< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「あなたのそばで明日が笑う」「ペペロンチーノ」:東日本大震災 関連ドラマ

東日本大震災から10年目の春となる今年、NHKの2つの震災関連ドラマを見た。 一つは「あなたのそばで明日が笑う」(綾瀬はるか&池松壮亮) もう一つは宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」(草彅剛&吉田羊) 前者は、津波で行方不明になったままの夫(高良健…

「俺の家の話」- 4:泣きながらやっても、笑いながらやっても介護は介護

元嫁とは親権を争い、弟とは彼女を争い、異母兄弟とは家督を争うことになる主人公寿一(長瀬智也)の苦境が気の毒で、そして可笑しい。 長瀬智也をこれまで”俳優”と思ったことはなかった私だが(TOKYOというアイドルグループのメンバー、どちらかと言うとミ…

「ちーちゃんは悠久の向こう」(2007年)- 2:3月末までGYAO!で無料配信中

デビュー間もない頃、10代の林遣都の作品を観るのは(たぶん青少年を愛でるおばさんの後ろめたさから)”やってはいけないのではないか”と、半ば犯罪者意識と共に遠慮していた友人がいた。しかし私は平気で否!と言おうっ。(勝手に言えっ) 30歳になった林遣…

腰みのを着けたウラシマ久喜

小学校の裏手の公園では桜が二分(?)咲き。久しぶりにコートを脱いで散歩に出たのはいいが、おパンツカットのつもりが"腰みの"にしか見えん久喜。

Go to bed を待つ久喜

夕食が済むと2階のねぐらに収まりたい久喜。ドアの前に陣取って連れて行ってもらうのを待っている。 口に付いたヨーグルトを拭って、歯垢対策のお口のスプレーをして行こうかね。

「天国と地獄~サイコな二人~」- 3 : 柄本佑はイケメンだった!?

高橋一生(日高の外見)の、中身綾瀬はるか(彩子)の演技が秀逸過ぎて、ニヤニヤしながら観ていた前半。気づけばもう7話まで来ているではないか。そしてこの7話でそれまで誰がどうで、どうなっとんねん?!と皆目わからなかった連続殺人ミステリーに少し突…

「フェードル」- 7 :余韻

黒い四角い私のおもちゃ(ノートパソコン)の蓋を開けると、ギリシャの海辺の町に生きるフェードルの”家族”に会えた1週間が終わった。 今朝は、大竹しのぶ・フェードルの ”好きなのっ!!!!” ”薄情者っ。気づいているくせに” という恋の激情が思わず口から飛び…

「フェードル」- 6 :名残惜しいけれど今日で配信終了

4回目視聴。(生の公演1回を含む) 今回は、フェードルの乳母のエノーヌ(キムラ緑子)のラストシーンでさめざめと泣けた。底知れぬ悲しみと、それでもなお消えないフェードルへの慈しみ。 キムラ緑子、素晴らしい! 全編を通してフェードル・大竹しのぶとエ…

"リサとガスパール"に似ている久喜

眠気と戦いながらこちらを見ていた久喜が、寝落ちした瞬間の顔。 ちなみにリサとガスパールは、犬でもウサギでもないみたいです。ウサギだと思っていましたが。

「俺の家の話」- 3:西田敏行の「マイ・ウェイ」にしびれる

西田敏行が歌が上手いのは、ある年齢以上の視聴者なら知っているだろう。本作では介護が必要な車いすの老人を演じている西田敏行が「マイ・ウェイ」を披露してくれる。彼が主演し、ジェームス・ブラウンのモノマネを披露した「ゲロッパ」(2003年 井筒和幸監…

「フェードル」- 5 :鑑賞3回目で落涙

大きな見どころとして ・イッポリット(林遣都)がアリシー(瀬戸さおり)に・フェードル(大竹しのぶ)がイッポリットに、 うっかり愛を告白するシーンがあると前回のブログ「フェードル」- 4で書いたが、それは前半の見どころの一つ。 後半の見どころと言…

好きなものを身近に

ふと気が付くと久喜が足元の専用クッションにいた。 散らかって遠くにあったはずの久喜のタオルが、クッションの上に乗せられていた。 そうか、自分のものは巣の近くに集めておかなきゃね。久喜の律儀さが微笑ましい。

暖かい部屋にいるのだから

何事も思うようにならないことがある。どちらかというと、思うようになるほうが少ない。 今朝も何だかんだと時間がたち、ルーティングに取りかかるのがこんな時間になってしまった。 でも柔らかな日差しを窓に見て、暖かい部屋に久喜といられるのだし、良し…

「フェードル」- 4:動画配信視聴でさらに面白さを発見

大千秋楽を迎えた2月21日の夕方から2月28日まで、舞台を動画配信で視聴できるので、早速購入・視聴。(動画配信の詳しくはこちら) 2時間の舞台、一度生を観ているのだし途中で止めてまた続きを観てもいいかと思って午後10時過ぎに登録・購入したのだが、何…

