はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

スキマスイッチ / 「Revival」 Music Video [Full Ver.]

言わずもがな、連ドラ「おっさんずラブ」の挿入歌。

いつも最高のタイミングで流れ、これを聞くだけで牧凌太の切ない、楽しい、真剣な、笑った、泣いた、、、様々な表情がフラッシュバックして胸が苦しくなる。

 

このMVのラストで、スキマスイッチの2人がやっているお店を、田中圭が”はるたん”として訪ねてくる。そこで、はるたんが「誘いたいヤツがいるんですよ」と電話をかけ、うれしそうに相手が電話に出るのを待つシーンで終わっている。誰にかけているかは容易に想像できる。そう、牧(林遣都)以外の誰でもない。

林遣都が「AERA」のインタビューで、「おっさんずラブ」の映画化が決まった時、プライベートで田中圭とものすごく仲良くなってしまい、その彼にまた”恋愛感情”を持てるか最初不安だったらしいのだが、このMVを見て、ラストのはるたん(田中圭)を見て、ドラマの時の感情が心の中で揺れたと感じ、また、牧をやれると思ったと言っていた。

あーーー。またあの牧君を全身全霊で演ってくれているんだなあ、遣都。

もう感謝しかない。

 

この歌を聴きながら、フラッシュバックする牧と春田、時々黒沢部長を思い返しながら、このドラマが予想を超えてヒットしたのは、牧の純粋で(今時めずらしい)自己犠牲的な愛する人への思いがずっとドラマの根底に流れていたからこそなのだと改めて思った。多くの女心が、今となってはそんな自己犠牲的な愛情を持ち合わせていないからこそ(!・・・いや、これは偏見です。すみません)牧の思いに、姿に、その瞳に!心を奪われたのだと思う。

映画公開まであと少し。

この曲で、鑑賞前にすでに、あの愛があふれて最高におかしい世界観にどっぷり浸れる。浸ったまま映画館に駆けつけるわあ。(ああ、また病気が再発してきた。。)

 


スキマスイッチ / 「Revival」 Music Video [Full Ver.]

※スキマスイッチの2人がMVの中で、はるたんと牧をやっている態なのが、ちょっと微笑ましく面白いです。