はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

10月の夏日とグレタトゥンベリさん

10月なのに陽射しが強い。空は高く秋のそれだけど、熱帯低気圧になった台風が残した熱が半端なく、まだまだ半袖がしまえない。

 

先日の国連気候行動サミットで演説した、16歳のスウェーデン人、グレタトゥンベリさんが時の人となっている。

環境問題を訴え、毎週金曜日に学校を休んでストックホルムの議会前で座り込みの抗議活動をしていると紹介された時は、マララユフスザイさん(女性教育の必要性を訴えてノーベル平和賞を受賞したパキスタンの人権活動家)に続く、勇気と知性のある若者がまた出てきたと思った。

国連での演説も聴衆の胸を打ったと伝えられたが…。少し経つと、感情を露にして大人たちを非難する演説の態度に、違和感を感じた識者のコメントと同時に、彼女が発達障害であることなどの情報が流布し始めた。

誰かの意見に賛否があるのは当たり前だけど、彼女の訴える内容や演説に、”発達障害だから”は不要だと私は思った。

あの年齢の女性が、見知らぬ多くの常識ある大人を前に、環境問題に対して行動を起こすことを訴える時、あのくらいのインパクトがあって構わないだろう。

私みたいな、自分が生きている間はあまり関係ないと、他人事のように思っている人間までに、地球環境の現状や日本の取り組み状況に興味感心を持たせたのだから、大成功だと思う。

 

そして、10月の夏日に思う。すでに他人事ではないのでは…?

だって今年も各地で人が亡くなる暑さだぜ。台風の威力や被害だって年々増している。日本だけでなく世界で起こっている異常気象。自分がまだ生き延びていそうな10年後には、頻繁に洪水に見舞われたり、日常的に竜巻が起こったりしているかも知れないのだ。

俄然焦ってきた。もはや、自分事ですぜ。

 

久しぶりに新幹線から見た富士山の頂きには、雪がないっ!!すわ、温暖化のせい?!と思ったら、夏は雪がないんだって。(そうだった!)


f:id:xuse:20191005125050j:image