< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「ファーストラヴ」(2021年):窪塚洋介が”いい人”の役をしている!

芳根京子の演技力がテッパンであるのは、以前視聴していたドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」で確認済み。その彼女が、サイコパス?と思われるような父親殺しを犯した女子大生の役ということに興味を引かれて鑑賞。 芳根京子の演技は想像通り素晴らしかったが、…

窓の外が気になる久喜:春の陽気に誘われて

私が仕事をしている部屋でいつもくぅくぅ寝ているばかりの久喜だけれど、今日は明るく温かい窓の外を見て、カリカリカリカリ開けろと言う。 開けると外に向かってワンワン威嚇。久喜としては散歩中のどこかのワンコに向かって因縁をつけているようだ。うるさ…

「おっさんずラブ - リターンズ -」- 11:”余命1カ月の家政夫”で、妄想が膨らむ・・・

ひょっとしてこのドラマは、おっさんたちのバタバタ・アタフタした恋愛コメディの態で、実は今の日本に”新しい家族”の形を提示する、崇高なメッセージが込められているのではないか!!(←大げさ) 7話で、ちず(内田理央)の子どもを預かることになって子育…

「パレード」(2010年)-2:冷静になって、もう一度観ました

「おっさんずラブ」のシリーズ1で林遣都沼に落ちた私は、その後彼の出演したドラマや映画をあさりに漁って見まくった。 本作もまた、沼に落ちたてのころ観たせいで林遣都に寄りすぎた感想しかなかったのだけれど、改めて録画にあったのを観てみた。 シェアハ…

かわちぃ!(武蔵風に):珍しく可愛く撮れた愛犬

お昼が終わって仕事部屋に戻った時、迎えてくれた久喜のショット。つい「かわちぃー!」と言いながら写真に収めた。フォトジェニックと真逆な久喜は、あまり可愛く撮れたことがないけれど、今回はなかなかの出来。(親ばか)先週末に(私が)トリミングした…

スキマスイッチ「Lovin’Song」(「おっさんずラブ -リターンズ-」主題歌):MVみながらニヤニヤしたり泣きそうになったり・・

このMVを見ながら初めてじっくり歌詞を聞いた。そして、今の春田(田中圭)と牧(林遣都)の想いが伝わってきてなんて素敵!と今さら思った。実は「おっさんずラブ」シリーズ1の「Revival」が相当頭にこびりついていたので、「リターンズ」の今回の歌がなか…

「白鍵と黒鍵の間に」(2023年):昭和の終わり、ノスタルジックな青春映画・・?

なぜ本作をミステリーと勘違いしていたのだろう。(以下、ネタバレしています) てっきり昭和最後のバブルのにおいがプンプンする銀座のキャバレーやクラブの音楽シーンを舞台に、ヤクザが絡んだクライム・ミステリーだと思っていた。鑑賞のきっかけは池松壮…

「光る君へ」-2:恋愛ドラマの大河もアリです

大河ドラマでこんな恋愛劇を見ることになるなんて!第6回では、身分が違い過ぎる二人の切ない恋心に胸が痛んだ。道長が送った文の内容に、まひろとともに胸キュンだいっ。 そういえばオープニング映像もちょっぴり官能的な感じだし、”色恋”満載の大河ドラマ…

「不適切にもほどがある!」-2:ドラマの底力を感じるぜよ!

前回の感想で、>真面目に令和と昭和のコンプライアンスの違いについて考える必要はなく、昭和オヤジのカルチャー(時代?世代?)ショックを面白可笑しく楽しめばいいのだと思う。なんて締めくくってしまったけれど、さにあらず! 今回は令和と昭和のテレビ…

「おっさんずラブ - リターンズ -」- 10:金曜夜の多幸感が半端ない

林遣都の走る姿は美しい。(「風が強く吹いている」の時からいつもいつも思っている) 今回も、麻呂(金子大地)に後押しされて(麻呂、立派な社会人になったねー!)、春田(田中圭)を想い全力疾走して帰る牧(林遣都)の姿、泣きそうな顔が本当に尊い。(林遣都の泣…

「PERFECT DAYS」(2023年)- 2:五感をとぎすますということ

あれから役所広司演じる平山の日常を時々思い出す。そして、彼が五感で入ってくるものをとても大切にしているということに気づく。 朝、近所のおばあさんが道路を掃く音で目を覚ます 家を出るときにまず仰ぎ見る空 仕事に行くときに車で流すカセットテープの…

「デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士」:草彅剛の出演作品にハズレなし

ミステリー X ヒューマン・ドラマは好きなジャンル。しかも草彅剛主演とのことで少し前に前後編を視聴した。 コーダ:CODA(Children Of Deaf Adults)とは、両親がろう者で耳の聴こえる子どものことを指す。コーダは両親に代わって社会生活をする上で両親の…

「おっさんずラブ - リターンズ - 」- 9:俳優陣のふりきり方があぁぁ

前回に続き、恋人探しの迷宮に迷い込んだ武川を演じる眞島秀和のブチ切れ方が半場ない。 「サンシャイン、ラーブっっっ」至近距離で面と向かってそこに居た、カメオ出演のディーン・フジオカの鉄面皮の無表情がさらに笑いを誘う。(ディーン、よく笑わなかっ…

「罪の声」(2020年):偶然だけれど、桐島の出現と本作が一瞬シンクロしてしまった

未解決のグリコ・森永事件を題材にした塩田武士の小説が原作。 大日新聞の特集記事、ギン萬事件の取材班に入った記者、阿久津(小栗旬)が、大量な当時の資料、担当だった先輩記者の証言などをもとに、大阪の製菓会社を狙い恐喝した事件を追っていく。 一方…

昭和夫婦 - 3:冬の飲み物 イチビキの甘酒

数年前から麹の効能が評価され、塩麹は調味料として家庭の冷蔵庫に居場所を得たと思う。米麹と塩麹、どちらが先にブームになったのかは知らないが、米麹が原料の甘酒も、健康飲料として様々な形態でスーパーに並ぶようになり、もはや定番商品となっている。…

「不適切にもほどがある!」:好き嫌いはあるかもだけど、演技達者な俳優たちを見るのが楽しみー

1986年の昭和から、2024年の令和にタイムスリップした中学教師で野球部顧問、鬼の小川と恐れられる体罰教師(阿部サダヲ)が、コンプライアンス、多様性、各種ハラスメントの恐怖にがんじがらめになった令和社会に、炎上覚悟で物申す!って感じだろうか。 な…

「PERFECT DAYS」(2023年):繰り返されるいくつものシーンが、いつまでも心に残る(トイレ清掃のシーンではなく)

J-WAVEに本作のプロデューサーの柳井康治氏がゲストで登場した時、この映画を作るきっかけを知った。遡ること、2020東京オリンピック前、おもてなしの日本を具体化するために渋谷にアートな公衆トイレを作るプロジェクトが立ち上がる。そのトイレの周知も必…

「おっさんずラブ - リターンズ -」- 8:ブラボー!!!武蔵劇場!

多くの春牧民が、ラスト間際の牧から春田への久しぶりのキスシーンに心臓を撃ち抜かれ、それが強烈に頭に残ったと思うが、第3回は紛れもなく部長=武蔵(吉田鋼太郎)の独断場だった。 冒頭、朝、三輪の自転車で出勤する武蔵(吉田鋼太郎)。 元妻蝶子に指…

「おっさんずラブ - リターンズ -」- 7:リアタイで見る前のソワソワ中に

気づいていて書き留めておこうと思ったのに、毎回それを吹き飛ばす感動(?)があるため、書き忘れてしまっていることの一つに、春田(田中圭)と牧(林遣都)のイメージカラーがある。勝手に私が思っていることなのかもしれないが、シーズン1では、牧は赤…

ねむねむの久喜

私の仕事部屋は南向きで、冬は日だまりで惰眠を貪るのが久喜の至福。 顔を手でおおって寝る様が可愛くてスマホを構えると、なんすか?と眠いながらも反応する久喜。 睡眠を邪魔するのは良くないってわかっているけれど、ついでになので連写させてもらった。…

「光る君へ」:みやびな世界でドロドロの権力争い、楽しい大河ドラマが始まった!

始まる前は、源氏物語の作者、紫式部の生涯を描くーということで、平安貴族、雅の世界の中、時代背景とともに紫式部のHidden storyが展開されるのかと思っていた。(色恋含む) しかし、そんな”おっとり””みやび”を勝手に想像していた私は初回から裏切られた…

「おっさんずラブ-リターンズ-」- 6 : このドラマの世界に帰ってこられて感謝します

また、牧凌太(林遣都)の新しい表情が見られて、それがとても愛おしくて超ハッピー! 第2回では、春田(田中圭)のお母さん(栗田よう子)が新居に来る、つまり牧にとってはお姑さんに会うということで、ずっとそわそわ。シーズン1で偶然春田ママに会った時「…

「正直不動産2」:山ピー主演のドラマを初めて見た!

そうや、ここにもいた!非の打ち所がないイケメンが。なんとなく、このブログで今までそれは吉沢亮・・的に書いてきた私だけれど。 あまりに整い過ぎてそれが触り(勝手に私の目にね)、どんな役も美しい顔の山ピー(山下智久)としてしか入ってこないのでは…

久喜とファンヒーター - 2

暖冬とはいえ年が開けてさすがに朝晩冷えるようになった。 久しぶりにファンヒーターをつけたら案の定、久喜がその前を陣取った。いつもダイニングテーブルの下が久喜の定位置だが、エアコンだと床部分はあまり暖かくないようで、私が椅子に座ってテレビを見…

「今朝の秋」(1987年NHKドラマスペシャル):笠智衆の父親像に、自分の父が重なる

昨年暮れ、脚本家の山田太一さんの追悼番組で再放送された本作を見た。 物語は、余命3カ月とわかった息子(杉浦直樹)を、父親(笠智衆)と別れた母親(杉村春子)、嫁(倍賞美津子)が見送るというものだが、それぞれの関係性が微妙で、彼らの心の機微が丁…

「ドリーム」(2017年)サクセスストーリーにスカッとするが、それだけではない良作

冒頭、主人公3人の黒人女性が勤務先のNASAに向かう途中、車が故障して道路わきに止まっているところへ警察官がやってくる。警察官が来ると知り、厄介なことを避けようと3人は丁寧かつ従順に警察官の質問に答える・・・。 この冒頭シーンがとても象徴的だ。…

「おっさんずラブ-リターンズ- 」- 5:想像を超えた笑いと謎で始まったー

1話をリアタイで見て、続けて2回視聴。 翌日イヤーマフ姿の武蔵(吉田鋼太郎)の残像と共に起床。強烈なインパクトが残ったのは、やはり武蔵その人だった。やっぱ可笑しすぎるわ!吉田鋼太郎。 春田(田中圭)と牧(林遣都)の同性カップルが新居を構えて新…

「フェルマーの料理」:美しい料理とWイケメンを堪能

料理に情熱をかける天才シェフ、海(志尊淳)と、数学的才能に長けた岳(高橋文哉)の二人が究極の料理を求めて奮闘する姿を描いた本作。 高橋文哉ファンの娘に付き合って見始めたが、高橋文哉のやや“あざとい”数学をこよなく愛す純朴青年ぶりと、謎多くクー…

「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」- 5:途中脱落者が多いってネットで見たけど・・

(最終回を見終わってしばらく経ってしまった。) 3つのシチュエーションでそれぞれのストーリーが進む聖夜1日の物語。3つの話が徐々に交差し、見事に一つになって完結した。 毎回、佐藤浩市のナレーションで前回までのおさらいをしてくれるので、途中から…

「バグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズ・カット版」(オリジナル版日本公開1989年):大掃除は好転の始まり

劇中歌「Calling you」はあまりに有名。当時J-WAVEの「TOKIO 100」を聴いていた私は、毎週毎週ラジオから流れる「Calling you」に魅了され、本作のサントラ盤を購入し聴きこんでいた。音楽もストーリーもすっかり頭に入り、情景まで明瞭に思い描くことができ…