はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「ブラックペアン」- 4

あまり認識したくないが、小泉孝太郎の演技がヘタ?とやはり思い始めた。
周りに翻弄されながらも、自分の信念も持ち、「善」もありつつ、割りきった狡猾さもある、複雑な役どころの上、出番も多い。
役者の演技や癖、滑舌など、気になり始めると話に集中できないので、あまりよろしくない。

しかし、もはや主演は高階先生(小泉孝太郎)だし、竹内くんは、ナレーション、ストーリーテラーになってるだけだし、ニノは悪いだけだし(!)

ただ、これから佐伯教授(内野聖陽)とニノの父親とのいきさつや、ニノとの確執が明らかになっていくだろうから、変わらず目が話せません。