はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「おっさんずラブ」(2016年/スペシャルドラマ)

林遣都の牧凌太ではなく、落合モトキのハセが、春田(田中圭)の相手役なんて、2017年の連ドラで林遣都に覚醒した私としては、全く見る気はなかったのだが、ふとAmazonプライムを検索していて、表示されたこともあり視聴。 まず、驚いたのは、設定こそ不動産…

「コタキ兄弟と四苦八苦」- 7

良くできた脚本だった。と最終回を見終わってふうっっとなった。 最終回のテーマは「愛別離苦」。 ドラマの話の発端となる、離婚話で兄・一路(古舘寛治)の家に転がり込んできた二路(滝藤賢一)も嫁との仲が修復し兄の家を去り、腹違いの妹のさっちゃん(…

「コタキ兄弟と四苦八苦」- 6

先週、不覚にもまた!レンタルオヤジの兄、小滝一路(=古舘寛治)の台詞に号泣してしまった。 腹違いの妹・さっちゃん(=芳根京子)がレズビアンだとわかり、無知が災いしてLGBTを理解できないまま、傷つけてしまう。別れた恋人のことで傷心のさっちゃんを…

「スカーレット」- 16

私だけではないと思うのだけれど、多くの視聴者が最終週、主人公喜美子(戸田恵梨香)の息子、武志(伊藤健太郎)が白血病で亡くなるところまで描くのか?だとするといつなのか?どういう死にざまなのか?最終回まで残り一桁の日数になってからは、日、1日1日…

新型コロナウイルス:風が吹けば桶屋がもうかる…式な。 - 3

突然、今日から2週間オフィス勤務の従業員は自宅で仕事するようお達しが出た。 PCおよび周辺ギアを背負って会社と自宅を行き来するより、まとめてどちらかで仕事をするよう言われてちょっとホットした。昔よりは格段小さく軽くなったと思うノートパソコンで…

「小公女セイラ」(2009年) -2

お話の後半、6話に入る頃には20人のお嬢様が1学年しかいないミレニウス女学院や、学院の屋根裏が使用人部屋で、そこに暮らすセイラ(志田未来)の友だちがCGのネズミ2匹ということなどに、何の違和感も抱かなくなった。 学院のそばにあるお屋敷が、”クリス様”…

「小公女セイラ」(2009年)

あまり興味もないのだけれど、林遣都の初連ドラ作品ということでParaviの無料トライアルで視聴中。 プリンセスと呼ばれるに相応しい大金持ちのお嬢様から、一転して身寄りがなくなり貧しい境遇に陥ったセイラ役を志田未来。セーラの下働き生活を唯一助けてく…

「恋はつづくよどこまでも」- 4

本作のスタッフ陣、特にカメラさんは、佐藤健の魅力を十分過ぎるほど知っていて、その知識・感覚・センスを存分に本作に活かしきったと思う。 彼の最大の魅力は、切れ長で大きい目だ。少し奥二重なところも、目を閉じて開ける時、その美しさにハッとする瞬間…

新型コロナウイルス:風が吹けば桶屋がもうかる…式な。 - 2

前回のブログで、異業種ながらマスクの生産に踏み切った企業の名前を間違っていたので訂正します。 東芝ではなく、シャープでした。 しれっと直しておきましたが、お詫びかたがた訂正します。

新型コロナウイルス:風が吹けば桶屋がもうかる…式な。

週末、近所のまあまあ大きいショッピングモールにあるスーパーに行ったら、レジに列が出来るには早い時間帯にもかかわらず長蛇の列。冷凍チャーハンが売り切れ、想像通りマスクは入荷未定。生理用品も制限が付きで販売。 そう言えば、自宅近くの昔ながらの対…

「コタキ兄弟と四苦八苦」- 5

不覚にも、レンタルオヤジの「コタキ兄弟」を見て泣いてしまった。 弟役の滝藤が、家族を捨てて出奔し今は認知症になって施設にいる父親(小林薫)の前で、亡くなった母親のことを語りながら思わず涙が流れるシーンではない。滝藤が別居中の妻と娘と久しぶり…

「スカーレット」- 15

役者さんたちが、ボロボロ泣いてくれないのがいい。 息子の余命を告げる喜美子(戸田恵梨香)も、元夫の八郎(松下洸平)も、受け入れ難い事実を受け入れられたかどうかは別にして、目の前のやらなければならないことだけを見つめる、その顔に泣けてくる。 素晴…

テレビCM考 - 「Nintendo Switch (脳トレ)」

沢口靖子は非の打ちどころのない美人だと昔から思っていた。しかし、同時にいわゆる”ダイコン”?とも。そして、個人的な志向だけど、声が苦手だった。「科捜研の女」がはまり役で、ずっと芸能界から消えることなく存在し続ける、昔の名取裕子のポジションを…

テレビCM考 - 「東京メトロ」

週末、東京マラソンを見ていたら東京メトロのCMが大量投下されていた。オフィシャル・スポンサー、しかも"プレミアムパートナー"というのだから当たり前だ。 2時間ちょっとの間、もはやマラソンを見ているのか、石原さとみのプロモーションビデオを見ている…

「コタキ兄弟と四苦八苦」- 4

今日ほどエンディングの「ちょうどいい幸せ」(スターダスト☆レビュー)が沁みたことはないなあ。 コタキ兄弟(兄:古舘寛治・弟:滝藤賢一)が入りびたる喫茶「シャバダバ」のアルバイト、さっちゃんの(芳根京子)夢の中で兄弟の体が入れ替わり、その後さ…

