はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「火花」(2016年 Netflixドラマ)-3

くっそー。第4話のラストの画が頭にこびりついて離れない。

夜空に散った花火とブレた徳永(林遣都)のアップ。

自分の力の無さに落ち込んだ後、心酔する才能に触れ、焦燥の後の高揚、アドレナリンがドバーっと出た感じの若者の顔と爆発した花火。

このドラマの演出、俳優陣、音楽、映像、なんだかすべて自分のツボの入ってしまう。しびれてしまう。

今回、林遣都を観るために丁寧に見ているのだけれど、遣都云々というよりは、ドラマのクォリティにひたすら驚いている。遣都を意識せずに何気に見始めた1回目も、確か同じように感じたけれど、丁寧に見ているからか余計に思う。そして第5回を見終わって、携わったドラマの表現者たち(俳優、監督、音楽、美術、制作・・・)がこのクオリティまで作った、いや彼らに作らせた原作のすごさ、力を確認したくて、ついにKindleでポチっと購入してしまいました。