも1泊のみ)、掃除と父の食事、2回分を作りおいてくること。

ほぼ毎日夕方7時台に父に電話をかけること。

夕食を食べない娘に、彼女が翌朝少しでも口にするよう、作った夕食を少量取り分けておくこと。(食べようが食べまいが)

老犬の乾燥する耳(そのせいで毛が薄くなっている)に保湿剤を毎日つけること。
(同時に目薬も差すのだが、それは確実に目ヤニの改善になっている)

どれも物理的には意味があると思うが、その背後にある私の思いは対象者に届いているか甚だ疑わしい。いちいち恩着せがましく言うわけでもないし、そもそもそんなことは頼んでいないと言われるのがオチだ。

でも、我ながら律儀な私は決めたことをやり続けている。

時々父には、あれこれ心配してかける私の言葉に邪険な反応をされたり、娘は朝も起きられず食事もせずに学校に急ぐ日もある。

やれやれ、と思う時、あの市川実日子の言葉に励まされる。私の思いが届こうと届くまいと、誰かを想ってやる行為は尊い・・・はず。そして、世の中の多くの娘や母親が、同じような思いをきっとしているのだと、ふと思う。

 

 

[http://ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村:title]

 

 

 

 

 

実家にて:クロネコヤマトのペアのマグカップ

父が母を老々介護している郷里に、月1回帰省している。

 

毎朝、母と自分のトーストとコーヒーを用意する父。昔母がしたように、このペアのマグカップにインスタントコーヒーをたっぷり注ぐ。

どれだけ、宅急便を使ったらこのマグ2つもらえるのだろうか?

私が家を出て大学に通いだしてから、そして姉が結婚してから、そのかなり後に私が結婚してからも、両親は米を中心に季節のフルーツや父が石臼でついた餅、お中元やお歳暮でもらったゼリーやお菓子など、ありとあらゆるものを月1回とは言わないけれど、年に何回も送ってくれていた。母は段ボールに隙間なくものを詰める達人になっていた。

娘たちへの愛情の記念品みたいに、欠けることもなく何十年もカップホルダーに仲良くぶら下がっているマグ。きれいに洗って掛けておく。

これがまだしばらくは現役で使われ続けますように。

 

f:id:xuse:20220505004744j:image

 

※「クロネコヤマト マグカップ」で検索したらメルカリでたくさん売りに出されていた。これ、販売されていたもの?でも両親がそういったものを買うとも思えず、たぶんもらったものだと思います。

 

「フェイクスピア」NODA・MAP 第24回公演(2021年):これこそ、生で観なきゃね

(昨年公演された本作をWOWOWで鑑賞しました。以下、ネタバレしています)

 

野田秀樹が言うところの「コトバの一群」が引用された終盤のクライマックスは、圧巻としか言いようがない。
墜落直前の飛行機の搭乗員に扮する、高橋一生、川平慈英、伊原剛志、村岡希美が発する言葉は、ボイスレコーダーに残った最後の数分間の彼らの戦い。緊迫と絶望と最後まであきらめない強い意志が、揺れる機内の混乱を表す群像の動きと共に、観る者に波のように打ちかかり、異様な緊張感と込み上げて来る熱いもので体中がいっぱいになった。

そのシーンもそうだが、動きの演出はさすがだ。開始直後の森の中の木、後から思えば、飛行機が山に墜落の瞬間を表した群舞のような動きも素晴らしい。役者の身体表現を妥協することなく追求した演出に、野田秀樹、健在!を感じた。

と、偉そうに書いているが、私は野田秀樹の舞台をこれまで見たことがあったっけ?
学生演劇をやっていた頃は小劇場ブームで、野田秀樹が主宰する「夢の遊民社」は仲間の一人が憧れていたっけ。私は岡山から大阪に来たばかりで、それまで小劇場の芝居なんて観たこともない。演劇部に入ってから先輩に連れられ、学生演劇や当時はやりのアングラ芝居、小劇場の公演を観た。当時、すでに遊民社のチケットは取りにくかったように思う。でも舞台上で飛んだり跳ねたりする、遊民社の舞台の記憶がある。それとも観たつもりになっていたのだろうか?どこで誰と観たかも皆目忘れている。

