はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

気持ちが落ち込んだときの処方

何かのきっかけで気持ちが落ち込み、何もかも放り出したくなるときがある。 すぐに食事を作らないと、1時間後に出かけなければならないのに間に合わない。テキパキ動きたいのに、のろのろとしてしまう。気持ちが沈むきっかけとなったことが、ついつい頭をも…

「腐女子、うっかりゲイに告る。」

「おっさんずラブ」に出演していた金子大地が頑張っている。 いきなり余談で申し訳ないが、林遣都のファンとして、彼と共演した俳優陣もついつい応援してしまっている。たぶんこれ、一重に林遣都その人の露出が途絶える期間、彼の出演作の幻影がそうさせてい…

昨日の久喜

テレワークは、周りに人がいないせいで集中できると思っていたが、最近、ほとんど静かに寝ているだけの、犬(久喜)の、人の集中力を削ぐ破壊力と闘っている。 時々ピーンと両前足を伸ばしたり、ムグゥと言ってみたり、ついついヤツに目がいってしまう。 昨日…

「世界は3で出来ている」(フジTV ソーシャルディスタンスドラマ) -5

どうでもいい補足ですが。 なぜ私が林遣都が演じる三つ子の三番目、三雄が気になるかというと、一番林遣都本人に近いキャラだからと、妄想しているからだ。 いや正直に言うと、3人とも本人とは全く違うと思うのどけれど、何となくニコニコそこにいる様子が、…

「世界は3で出来ている」(フジTV ソーシャルディスタンスドラマ) - 4

このドラマを「おっさんずラブ」(シーズン1)の時と同じように、飴を口の中で転がすように味わっている。 やはり1番好きなシーンは、”春日谷麺メン、バターラーメン”と3人が子供の頃にやっていたであろうお決まりの一発ギャグ。あれ、(今となっては)3男の…

全身で"つまらない"を表現する犬

久喜がドスンと床に腹這いになりアゴを床につけてこちらを見ている。 遊んでほしいとき、ご飯を待っているとき、よくするポーズ。 全身でつまらなそうなこれをやられると、つい「なんじゃい?」と猫なで声で話しかけてしまう。

犬ですから。

寝床を整えるクセは消えません。DNAに組み込まれているからね。 お陰で、クッションカバーは必ず穴が開きます。 今朝もガリガリやっていて「クキ!」と呼ぶと一瞬止まるんだけど、また始める。でも2、3回注意(?)すると、ソロリとやめてドスンと横になる。写…

短髪・久喜

久喜は髪(耳の毛の長さですがね)が短い方が似合っている。ということで、昨日チョキチョキ切りました。 親バカですが、かわいい~。 散歩のリードを着けてもらうのを待ってます。

「グリーンブック」(2019年)

”グリーンブック”とは、1962年当時、アメリカを旅するアフリカ系アメリカ人旅行者が泊まれるホテルやレストランなどを記したガイドブックのことだ。 本作で、黒人ピアニストを演じたマハーシャラ・アリはアカデミー賞助演男優賞に輝き、主演のビゴ・モーテン…

考える犬

お気に入りのタオルをさんざんクチャクチャした後、しばし考えるポーズの久喜。 このタオルは引っ張りっこの遊びでも使います。彼がうちにきた時から数えてなん代目のタオルかなあ。常にわが家のリビングの床にあるもの。

ラブ❤️かーさん!

今日は久しぶりに出社したので、久喜はお留守番だった。 夕食後、かまってほしくてやたら手を出してきたけど、ちょっとゆっくりテレビを見たくて適当にしてたら、久喜のタオルでひとり歯磨き(ネチネチ端を噛んでるだけ)を始めた。ぴったりと私の足に沿って寝…

別の動物にみえる久喜

いつも垂れている耳が偶然ひっくり返ったりすると、ポケモンに出てきそうな空想の動物に見える久喜。 今日の午前中も爆睡していました。

シャープじゃない

企業のSHARPさんのことではありません。 どうもここのところ、特に仕事の上でパッとしない。 前回のミーティングで自分が言った日付を、また覚えていなかったり、作業に集中できなかったり、やっていた作業をちょっとしたミスでまた振り出しに戻したり、挙句…

優しくて、臭くて暖かい

季節の変わり目、梅雨時から夏、夏の終わりなど特によくない。もともと低めの血圧がさらに低くなり、ふらついたり気分が悪くなったりするのだ。5年くらい前からかしらん。 人は年齢を重ねると血圧も上昇傾向にあると思っていたのに、自分はその逆だった・・…

おさんぽ久喜

箱パンツがよくわかるショット。 顔全体、特に鼻周りの毛が伸びると、おじいさんぽくなる、トイプードル。 この犬種ほど、カットで顔が変わる犬もいないのではないか。いつも私好みに顔の毛をカットしていて、ふとした久喜の表情にでれ~となっている。(親バ…

「スイッチ」(テレビ朝日 ドラマスペシャル)

