はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「銀二貫」-2

こっ、これはまるで男版"おしん"ではないか…!

林遣都演じる主人公松吉(元は武士の子息で仇討ちで父親を亡くし、寒天問屋の主人和助に助けられる)が、相当可愛そうなことになっている。

銀二貫で助けられた松吉のせいで、焼失した氏神さまの天神さんにも寄進できず、商売も上手くいかないと手代に嫌味をいわれる。ひとり夜更けを歩く松吉は、先日梅の枝を拾ってやった真帆(芦田愛菜)と偶然合う。

この孤独な小さい者たちの心の奥で情が通い合うシーンが本当に素晴らしかった。真帆も母を早く亡くし、店を開いたばかりの料理人の父親(ほっしゃん。)にかまってもらえず寂しくしていた。松吉も自分の天涯孤独の身を思い、真帆の母親を思う気持ちと重ねて思わず泣いてしまう。「すんません。」と言いながら泣く15歳の少年の背を10歳(くらい設定かな)真帆の小さな手がさするのよ。「大丈夫?大丈夫。」

その前の真帆を慰めるために、松吉が両手で月を掴むシーンも素敵。柔らかくてしっとりしていて淡い恋の始まりを予感させる。15歳に見えてしまう、純粋で強い光を放つ目の遣都も相当いいのだけど、芦田愛菜は子役には見えんな。マジ。