あれから何十年も経って、その間の野田秀樹の活躍は言うまでもない。

そして、何に驚いたかというと、野田秀樹本人が役者として登場したこと。まあまあの御年のはずなのに、華奢な体で軽やかに飛んだり跳ねたり!と縦横無尽に好き勝手に、舞台上をたぶん一番イキイキと!駆け回っていた。

 

クライマックスに持っていくまで、”言の葉”を探す男、修行中のイタコ、自殺を考えていた元地下鉄職員、星の王子さま、そしてシェイクスピアを語るフェイクスピアら、それぞれが語るコトバと場面がスピード感と躍動感満載で展開していくのは、観ていて楽しい。

高橋一生を始め、白石佳代子や橋爪功に交じって、前田敦子がイタコ見習い(白石佳代子)の母親!や星の王子さま役の演っていて、やや一本調子なセリフに聞こえたとしても大健闘だった。

白石佳代子と橋爪功は同い年で御年80歳ですと!あの台詞の量、動きは何ということか!橋爪功に至っては、劇中に高橋一生の子供になる時があり、小学生くらいの子どもとしての台詞を、くたびれた老年期に入ろうとする男のいで立ちのままでしゃべり、それがその子どものものとして聞こえてくるから不思議だ。

また、高橋一生は言うまでもないが、上手い。舞台俳優として本当に上手いと思った。
以前「第三舞台」に出演していた高橋一生を一度だけ観たことがあるのだが、その時は筧利夫の面白さに気がいってしまい、一人整った顔の俳優がいたな、と思ったくらいだった。(それでも作品上は主役の次、2番手だったと記憶しているのだが)

 

正直、本作、一度観ただけでは理解するのは難しいと思う。見慣れた人ならそうでもないかもしれないが、私のように野田作品をほぼ初めて観る者にとっては、一つのテーマをいくつもの角度から重厚感たっぷりに描き、しかも展開もスピーディなので頭が追い付かない。

それでも、小劇場に足繫く通っていた頃の学生時代を思い出させてくれ、なんだか懐かしかった。つい、当時観ていた劇団についてググってみたりもした。「第七病棟」「黒テント」「劇団そとば小町」「劇団☆新感線」・・・

余談だけれど、私は就職した後、やっぱり劇団に入って役者をやってみたいと思い、会社員をしながら小さな劇団に入り、旅公演などもこなしていた時期があった。大阪で公演した時の打ち上げで「劇団新感線」は、学生演劇の繋がりで一升瓶を差し入れしていた話などをしていた時、当時の座付き(作家兼演出)が「彼らと君の違いは何だったと思う?」と聞いてきた。「才能があるかないか、かなあ」と言ったら「いや、彼らはそれ(芝居)1本で続けたことだよ」と言われた。

そんなもんかなあ。

今度、NODA・MAPの公演があったら生で観たいと思う。

www.nodamap.com

 

血豆の仕事:10日間観察してみた

3月の始め、お雛さんに供えようと買った桃の枝を切ろうとして、花ばさみの持ちてで左中指の腹をこっぴどく挟み血豆ができた。太い枝で相当な力を手と奥歯に込めてぎゅっと握ったら、勢い余ったようだ。

鈍痛が走り、一瞬血が飛び散るかと思いきや、小豆大の血豆が2つみるみる膨れ上がって、指の腹のてっぺんに出現した。あー、これ皮膚が裂傷していたらこの血豆の大きさ分の血が出ていたんだな、と思った。
ジンジンと疼き、対処法を検索したら「冷やすこと」とあったので流水にあててみた。どんどん腫れてぶよぶとするようなら潰す、という痛そうな処置もあったが、何もしない、というのが1番のようなので様子をみることに。
それから2日間は、一瞬触れただけでも飛び上がるほど痛かった。カットバンをするにも痛い。切り傷を作った時愛用しているキズパワーパッドは、今回はお呼びでない。

しばらくは何をするにも”F●CK YOU”の手になってしまった。自転車のハンドルを持つ時は必ずなった。

1週間くらいは”F●CK YOU”で、指先に注意を払いながらの生活だったけれど、しばらくして腫れは引いて平になり、黒いシミが中指の腹についている感じになった。強く圧迫しない限りはほとんど痛みはなかったが、指の腹の黒いシミは、日常生活でなかなか慣れない。