「スカーレット」-14

"箸休め"ウィークは喫茶SUNNYで、主人公喜美子(戸田恵梨香)の幼馴染み、照子(大島優子)、信作(林遣都)それぞれの夫婦のカタチを描く展開。と、思いきや、何のことはない、これまでのお話の振り返りだった。回想シーンにしてはかなりたっぷりめで、本作の展開…

「恋はつづくよどこまでも」-3

いやあ、この歳にしてキュンキュンするのが嬉し恥ずかしいったらありゃしない❗ 少女漫画の王道中の王道を行くこのドラマ。設定、内容共に視聴者を裏切らない、ある意味安心して見られる主人公の波乱万丈のラブコメ・サクセス(たぶん)ストーリーだわ。 佐藤健…

Watch MY step!- 2

階段で躓いて怪我をした日は、娘の誕生日だった。この春、受験をする娘の誕生日に、階段を"スベった"わけではないが、つまずくのもどーよ?と思った。しかし、待てよ。躓いたのは娘でなく私だ。怪我をしたのも娘でなく私だ。 娘でなくて良かった。このくらい…

「麒麟がくる」-3

前半の闘いシーン、真っ赤な紅葉が敷き詰められた中庭での殺陣の画の美しいこと!武装した十兵衛(明智光秀=長谷川博己)と細川藤孝=眞島秀和の鮮やかな着物が映え、盟友となる2人り今後の伏線となった。 "ばえる"大河! そしてうって変わって後半は、怪我を…

「スカーレット」-13

ええシーンでした。 八郎(松下洸平)と、武志(伊藤健太郎)の父子のシーン。伊藤健太郎と松下洸平の男の涙が、(男の泣きの演技をあまり歓迎しない私でも)すごくすごく染みた。 息子の武志は、仲のいい両親だと思っていた。父は地元では名の知れた陶芸作家で、…

「HANAE MORI」の名刺入れ

森星(もりひかり)を最近よくテレビで見かける。 森英恵のお孫さんで、森泉の妹。母親がイタリア系アメリカ人で身長にも美しさにも恵まれモデルをしている。その天真爛漫な明るさでお茶の間を楽しくする彼女。 彼女とは全然関係ないのだけれど、先日業務内…

「麒麟がくる」-2

主役は明智十兵衛(光秀)の、長谷川博己です。改めて。 前回では吉田鋼太郎の松永久秀の迫力・知力・コミュ力(りょく)に魅せられ、場を持って行かれた。その前までは、本木雅弘演じる斎藤道三の狡猾と茶目っけに視聴者騒然となった。 しかし、当たり前と言え…

Watch MY step!

一月ほど前に駅の階段で躓き、顔を打って口の中を切った。以来、階段を上り下りする際は、自分の足元を見るようにしている。まさにWatch my stepだ。 その日、階段でガツンと鈍い音がした時、歯が折れたと思った。血は一滴も下に落とさなかったけど、受けた…

「君の名前で僕を呼んで」(2017年)

17歳の青年の一夏の恋の物語。 大人の男になる前の、蒼白く尖った細い体の中から突き上げる衝動。それを押さえるだけの、しつけられた品行と、聡明さからくる憂いのある黒い瞳。撮影当時21歳くらいのティモシー・シャラメ、細マッチョでもないけれど、ほとん…

「スカーレット」-12

「川原さん」。「十代田さん」。離婚してから名前でなくお互いの姓で呼び合う元夫婦。 喜美子(戸田恵梨香)にとって八郎(松下洸平)は男女、夫婦というよりは弟子と師匠の関係性のほうが強かったのではないか。いや、最初は恋する男女だったけれども、喜美…

ほどほどの期待に応えること

私は、わりと0か100の人間である傾向にある。(回りくどい) 期待されていると思うと、自分の持っている力以上の結果を出したいと思う。したがって相手が要望したこと以上のことをやらなければならないと、つい勇み足になりがちだ。 しかし、何かの拍子に、…

おかんのひな祭り

娘のために買った内裏雛を、毎年この時期飾っているのだが、娘といっしょに飾った記憶がない。誘っても娘はまるで興味を示さない。せいぜい、ひな祭りだからちらし寿司やイチゴのケーキでも食べる?くらいしか関心がない。まあ、男雛・女雛と周りの飾り物、…

機嫌良く過ごすこと

同じ時間を過ごすなら(生きていくなら)、不機嫌に過ごすより、機嫌良く過ごす方がたぶん得をする。 自分自身の心や態度の在りようにもブラスになる。何も始終機嫌良く、ニコニコしていろと言うのではない。確かに自身の力だけで自分の機嫌を調節するのは難し…

「スカーレット」- 11

これは、私の勝手な妄想(願望)なのかもしれないが。 違うで!喜美子。 「僕は喜美子を陶芸家ではなく、女と思っている」という八郎の言葉は、 〇「僕は喜美子を陶芸家ではなく、(僕の愛する守るべき)女と思っている」が本心で、 ✖「僕は喜美子を(僕と張…

"やったるでー" from「スカーレット」

あれもこれもやらなきゃいけないことが重なって、そのうち1個くらいが、これ今やること?って一瞬思ったりするのだけれど、先延ばししても良くない結果しか思いつかないし、とにかくやらなきゃいけないことを、ブルドーザーのようにやる。 すると、いつもよ…