はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「グレイテスト・ショーマン」(ビハインドストーリー)

半年以上前に観て感想も書いたけれど、このビデオについては自分の感情を記録しておこうと思った。

 

映画のシューティング前にすでにこの仕上がり、これこそがプロの仕事なのだと思い、また初めて先頭で歌ったキアラの、徐々に高まる感情と歌声、それに共鳴する共演者たちのグルーブが、たかがパソコンの画面で見ているだけなのに伝わってくる。

ヤバい。

ここにいた人、このビデオを見た人全員が思ったのではないか。

こういう全身を揺さぶられるような体験、一体感、力強い歌声に包まれる一瞬。強く強く憧れるし、届かないものとしてとても神々しい。

見た方も多いと思いますが、ぜひ。


ヒュー・ジャックマンも感涙!映画『グレイテスト・ショーマン』「This Is Me」ワークショップセッションの様子