< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「初恋」(2019年):これほどタイトルと中身が別物の作品も珍しい!

さすが、三池崇史監督作品。

冒頭から、ヤクザ映画全開の怪しく危険な予感満載。
”自身初のラブストーリー”、タイトルも「初恋」っていうけれど、どこがじゃ?!

余命宣告を受けたプロボクサー、レオ(窪田正孝)が、偶然助けたシャブ漬けにされた不幸の塊みたいな女、モニカ(小西桜子)と共に過ごした2日間の物語。

父親の借金の形に身売りさせられ、シャブ漬けにされたモニカが、組の薬を横取りしようと画策した加瀬(染谷将太)に利用されそうになる、という以外、二人とヤクザの関わりはない。その証拠に、後半、夜のスーパーでの抗争で、中国系マフィアの女(藤岡麻実)に、二人が“カタギ”であることが通じると、女は二人を逃がしてくれた。

二人がヤクザの抗争に巻き込まれるまでの前半、関係性を育む横で、ヤクザと中国系マフィアとの壮大な抗争が繰り広げられ、正直、やっぱりそっちのほうが断然面白かった。

何と言っても、ヤクザの女を演じたベッキー。ほかのレビューでも高評価の嵐だったようだけれど、ほんと、すごい迫力だった。彼女の怒り狂った顔は、西洋人の顔だけにホラー色も加味され迫力満点。何度死にかけても死なないところも、もはやゾンビっぽくてグッド!いやあ、素晴らしかったです。ベッキー。

また、抗争の発端を作った加瀬を演じる染谷将太も、相当ふざけた野郎を、軽々と熱演していて唸らされた。大森南朋演じる、ヤバい公安刑事とのやりとりも軽妙で血なまぐさいバイオレンス連続の割には、彼らのやり取りで笑いが出る。

内野聖陽、塩見三省が、ヤクザの幹部としてその凄みで場を締めていたし(最初、内野を見たとき「きのう何食べた?」の賢二役でクネクネしていたのが頭に浮かんで、ちょっと困ったのも事実だけれど)、医者役の滝藤賢一が途中から声だけの出演になって、緊迫したシーンにスマホの録音再生で流れる滝藤の間延びした声とその内容が、なかなかの演出だった。

 

激しい抗争の果て、悪いやつらはとりあえず全員死に、後日談としてレオとモニカの二人の幸せを、大ラス、ロングショットで見せたところが印象深い。アパートのドアを二人開けるシーンで、表情は見えず台詞もなかったのだけれど、なんだかすごく良かった。

結果、初恋、ロマンスの部分の台詞や演出はほとんど感じられず、最期のロングショットが本作のラブストーリー部分として一番印象に残ったという感じ。

ストーリー展開を担っていたのは、染谷将太の加瀬とベッキーのジュリ。レオとモニカの二人の恋愛が逆にサイドストーリーになっていたのは否めないけれど、結構面白かった!

ディーン・フジオカの妹の藤岡麻実が見られたのもミッケもの。言われてみると、兄妹、似ておられます。

 

[http://にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村:title]

 

[http://
映画ランキング:title]