はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「3年A組 」― 2

近年の菅田将暉史上最高にカッコいい頭(髪型)で、菅田将暉劇場が始まった!

ちなみに髪型は、「ファンタスティック・ビースト」のエディ・レッドメインの髪型とのこと。

 

物静かな美術教師が冷徹な立て籠り犯になったかと思いきや、ある生徒の自殺に関して、ほとばしる激情と人質にしたクラスメートへの怒りと祈りにも似た心情を吐露する。

まさに緩急が交錯し、観るものをあっと言うまにドラマの世界に引き込む。

最初、10日間のほぼ教室を舞台に展開されるであろうお話が、連ドラ1クール持つのかしら?なんて老婆心で見始めたのだが…。

1話で完結したの?と思った自殺の原因はまだまだ複雑な背景があるようだし、そもそも生徒役の面々も、この先主役級の俳優ばかりがいるってことで、彼らがそれぞれの事情を持っていておかしくない。

 

田辺誠一ベンガルの軽妙さが1話の深刻な展開に?を投げ掛けるが、椎名桔平が渋さで押さえ込んでマル。彼らの軽さも今後の展開に何か絡むのかと勝手に憶測。

今後どう展開する?楽しみー。