阿部サダヲ×松たか子とは、西川美和監督の「夢売るふたり」の主演二人だわ。 しかも元恋人同士で検事と敏腕弁護士、別れた後もお互いの恋人を紹介しあう仲、そこに事件も絡んでくるなんて、なんだかワクワクする設定ではないか。しかも、こういう事件ものの…

おパンツ久喜

散歩で出会った、女の子のトイプードルがスカートをはいてる!と思ったら、おパンツカットだと教えてもらった。 男の子は変ですよね?といったら、性別は関係ないとのこと。久喜には、ちょうどパンツの腰に当たる部分に大きなデキモノがあり、おパンツカット…

ちょっとブサイクですが。

私にはもはや犬には見えない、うちのワンコ。 お腹も一杯で、午前中の一眠り。いつもと場所を変えて(自分でもクッションを引きずっていった)熟睡している顔が、ややブサイクな感じなのだけど、それも愛おしい。

ねこ座りする犬

今朝、さあ、仕事!と階段を上ったら犬が先に2階でスタンバっていた。しかも前足を折って座る、ねこ座り。久喜はよくこの座りかたをしている。 ねこ要素の高いうちのワンコ。

夜の久喜

今日も1日ベッタリ一緒にいた。 夕食後、いつも私が洗い物を始めると、デザートのおこぼれももらえないし、お腹もふくれているし、早々に2階のねぐらに行くのだが今日は階段の途中で止まって、私が上がるのを待っている。あまり遅いと早くー!と言わんばかり…

今朝の久喜

雨で始まった月曜。 散歩も行って、朝ごはんも食べて、いつものネジロに収まり、すでにうとうとモードです。

「ラブファイト」(2008年) -2

2年前に林遣都沼にハマって一度観た映画が、GYAOで絶賛無料配信中!(6月27日まで)林遣都ファンなら、これは見逃してはいけません! この「ラブファイト」、10代の頃の林遣都作品の中で、私にとっては”The Best”に挙げた作品です。最初に書いたブログを読み…

久喜はまもなく9歳です

久喜は東日本大震災の年に、みかん農園をしているブリーダーさんの犬舎で生まれた。 本当は黒いトイプードルの雌が生まれたというので見に行ったのだが、久喜の姉にあたる黒のその子は、歯のかみ合わせが悪いといわれた。それでその子より一回り小さい茶色(…

「激突」(1973年)

スティーブン・スピルバーグ監督の名前を世に知らしめた作品と聞いたので、いつか観なきゃと思ってた。日本での公開は1973年。それから何度も地上波で放送されているらしい。たぶん「ターミネーター」と同じような感じだよね。名作を繰り返し放送するやつ。 …

久喜、デビュー!

新しいカテゴリー「うちのワンコ」を作った。 これもコロナ禍のサンブツなのだけど、いつもそばにいる犬の写真をほぼ毎日とっていることに気づいた。 2か月以上、日中愛犬が過ごしている部屋で仕事をしている。うちの犬は猫みたいにパソコンの上にのったり、…

「世界は3で出来ている」(フジTV ソーシャルディスタンスドラマ) - 3

※これはいわゆるリモートドラマというくくりではなく、リモートによる打合せと、密を避けての安心安全な撮影を徹底した、いわばソーシャルディスタンスドラマである。 と、フジテレビの作品公式サイトに書かれてある。しかし、それを知らなければ、林遣都の…

「世界は3で出来ている」(フジTV ソーシャルディスタンスドラマ) - 2

すげー!林遣都、マジすげー!!! 三つ子役、前髪の分け方と服装を変えただけで、まるで別人。最後の方は、三男と次男の前髪がほぼ一緒になってたけど、でもでも三男はしっかり子持ちのパパに見えたもん。 期待以上に面白かったー! ブラボー。この作品に関…

「火花」大好き芸人のトーク

ドラマ評だけでなく、林遣都の"いろいろ"を聞きたくて、YouTubeに上がっている「火花」大好き芸人のトークをほぼ全部見た。 トークがダントツ面白い博多華丸を始め、ドラマのメインキャストで出演していた好井まさお(井下好井)、村田秀亮(とろサーモン)、ほ…

「麒麟がくる」- 6

今夜の"桶狭間の戦い"は、面白かったなー!主役の明智光秀がほとんど出ず、なんの活躍もしていないにも関わらず、大河ならではの主役級の俳優陣、普通なら主役である登場人物たちの大活躍で、1回分、ほぼ主役不在で魅せたものねー。 コロナの影響で撮影がで…

「火花」(2016年 Netflixドラマ)-3

くっそー。第4話のラストの画が頭にこびりついて離れない。 夜空に散った花火とブレた徳永(林遣都)のアップ。 自分の力の無さに落ち込んだ後、心酔する才能に触れ、焦燥の後の高揚、アドレナリンがドバーっと出た感じの若者の顔と爆発した花火。 このドラ…