はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

企業への投げ文

「劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD」-6

「ザ・テレビジョン」の貴島プロデューサーのインタビュー記事を読んだ。 「終わらないドラマはない」って。 ”おっさんたちのラブ・バトルロワイヤル、ついに完結!”ってあったもんね。 でもその通りだと思う。ドラマがあまりに美しく終わって、その後映画化…

「いだてん」-8

「いだてん」の視聴率云々とディスる記事が相変わらずネットに出てくる。 私は登場人物全てが面白いと思うし、役者さんたちの弾けた演技も称賛に価すると思う。毎度四三(中村官九郎)とスヤ(綾瀬はるか)のエピソードにはほろりとさせられるし、大竹しのぶ、中…

トヨタ自動車ならびに自動車会社各社様へ

最近、犬の散歩をしているとき前方から来る車が凶器に見えてきます。いつ暴走してこちらに向かってくるかわからないと思えてくるのです。 先日、滋賀県の大津市で信号待ちをしている園児の列に車が突っ込み、園児2名がなくなった痛ましい事故がありました。…

横浜高島屋

久しぶりに高島屋に行ったらGWのただ中ということもあり、老若男女、外国人も含めかなり混雑していた。 マスカラの性能がダントツいいと新聞のコラムで読んで「ヘレナルビンスタイン」のブースに寄ったのだが、スタッフが1人しかおらず先客を対応中でなかな…

追悼 市原悦子さん - 2「金スマ 」~市原さんの朗読

先日の「金スマ」で市原悦子さんの追悼放送があり、「まんが日本昔ばなし」誕生の秘話や彼女の朗読に捧げる情熱などが紹介された。圧巻は、番組最後に放送された市原さんの「ちいちