< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

白桃と父:嬉しくて、寂しくて、幸せ

先日実家に帰省した時、桃農家の親戚から白桃が届いた。

今年は出来がいいとのことで、大きくて甘く美味しかった。

父は、初物としていただいた美味しい白桃がうれしかったようで「2箱ももらったから、兄貴のところに持って行こう」と言う。そして送ってくれた親戚に電話して、上機嫌でお礼を言っていた。珍しく父の元気で大きな声を聞いた。

それは良かったのだが、歳が離れている父の兄は山間で伯母と2人で暮らしている。

コロナで遠出することもなくなり、母の介護もあり、最近ほとんど車に乗っている様子がない父。車でないと行けない伯父のところに、本当に行く気なのだろうか、不安がよぎった。

車では危ないから、伯父の息子(私のいとこ)に連絡して、よかったら取りに来ないか聞いてみれば、と言ってみたが耳を貸さない。しつこく言うと、またへそを曲げるので黙って静観することにした。

翌日私は自分の家に帰る。日曜なので母のデイサービスは休みだから、家を空ける(伯父の所に行く)としたら私がいる午後2時くらいまでの間だ。そんなことをアドバイスしようか、一瞬考えたが、そもそも車に乗って行ってほしくないのだから、黙っていた。

翌朝、父は”桃を兄貴に届けよう”と思いついたことをすっかり忘れていた。

私が朝食後に桃をむいて出しても、兄貴に・・云々は全く口にしなかった。

昨日は「美味しかったねえ、兄貴にもっていってやろう」と嬉しそうに何度も言っていた父なのに、自分の思いついた楽しい計画も、きれいさっぱり忘れてしまうんだなーと思った。そう思ったら少し寂しい気持ちになった。

父の高揚した声を聞いたのが久しぶりだったし、嬉しそうに言っていたのは、桃のこともあるけれど、大好きな兄に会える、兄に喜んでもらえる、と思ったからだ思う。

「やろうとしたことが、できなくなる。」歳をとるとはそういうことなんだ、と改めて思う。

この出来事は、私に少なからず衝撃を与え、その後も何度も思い出した。そして、そのうちある考えに思い至った。

あの時「(老いて)やろうとしたことが、できなくなる」と思って寂しく感じたけれど「兄貴に美味しい桃を持っていこう」と父がそう思ったことが、実は幸せなことだったのではないかと。

・90歳を過ぎた父の兄が健在だということ。

・美味しい桃を、兄貴にも食べてもらいたい、と思う気持ちがあること。

・そう思いついた時に、とても明るく高揚していたこと。

 

その考えに至った時、今度は少しほっこりした。

頑固爺の父の笑顔を思い浮かべながら、たぶん私は、今後しばらくは白桃を食べるたびに、このことを思い出すだろうと思った。

 

[http://ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村:title]