モフモフのスカートを着た久喜

バリカンの刃を代えたおかげで、久喜の毛刈りに1時間かからなくなった。 フワフワのおパンツ部分は形を整え、他を短くした。もはやおパンツというよりはスカートをはいている感じの久喜。 今日の久喜はシャンプーのいい匂い。 [http://ペット(犬)ランキング:…

天日干しする犬

1ヶ月ぶりに今日は久喜を刈って、洗います。ちょっと臭ってきているので、自ら天日干し中 [http://ペット(犬)ランキング:title]

焼き魚の匂いがする久喜

2日ぶりに帰ってきたら、私が出掛けた翌日胃液を吐いたらしい久喜。 いつもいい匂いがする久喜の胸の辺りを嗅ぐと、焼き魚の匂いがした。 なんで?

「俺の家の話」- 2 : もはや"私の家の話"

25年ぶりに実家に戻り、内緒でプロレスラーの副業をしながら父親の介護に励む長男=長瀬智也の奮闘ぶりがいい。 くどかん、もうこれ当て書きだよね、たぶん。長瀬智也が演技をしているようには見えない。聡明とは思えないのだけれど、人の気持ちになって考え…

「FINAL CUT」(2018年)- 2:亀梨和也のダークヒーロードラマにハズレなし

このドラマの面白さは、リベンジで追い詰める側(主人公・慶介=亀梨和也)が、いつのまにか狙われる側になったり、リベンジの対象家族(本当の犯人の二人の妹・雪子=栗山千明、若葉=橋本環奈)との色恋沙汰があったりするところ。何と言っても、主人公は…

久しぶりの雨

久しぶりに本降りの雨。 二日前に大きな地震があり余震の不安もあるなか、福島、宮城の被災地で二次災害が起こらないことを祈ります。 こちらも久しぶりにかなり揺れました。いつもより長めの揺れ、水槽の水がこぼれそうな様子を見て10年前を思い出しました…

「FINAL CUT」(2018年):「姉恋」の3人が悪人(?)で登場しとる

亀梨和也主演のリベンジドラマ。 マスコミの過度な報道でプライバシーを晒されていく様が本当にリアルで恐ろしい。その被害者である主人公がある情報番組にリベンジしていくお話なのだが、マスコミの報道姿勢への批判が込められていてなかなか小気味いい。「…

犬も手を清潔に

久しぶりにボール遊びをした朝。 おててを舐めてきれいにする久喜。 この後、足もやっていました。

「麒麟がくる」- 10:舞は踊らずとも染谷・信長が魅せた

最終回の「本能寺の変」オンタイムで視聴。主人公として紛うことなくカッコいい明智光秀の清廉潔白な様、それを演じる長谷川博己の役者力が堪能でき、重厚で見応えのある”戦国もの”大河ドラマだった。 本回に至るまで、じわじわと明智光秀(長谷川博己)が主…

無理矢理でも…

かなり高い位置にあるにも関わらず、私の腕にあごをのせる久喜。そのせいでやや中腰気味。

久喜の顔

時々、久喜の顔が人間みたいに見えることがある。 今日のこの顔はさながら今流行りの゛イケオジ゛に見えないでしょうか? 犬としても"オジ"は合っている。

「銀二貫」- 8 :林遣都ファンの方にぜひお薦めしたい

林遣都が出演している作品をいろいろ見ているが、本作ほど林遣都を”たっぷり鑑賞”できる作品は少ないのではないか。 主役であることも理由の大きな一つだと思うが、今回見て気づいたのは、このドラマ、顔のアップがやたら多いのだ。登場人物すべて、重要な台…

「にじいろカルテ」- 2 : そんなに号泣されてもなあ

主人公、真空先生を演じる高畑充希の、時として不細工に見えるリアルな表情以外、全てウソくさい。いい人ばかりで、美しいエピソードばかりで… しかしどうやら、今現在の(架空の)虹の村の人々は、その過去にそれぞれなかなかハードな現実があったらしい。そ…

900Wで炙られる犬

熱くないのかなー。熱さよりも眠気に勝てない久喜

久喜のはじらい

半目で寝ているところをパシリと撮ったら、恥ずかしかったのかさらに自分の足の間にもぐった久喜

「キリング・フィールド」(1984年):予想外のエモさ!”イマジン”で落涙必至

以前本作を勧められたことがあった。その時の話で記憶にあるのは、カンボジアの内戦で大量虐殺が行われ、野に放置された白骨・死骸が強烈だったということだった。したがって、戦場を取材するアメリカ人記者から見た内戦の真実、限りなくドキュメンタリーっ…