< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

久喜の寝顔

親バカ甚だしいのだけれど、久喜の寝顔が可愛すぎて、愛おしくて…。 ついつい毎日のように久喜の寝ている写真を意味もなく撮ってしまう。

久喜のおもちゃを交換したなり

久喜が、お気に入りのソックスおもちゃで遊び始めたとたん、ヒドイ臭いがした。久喜の口はケアはしているけれど、ハミガキ代わりになっているソックスおもちゃが悪臭を放っていることに気づいた。 残りの片方のソックスで、同じおもちゃを作成してあげたら、…

「アルゴ」(2012年):実話に基づく一級のエンターテイメント

1979年から1980年にかけて発生した在イランアメリカ大使館人質事件を題材とした、ベン・アフレック監督・製作・主演作品。第85回アカデミー賞作品賞受賞作品。(Wikipediaより) イラン革命後、アメリカ政府は占拠されたアメリカ大使館で人質となった職員た…

椅子の背もたれから鼻

お膝に座っているけど、アゴをのせる私の腕がなく(私用で使ってました)、背もたれのバーに鼻を突っ込む久喜。 手も引っ掻けてみた様子。 [http://ペット(犬)ランキング:title] [http://にほんブログ村:title]

Native Camp:”お気に入り”の先生が増えてきました!

7月からテレワークできる仕事に就いたおかげで、より規則正しい生活になった。毎日仕事にかかる前に、フィットボクシングとネイティブキャンプをやることにしている。ボクシングは10分~20分。ネイティブキャンプは25分。ちょうど浮いた通勤時間を充てている…

イヌ肌が恋しくなる

まだちゃんと夏にバイバイしていないのに、秋雨とはどういうことだ!? この夏の終わりが一番キライだわ。毎年夏に何かやり残した感じがあって、少し涼しく感じる朝の空気や蝉に代わってなく秋の虫の声も゛あわれ゛よりも唯ただ寂しい。 そして、久喜のじん…

「Fujii Kaze ”Free” Live 2021」:感謝しかありません!心洗われて”Free”になれたー

当初、観客を無料招待して実施する予定だった、藤井風の”Free”Live 2021。緊急事態宣言、観客動員はあきらめたけれど、小雨の中それでも決行してくれた。 広大な緑の芝生の中、ピアノ1台がポツン。 遠くにいるスタッフ、声援も聞こえない中、一人で1時間を…

久しぶりにハミガキをする久喜

しばらく、このソックスボールを忘れていた久喜。 久しぶりに持ち出して遊ぼうと言ってくる。少し遊んだ後、一人でクチュクチュやり始めた。これでハミガキになるので、じっと見守っている。(動画も撮ったけど👍)

「押しの王子様」- 2 :ラブコメのはずが、切なく真面目な恋模様・・・。

あれあれっ、予想外に主人の女性社長泉美(比嘉愛未)と、彼女が育てた”だめ”イケメン航(渡邊圭祐)の恋はすんなり成就しないぞ。 会社にとってなくてはならない存在、デザイナー兼プランナーとして活躍するまでになった航は、イケメンかつできる男となり眩…

「AERA」林遣都インタビュー:蜷川実花の目線

普段「AERA」を読む機会はあまりないのだが、蜷川実花が林遣都のインタビュー記事の写真を撮ったということで手に取った。 写真は、一目で蜷川実花の写真とわかるほど彼女らしい色彩に溢れ、赤い口紅をぬった遣都は色気と毒気を漂させていた。しかし1点だけ…

どうしてもアゴをのせたい久喜

最近、ワンワンうるさい時は、ひざの上にのせることにしている。 おじいさんになった久喜は、ひざにのせろと甘えているわけではなく、眠いから早く寝室に行こうと言っている。でも、こちらもとりためているドラマを見なくてはならない。お互い不本意ではある…

「ミッドナイトスワン」(2020年):才能があることの残酷

第44回日本アカデミー賞、最優秀作品賞と最優秀主演男優賞(草彅剛)に輝いた本作。確かに草彅剛は素晴らしかったけれど、同時に渋谷慶一郎のテーマ曲も相当素晴らしかった。私にとっては「戦場のメリークリスマス」のテーマ曲(坂本龍一)以来くらい、ラス…

久喜の予知能力 - 2

毎日ではないが、ずっと私のいるところにいると決めている日は、お風呂マットの上で丸まって、私が風呂から上がるのを待っている久喜。 最近は、何で判断しているのかわからないが、私が出るタイミングでちゃんとマットを空けてくれる。以前は出たタイミング…

「稲村ジェーン2021~それぞれの夏~」- 2:ノスタルジックな時間をありがとう!

むうぅぅぅ~。何とも言えん。 月曜から木曜、10分ずつの連続ラジオドラマを聴いた後、今日完結したドラマとしてオンタイムで視聴。 もはや林遣都の声が深くていい、とかどうでもよくなっていて、かつて観た映画のシーンを思い出しながら、サザンのサウンド…

アイス de ヤクルト:ヤクルト 三ツ星 Factory の本気度を感じる!

