はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「ハゲタカ」

2007年にNHK大森南朋が鷲津(主役の企業買収≒再生屋)を演ったドラマ、その後の映画も観たし、原作も読んだ。ので、まあ今回は(見なくても)いいかなんて思っていた。沢尻エリカのキャスティンクは絶妙でちょっとそそられたけど。

 

初回、覗き見た時はNHKの時より原作に近いのかなと思った。

外資系ファンドの冷徹な買収屋を綾野剛が作り込んでいるのはわかるが、出で立ち、しゃべり方もここまでくるとコメディか?と思える。ネットでも言われているみたいだが、確かに「半沢直樹」「ちいさな巨人」を私も思い出した。(最近の作品では「ブラックペアン」もその仲間だね。)

 

日光で、沢尻エリカ綾野剛が再開するシーでは、かなりいいシーンにもかかわらず、眉間だけに縦じわを作り、妙に重々しくしゃべる綾野剛の顔がフレンチブルドッグに見えてきた。対峙する沢尻エリカまで変なしゃべり方で、そのせいか美しい顔が一瞬往年の美空ひばりに見えてしまい、自分の頭がおかしくなったのかと思ったよ。

吹き出しどころ満載で、その点で見る価値があると思うが…。

綾野剛の無駄に長い足がいいね。