はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

イチロー

イチローが、今年はもう選手としてゲームに出ることはなくなった。

マリナーズの会長付特別補佐として、選手のメンター的立場で練習をこれまで通り行い、試合にも帯同するという。会見でのイチローは淡々としていた。インタビューのスタイルも以前と変わらない。しかし、「引退」という言葉と行為をあくまで避けた、今回の異例で破格の契約に、驚きと感謝の気持ちが滲んでいたと思う。

イチローみたいな、その道一筋のスポーツ選手のことを考えていて、ふと思い浮かんだ曲がある。最近よく聴く菅田将暉のアルバム「PLAY」の中にある「スプリンター」(

作詞・作曲:秋田ひろむ(amazarashi))だ。その歌詞の一部が、まさに今のイチローの心境なのではないかと思った。こよなく野球を愛し、野球選手でいることを選び続ける男の。

以下「スプリンター」より歌詞抜粋

「:

 誰のせいか 誰のお陰かなんて 答え合わせはどうせ死ぬとき

 フィニッシュラインの後も人生は続くように 終わって 始まって 終わって 始まって

「泣きたい時は泣いたらいいよ」なんて 決して言わない口が裂けても

 こらえるべきだ その悔しさは 君を泣かせるに値しない

 :

 走り続けた距離だけ 諦めなかった分だけ 理由は増えてった 終われない理由が

 「もう少し あと少し」でここまで来た これからもだ スプリンター

 「もう駄目だ」って繰り返した これからもだ スプリンター

 :

 終わってたまるか どんな悔しさも 夢を終わらすには値しない」

 

この曲、スポーツ選手に関わらず、私には人生の応援歌のように聞こえる。やるべきことがあるのに気分が乗らない朝でも、自分を奮い立たせてくれる気がする。