はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「半分、青い。」 - 11

間宮祥太朗、やはりロクでもない役やった・・・。自分の夢のために妻子を捨てる男。

いや、まだ説明をして出て行っただけでもマシか。ふらっと出て行ってそれっきり、夢か女か博打が知らんけど、その昔は”出奔”する父親(あるいは母親)は、結構いたような気がする。

夢と家族を天秤にかけて、家族を捨てるんか!普通ありえないけど、捨てるヤツいる。たぶん。鈴愛は夢をあきらめられない、自分の才能をまだ信じている涼ちゃんのことを理解してしまった。理解してしまったから鈴愛の負けなのだ。涼ちゃんの手を離してしまえたのだから。

そして、岐阜での生活第2ラウンド。なぜか律君まで離婚しているようだし、まさか幼馴染の二人はよりを戻すの?

あと2か月弱、朝ドラはハッピーエンドに終わるというお決まりまでも、まさかまさか踏襲しないってことはないよね?北川先生!