はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「3年A組」‐7

柊先生(菅田将暉)が、だんだんガイコツに見えてきた。顔まで痩けてきて、包帯がハチマキにも見えてなんかすごい様相になっている。菅田くん、命削ってそう。

これでもかと繰り出される、真っ当すぎるクサイ台詞を延々と全身全霊で吐く菅田将暉を称賛するしかない。そして(これはクサクない)「オレを教師にしてくれてありがとう。」では、ひねくれものの私でも流石に泣けた。

柊先生の真実を語るシーンのグレイ&音声アウトや、最後の永野芽郁の爆弾発言など、視聴率を次週に繋げるアザトイ構成にはやっぱりシラケてしまうけど、来週もオンタイムで見てしまうだろうな。