はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「半分、青い。」- 15

清野菜名演じる裕子ちゃんと鈴愛のシーンは、これまで何回も涙した。

裕子ちゃんが漫画家をあきらめる時、裕子ちゃんが結婚する時・・・。共に夢を追い、青春時代のつらいも楽しいも共有してきた女友達。いつしか見ているこちらも同じ友達目線で二人それぞれを、また二人の関係を見ていたことに気づく。

彼らが泣くのと一緒にこちらも泣いたから、今日、裕子ちゃんの遺骨を抱きしめて泣く鈴愛を見て、二人よく抱き合って泣いたり笑ったりしていたね、とそのシーンを思い出し号泣しました。

半分、青い。」あと2回です。