特に台所仕事をしている時、何度もぎょっとする。
例えば、ガラスのコップを素手で洗っているとき、持ったガラス越しに映る指のシミがガラスの汚れに見えて、ぎょっ。
葉物野菜を洗っていて、指のシミが小さい虫に見えて、ぎょっ。
という具合だ。

 

絶対目に付くところにある、中指の腹のシミとつき合って10日くらいたった頃、新しい皮膚ができているからなのか、指の腹のてっぺんからほんの少しだけ下にずれ、血豆自体はカラカラになっている。ちょうどケガをしたところに蓋がされているみたいだ。それを見て、そうか、これってもう少ししたらペりっと瘡蓋みたいに剥がれ落ちるのだろうな、と想像できた。

そして12日目。ついに豆の半分が剥がれ、夜には残ったほうもペロリと剥がれ落ちた。血豆がとれた跡には、ピンクの新しい皮膚が光っていた。

 

裂傷して血がでれば、そこから細菌が入る可能性もある。指の表皮はそれを避けるために持ちこたえ、中で破裂した毛細血管から出てくる血を皮一枚でなんとか塞き止めたのだ。塞き止めた血は皮膚の下で血豆となった。

最初、ジンジン疼く血豆を見ながら、この中にある血はどこにいくのだろう、まさかシミやホクロになったりしないよね、と考えたものだけれど。

血豆、衝撃で破裂した毛細血管と皮膚直下の皮膚(?たぶん)を守り、新しい皮膚が誕生するまでよく頑張ったねー。剥がれた落ちた瘡蓋(もやは!)を見て思った。

血豆、いい仕事をしてくれた。

 

写真は、できてからたぶん翌日に撮った血豆のプロフィール。

f:id:xuse:20220314001909j:plain

 
こちらは件のお雛さん。ただし2月に飾った時のもので、この時の桃の枝はそんなに太くなかった。

f:id:xuse:20220314002418j:plain

 

 

 

【名言シリーズ】”ご機嫌は自分でつくるもの”:毎朝聞く別所さんの言葉と、明石家さんまさんの言葉

20年ぶりくらいに毎朝、J-WAVE(FMラジオ)を聴く習慣を復活させている。

実は、J-WAVEが開局した年に関東に来たこともあり、当時ジョン・カビラがナビゲーターだった「TOKIO TODAY」を朝の支度中に聴いて出勤していた。

ナビゲーターが別所哲也に代わって久しいと思うのだけれど、今はradiko というアプリでスマホで聴いている。

仕事している人がたくさん聴いているのだろうか、経済、国際情勢、そして電車や道路状況、天気予報まで音楽以外でも多岐にわたり、情報番組としてタメになる。

そして、何よりも別所さんがいつも言う”ご機嫌は自分でつくるもの”という言葉に、日々励まされる。

私もいい年になり、自分の機嫌をコントロール、しかも表出する表情・振る舞いをコントロールできるように以前よりはなったと思う。その証拠に、すでに2年前にそのことについて、このブログで書いている。

www.mitsumame.work

だから、あることがきっかけでモヤモヤした気分が晴れず、どうにも乗らない日(今日がそうなのだけれど)も、何とかコントロールしてやり過ごすことができる。しかし、なかなか”ご機嫌”までにはもっていけない。

どうやら、私はわざとご機嫌にもっていっていないのだと思う。つまり、モヤモヤの原因である2つの出来事について、自分が反省、次に失敗しないように対策を考えるべきだからだ。実は答えはわりと簡単に得ている。誤った自分に言い訳せず、相手の立場にたって考え、論理的に判断すれば次の対策はわかるし、反省するべきは己であることは明白だ。
同時に自分の言い訳についても、第三者の目で見て理解できないでもない。

それでは切り替えて、ご機嫌を自分で作って楽しく過ごせばいいのに、なぜ今日1日モヤモヤのまま過ごし続けることになったのかというと、今思い当たった。

失敗の根本原因が、自分”できない(能わず)”ということにあるからだ。(そう自分で書いて「くっそー」と思った)
自分ができないことが悔しいし、みじめに思えてくる。ならばできるようになればいい、とは簡単には言えない。そんなに簡単なことではないからだ。今後の努力だけではない、長年にわたる努力や気づきが必要だったのかもしれない。

今から、、、それ、できるようになる?

