はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

プラスチックストロー

スターバックスが、2020年までにプラスチックストローを廃止するそうだ。環境保護のためで、海に漂うプラスチックごみのせいで海洋生物に深刻な影響が出ているし、海洋国(日本を含む)の沿岸には自然界で分解されない大量なプラスチックごみが流れついている。特にストローは、その小ささから回収に手間取るということで廃止することにしたそうだ。

プラスチックの代わりにパスタを素材にしたものとか、紙を素材にしたものが例としてテレビのニュースでは紹介されていたけれど、今日ネットを検索していたら、スタバではストローを使わなくてもいいふたが考案されていた。

 

昨日、オフィスビルにあるカフェでアイスコーヒーを買った時、カップいっぱいに注いてくれるから、持ち運ぶのにふたが必要で、そのふたには十字の切れ込みがあり、ストローを差し込むようになっている。ミルクをいれる人ならば、ストローでかき混ぜてふたをして、十字切れ込みに刺して移動、というのがアイスコーヒー片手にオフィスに向かう人の一連の行動だろう。

一瞬、いつものようにミルクを入れてふたをして、ストロー・・・とやっていた時、件のニュースが頭をよぎった。むうぅ。木製スティックで混ぜる手もあるぞ。ストローなくて飲めるし。しばし手を止めて考えたが、結局いつものようにストローを刺した。

 

私のような一般消費者の行動から変えなくてはならない。スタバのような取り組みが、セブンを筆頭にアイスドリンクをストロー付きで売る何万店ものコンビニに広がれば、ストローから火がついた環境意識が、再度レジ袋削減に広がり、ごみを燃やす量を減らし、この異常気象を起こす原因にもなっている地球温暖化の取り組みにもつながり・・・、少しでも悪くなる地球環境に歯止めをかけることになるのかしら、と思うこの頃です。

UNEPのサイトに興味深い動画があったので、ご紹介しておきます。

ourplanet.jp