はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「Eye of the Storm」 ONE OK ROCK

ワンオク(ONE OK ROCK)のアルバム「Eye of the Storm」がメチャクチャいい。て言うか個人的にメチャクチャはまった。

彼らのことは3,4年前に知人にYouTubeを見せられて知った。その時は、ボーカルのタカについて森昌子と森進一の息子、海外で評価が高いよ、以前はジャニーズにいたんだって、程度の情報だった。

そして、歌やっぱりうまいんだ、結構激しいロックなのね、ぐらいの印象だった。

あれから彼らは着実に力をつけ、洗練され、世に知られていき、複数映画の主題歌*も担当し今や世界基準のロックバンドとなった。そして私のような音楽素人、一般ピープルの食指も動かず日本でもメジャーのバンドとなった。

「Eye of the Storm」を聴いた時、個人的にその前にハマっていたクイーン(もちろんきっかけは映画「ボヘミアン・ラプソディ」)の楽曲を久しぶりに聞いたような感動があった。そのグルーヴ感、ハートに直接届く声。フレディの混じりけのない艶っぽい力強い声とはまた違って、タカのはもっと感情に訴える、ざらっとした湿り気のある声。いくつになっても若さの象徴のような粗削り感と熱いビートを感じる声なのだ。

フレディとタカを比べる必要なんて全くないけれど、たまたま個人的に聴いていた前の曲がクィーンだったので思い出したまでだ。ここ数日朝、歩きながら聴いて会社に向かっているのだが俄然やる気がでる。

ワンオクにハマっていたら、奇しくもタカの母親の森昌子が年内で芸能活動を引退するというニュースを聞いた。誰が何と言おうと絶対的に歌がうまい彼女の2度目の引退は残念だ。しかし元夫の森進一と自分のDNAが受け継がれたタカを産み、育てたことでなんだか歌手として〝次に継ぐ”大仕事を成したって感じで、お疲れ様でしたと心から言いたい気になった。

「Eye of the Storm」のアルバムに収められている「Stand Out Fit In」をカラオケで歌いたいなーと思っていたが、その前に「越冬つばめ」だわ。

*映画「フォルトゥナの瞳」:「In The Stars」

  映画「キングダム」:「Wasted Nights」

Eye of the Storm (通常盤)