無理な気がして落ち込む。

ここで、また思い当たる。

明石家さんまの言葉。「落ち込むというのは傲慢やと思う」そう、自分ができない(できなかった)ことに落ち込んだとしたら「できると思ってたの?」ということらしい。それが自分の今の実力だと思えば、落ち込んでいる暇はないというだ。

なるほど。

明石家さんまさんの言葉で、もう一つ心にいつも留めている名言がある。それはまた書く機会があれば。

 

明日は朝からJ-WAVEを聴き、自分でご機嫌をつくって、仕事に臨めるかな。

www.j-wave.co.jp

 

 

 

 

久喜の目のこと:瞳の奥がグレーがかって見える件

去年の後半くらいから、久喜の瞳の奥がグレーがかかってに見えることに気が付いた。久喜は、以前からジーっと私のことを良く見つめるので、同じように私も見つめ返してきた。久喜の瞳は、群青と深緑と黒が混ざったような複雑な瞳の色だった。だけど最近は、それに白が混じり、グレーっぽく見えるのだ。

すわ、白内障??

以前、眼科医療機器の会社で働いたことがあり、白内障についてはよく見聞きした。人間だけでなく犬の白内障についても。

白内障は、加齢とともに目の中でレンズの役割をする水晶体が白く濁ってきて徐々に視力を失うものだけれど、人の場合は人口のレンズ(眼内レンズ)を入れ替えることで、視力を失わずに済む。犬の白内障手術も眼科を扱う獣医師でできるそうだけれど、術前後の目薬を確実に点眼できる犬であることが条件とのこと。そして手術代は高額だ。しかも人間ほどほぼ100%成功、ともいかないようだ。

 

白内障になりやすい犬種に、トイプードルははいっている。

久喜には長生きしてほしいから、久喜の晩年はもしかしたら白内障は免れられない老化現象の一つかもしれない。

白内障は手術しか治療方法はないとわかっているのだけれど、久喜に白内障手術までする気にはならない。だからといってそのまま放置するのも可愛そうで、気休めでもいいから目にいい事、サプリや点眼薬がないか、インターネットで調べてみた。

すると、結構でてくる。

でも、前述のとおり、私は人間の白内障の治療に目薬やサプリはなく、手術しかないと知っている。犬も同じじゃないか?と思い、数か月、どうしたものかと思い悩んだ結果、かかりつけのペットクリニックに相談することを思い立った。

相談としては、

1. 久喜が白内障になっているかどうか

2. 気休めだとしても、おススメしてもらえるようなサプリや点眼薬はあるか

 

結果、1については、瞳孔を開いて水晶体を見る必要があるので予約がいる。いつものようにふらりと行って、眼科用の機械を使って光を当てて見ても、十分にはわからない。ただし「核硬化症」であることがわかった。

核硬化症も、水晶体の中心部が青白く見えるらしく、こちらも老化現象だけれど視力には影響しないとのことでそのまま放置するらしい。

久喜の目の奥がグレーがかって見えるのは核硬化症のせいだったようだ。

2については、とても良心的なペットクリニックの先生は「特にない」とはっきりと言ってくださった。一応目薬も、飼い主さんが所望すれば出せるように用意しているけれど、それが白内障の進行を遅らせるとは言えない。

さすがだなー。変な期待を抱かせることなく、気休めで飼い主がやることを反対するわけでもないけれど、事実をしっかり伝えてくれた。いつも有難いなと思う。ペットクリニックの先生方。(二人いらっしゃる)

 

白内障の予約検査については、もう少し様子をみることにした。

白内障については、瞳が白くなっていく以外の行動における症状として、
1. ものにぶつかる

2. 夜間歩くのを嫌がる

がある。これらが出てきたら、白内障を疑おう。

しかし、よく考えてみたら、検査して白内障だとわかっても、手術以外に治療法がないわけで、その手術をしないのであれば検査しても意味がない。

そう思うと、私の久喜の白内障への対応は、ブルーベリ系のサプリを気休めで早めにあげてみようかな、というものに落ち着いた。(やっぱり何かはダメ元でもやってあげたい)

この何か月か久喜と見つめ合う度に、久喜のグレーがかった瞳が気になって、いてもたってもいられなくなることがあったけれど、一旦、落ち着くことができた。

久しぶりにペットクリニックに行ってよかった。

f:id:xuse:20220206155821j:plain

この写真の久喜の瞳は、まだそんなにグレーがかっていないです。

 

 

[http://
ペットランキング:title]

 

[http://ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村:title]