はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「キングダム」

映画の終わりに流れるONE OK ROCKの「Wasted Nights」を映画館で聴きたくてやっと観てきました。

 

いやあ、、山崎賢人主演ってなってるけど、吉沢亮だろう?主役は。

もちろん、迫力の戦闘シーンなど圧倒的に出番が多い山崎賢人の健闘は認めるし、奴隷の子ゆえの成り上がろうとする野心と情熱、無学で単純だけど機転と根性で、どんな敵にも挑んでいく様は気持ちいい。この役作りでかなり痩せたという賢人のガリガリの胸が時代と身分にリアリティをより与えたと思う。

しかし!賢人の相棒の奴隷の子と、彼にそっくりな秦の国王の二役をやった吉沢亮、特に秦国王の、冷徹な強い意志で偉業を成し遂げようとする鋭くも涼しい瞳の説得力は圧巻だったな。

そしてもう一人の主役、これは大沢たかおでしょ?将軍王騎のカッコ良さったらなかった!公開直後に読んだネット記事でも大沢たかおの役作りは絶賛だったし、原作にもかなり寄せていたとのことで、体重を増やして女のようなしゃべり方をする大沢たかおを観てみたいと思ったのも事実だ。で、期待をはるかに超えてはまっていた。役の設定でも超かっこいいものだから、はっきり言ってあればずるいと思うほど。

ほぼ紅一点と言える長澤まさみの健康的なお色気と貫禄もよかった。ほぼ紅一点とは、橋本環奈も出演しているのだけど、たぶん男の子役だと思うんだよね。被り物しているしこんな使われ方していいのかと思うけど、それがしっくりはまるキュートな女優さん。

映画全体としては、弟(本郷奏多)の反乱で玉座を追われた秦王(吉沢亮)が剣でのし上がろうとする奴隷の子信(山崎賢人)と共に、次々と襲いかかる強敵と戦いなが王座奪還までの道のりを行くというもの、その次々と。。のところがスケール感からして「ロード・オブ・ザ・リング」を思い出し、ちょっぴり既視感があったのは否めない。だけど観に行くきっかけとなった大沢たかおと長澤まさみ、そしてラストのワンオクも期待通り。ラストシーンから想像して続編を待望。王座を奪還した秦王が”始皇帝”になるまでを観てみたい!