< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

【名言シリーズ】”ご機嫌は自分でつくるもの”:毎朝聞く別所さんの言葉と、明石家さんまさんの言葉

20年ぶりくらいに毎朝、J-WAVE(FMラジオ)を聴く習慣を復活させている。

実は、J-WAVEが開局した年に関東に来たこともあり、当時ジョン・カビラがナビゲーターだった「TOKIO TODAY」を朝の支度中に聴いて出勤していた。

ナビゲーターが別所哲也に代わって久しいと思うのだけれど、今はradiko というアプリでスマホで聴いている。

仕事している人がたくさん聴いているのだろうか、経済、国際情勢、そして電車や道路状況、天気予報まで音楽以外でも多岐にわたり、情報番組としてタメになる。

そして、何よりも別所さんがいつも言う”ご機嫌は自分でつくるもの”という言葉に、日々励まされる。

私もいい年になり、自分の機嫌をコントロール、しかも表出する表情・振る舞いをコントロールできるように以前よりはなったと思う。その証拠に、すでに2年前にそのことについて、このブログで書いている。

www.mitsumame.work

だから、あることがきっかけでモヤモヤした気分が晴れず、どうにも乗らない日(今日がそうなのだけれど)も、何とかコントロールしてやり過ごすことができる。しかし、なかなか”ご機嫌”までにはもっていけない。

どうやら、私はわざとご機嫌にもっていっていないのだと思う。つまり、モヤモヤの原因である2つの出来事について、自分が反省、次に失敗しないように対策を考えるべきだからだ。実は答えはわりと簡単に得ている。誤った自分に言い訳せず、相手の立場にたって考え、論理的に判断すれば次の対策はわかるし、反省するべきは己であることは明白だ。
同時に自分の言い訳についても、第三者の目で見て理解できないでもない。

それでは切り替えて、ご機嫌を自分で作って楽しく過ごせばいいのに、なぜ今日1日モヤモヤのまま過ごし続けることになったのかというと、今思い当たった。

失敗の根本原因が、自分”できない(能わず)”ということにあるからだ。(そう自分で書いて「くっそー」と思った)
自分ができないことが悔しいし、みじめに思えてくる。ならばできるようになればいい、とは簡単には言えない。そんなに簡単なことではないからだ。今後の努力だけではない、長年にわたる努力や気づきが必要だったのかもしれない。

今から、、、それ、できるようになる?

無理な気がして落ち込む。

ここで、また思い当たる。

明石家さんまの言葉。「落ち込むというのは傲慢やと思う」そう、自分ができない(できなかった)ことに落ち込んだとしたら「できると思ってたの?」ということらしい。それが自分の今の実力だと思えば、落ち込んでいる暇はないというだ。

なるほど。

明石家さんまさんの言葉で、もう一つ心にいつも留めている名言がある。それはまた書く機会があれば。

 

明日は朝からJ-WAVEを聴き、自分でご機嫌をつくって、仕事に臨めるかな。

www.j-wave.co.jp