これはウマイ!ありそうでなかった、ヤクルト味のアイスクリーム。 でもパッケージを見ずに食べたら、ヤクルト味とは思わないのではないか。そう!クリームチーズの味にも感じられるからだ。濃厚でクリーミー。でもほんのり感じる酸味はヤクルトのそれだ。そ…

「ナイト・ドクター」-3:ツンデレ、苦悩する田中圭がみられます

今週回は、田中圭扮する成瀬の決断に心動かされた。 優秀な脳外科医でありながら、患者とのトラブルを機に脳外科の一線を追われナイト・ドクターになった彼。最前線で働く後輩に知識・技術で追い越され、悔しさを隠せない。そんな中、夜の急患で脳外科手術が…

「ヤクザと家族 The Family」(2021年):エンドロールで流れる常田大希のテーマ曲を聴きたかった!

特にヤクザ映画が好きなわけではないが、今年初めに観た「孤狼の血](2018年)以来、ヤクザものをやたら目にしているような気がする。しかし本作でヤクザ映画は2本目だが・・・と思ったら、ドラマ「コーヒーいかがでしょう」「QP」「GIRI/HAJI」などをを見て…

「木枯らし紋次郎」に似てる久喜

だれや、それ? 私の記憶も定かでないが、振り向いた久喜の頭の感じが、菅笠(?)からこちらを覗くように見えた。目付きのせいかな。 日曜に私が刈ったんだけどさ。 [http://ペット(犬)ランキング:title] [http://にほんブログ村:title]

「稲村ジェーン2021~それぞれの夏~」:桑田佳祐監督「稲村ジェーン」のサントラを林遣都の声と一緒に聴けるなんて!!

オンタイムでスタンバイ。 イヤホンで聞くと、より声がダイレクトに聞こえてニヤニヤしてしまう、林遣都のクールで深みのある声。 ラジオドラマの遣都の声は、昨年だったか高橋一生と共演した戦時中の高校球児との交流を描いたタイムループドラマの時も素敵…

「浅田家!」(2020年):これぞ、笑って泣ける家族の写真

「家族」を撮り続けた写真家と、彼を支え続けた「家族」の感動の実話。 それは、一生に一枚の家族写真。 とキャッチコピーにある。 家族写真を撮る、それが簡単にできる家族ばかりではないだろう。そう思うと、家族写真を撮る、という状況、その時の家族、撮…

久喜の予知能力

久喜は豆腐が好きだ。 麻婆豆腐をよく作るのだが、ニンニクと生姜を刻んでいる時点で、豆腐があると察知するようだ。この時まだ豆腐を出していなくても。 いつも鍋に投入する前に一かけらもらえるからね。 匂いを嗅ぎ付け狙っている久喜。 [http://ペット(犬…

「滑走路」(2020年):萩原慎一郎という歌人を知ってほしい

鑑賞後、本作のモチーフとなった萩原慎一郎の歌集「滑走路」を読んだ。 本作を観て、より多くの人が32歳で夭折した萩原慎一郎という歌人を知り、彼の作品に触れることを心より祈っている。 歌集には、非正規雇用で働いていた歌人の悔しさや不安を詠んだ歌、…

最近のお楽しみ❤️

映画「犬部!」に続き、舞台「友達」を控え、林遣都さん怒涛のインタビューラッシュ! ということで、web 記事の写真をスクショしてスマホのロック画面にしています。(あくまでも個人の楽しみですから、許されますよ!) 日替わりではないけれど、新しい記事が…

今朝の久喜

早々と2階の仕事部屋に行った久喜。 待ってたよ🎵という顔がたまらん。 だけど、肌寒いせいで午前中やたらモフモフを触っていたら、気を悪くしたのか、一人で下に降りていった。 睡眠を妨げるやつは、ヒトもイヌも嫌いだわ。

「ナイトドクター」- 2:”キンプリ”岸君、なかなかいいです。

今回(第6話)ほど岸優太演じる深澤を応援した回はない。て言うか、岸君(キンプリ:King &Prince)、演技上手いわあ。あの「VS魂」のオトボケ岸君であることを忘れて(やっぱりポンコツではあるけれど)、内科医・深澤の苦悩する姿と、一歩前に踏み出した…

「詩人の恋」(2017年):ラストの”大人の選択”が、潔い

「あゝ、荒野」で菅田将暉とW主演したヤン・イクチュン主演作ということで鑑賞。 妻に養ってもらっている売れない詩人(ヤン・イクチュン)は、妻の望む妊活に渋々付き合いながら、最近オープンしたドーナツ店の店員セユン(チョン・ガラム)の若い雄の美し…

ブタのしっぽと戦う久喜

かまって欲しい時にかまってもらえないと、モノに八つ当たりする久喜。 アースノーマットのケースのブタにイチャモンつけてます。

「CLASSY.」林遣都さんインタビュー:保存しておきたいので

林遣都の「CLASSY.」のインタビュー記事がとてもいいので、いつでも読めるようブログにリンクを残します。 「CLASSY.」様、ステキな記事とphotoをありがとうございました! 舞台「友達」のチケットは残念ながら取れなかったけれど・・。 classy-online.jp と…

こっ、これは・・・

久喜の耳の皮膚がカサカサになってる。 耳の毛が少なくなっているのは気づいていた。内側がアレルギーでカサカサして皮が剥がれるので、クリームも塗っている。しかし、今日発見したのは、耳の外側だ! 耳の毛を何気なくかき分けたら、粉をふいたような皮?…

強風の中の久喜

強風の中お散歩。 果敢に前進しているが、耳とおパンツを後ろに持っていかれている久喜。