はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「嘘を愛する女」(2018年)

「おんな城主直虎」でブレークした高橋一生長澤まさみ主演の、ちょっとしたミステリー仕立てのラブストーリー。

5年間暮らし結婚を考えていた彼氏(高橋)が、くも膜下出血で意識不明となったと連絡を受けたと同時に、彼の持つ運転免許証が偽造のもので、職場であるはずの病院にも籍はなく・・・。

いったい何者だったのか?彼の何を見ていたのか?誰と5年間住んでいたのか?誰を愛していたのか?途惑いと裏切られたという怒りの感情に揺れながらも、彼の過去(素性)を探す主人公のキャリアウーマン(長澤まさみ)。

結局彼女は、素性を偽った彼(嘘)を愛していたわけではなく、自分を癒してくれる”彼”(嘘ではなく真実の彼)を愛していたのだ。最後にそれがわかるまでは、自分の仕事中心に生きる鼻持ちならないキャリアウーマンの主人公にややげんなりしたのだが。(そう、”彼”探しの相棒となる探偵、吉田鋼太郎と同じ気持ちで)

 

盤石の吉田鋼太郎をバディとして、長澤まさみの演技も光る。美しいだけでないところがいい。そして、これまたテッパンの可愛さと上手さの川栄李奈。長髪のDAIGOが演技ができると分かったのも収穫。高橋一生は、こういったニュートラルな役をやらせたらほんとハマる。本作では少し頼りない感じが肉食(?)キャリアウーマンの心をとらえたのも納得。

素敵なラブストーリーだった。

嘘を愛する女 DVD通常版