はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「獣になれない私たち」 - 4

松田龍平の恒星がいい。

たぶんガッキー演じる晶のことが気になって放っておけないのに、不器用過ぎてぎこちない。その動揺する目の演技が良くて、かわいくて応援したくなる。

 

ネットででは展開が単調で視聴率が今一とか言われているけど、恒星の会計士としての仕事でのちょっとした謎かけや、田中圭の家族や元恋人とのサイドストーリーも見逃せなくて、私にとってはなかなか面白い。

ガッキー目当ての人には、物足りないのかも知れないけど。