はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「スカーレット」- 5

早すぎる。

北村一輝のおとうちゃんの死が早すぎるー。

いい味出してたんどけどな~。残念だな~。昨日の回は2回見て、2回とも同じところで号泣してしまいました。北村一輝、凄いなあ。今まで見た臨終の演技で、どの俳優さんよりリアルで情感があった。素晴らしい!

そして、もうあの高めの声でどなる関西弁が聞けなくなると思うと寂しい。

 せっかく信作(林遣都)一家が松茸取って来たのにね。

そうそう、松茸もって玄関に一家3人で並んだ時の遣都のニコニコした顔が、10代の頃の遣都くんの顔と同じでドキッとしました。

この間「いだてん」で40歳過ぎたおじさんの笑顔の林遣都を見て、いくつになっても彼の笑顔はサイコーと心で、いやブログで叫んでいたわけだけど、今回は10代の頃の笑顔に軽くやられた。

俳優さんて素敵だなあ。正確に言い直すと、俳優の林遣都って素敵だなあ。