はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「名探偵 明智小五郎」

最もナチュラルで、そこはかとなく、でも破壊的におかしいタイミングの顔芸ときたら「おっさんずラブ」のはるたんこと田中圭の右に出る人はいないと思っていたが、いたよ。双璧になりそうな俳優、伊藤淳史

天才ゆえに無邪気で空気の読めない自由人の明智小五郎(=西島秀俊)に対し、空気読みまくって、ヨメや姑ほかに周りに振り回される小林君を様々な顔芸と共に好演。面白いわあ、この人。それに加えて伊藤淳史の嫁役の岸井ゆきのの地下アイドルだったという設定も、彼女にどハマリしすぎ! 

明智小五郎のサイバーチームの謎解きよりもそちらのサイドストーリーの方が余程印象に残った。

西島秀俊は、あの渋さでアクションも完璧でなんか凄いなーと思ってしまいました。

香川照之石田えりなどの脇も笑える要素満載で、シリーズ化を狙ってる?

次回もアリだと思うけど、その後に見た西島秀俊の「マリオ  AIのゆくえ」が素晴らし過ぎて、ちよっと私のなかでの印象は薄くなってしまいました。

www.tv-asahi.co.jp