はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

田中圭

昨日バラエティー番組に田中圭が出ていた。

おっさんずラブ」以来、怒涛の露出で連ドラ出演多数、バラエティーのレギュラーにもなった。

ブレイク初期のミュージックステーションスキマスイッチの応援で出演したときは、借りてきた猫みたいで、台詞のないトークに戸惑いながらちょこんと座っていた感じがした。でも歌とパフォーマンスで生きているミュージシャンたちの中にいると、ひと際均整の取れた体、長い脚、小さい顔、俳優としてのカッコよさを遠慮なく放っていた。

そして昨日。台詞なしのトークにも慣れてきたようで素の"いい人"全開で楽しくおしゃべりする田中圭がいた。まるで「おっさんずラブ」のはるたんがいるみたいなリアクションも見れて(あそこまでバカっぽくないけれど。黒沢部長にも最後にもらった手紙でバカを連呼されていたよね。)つい34才のおっさんを、かわいい!と思ってしまった。

 

演技をしていない田中圭を見て、牧を演じた林遣都も彼に惹かれずにはいられないんだろうなと思いました。そしてその人が演る春田を。田中圭を再発見できたのも「おっさんずラブ」の賜物。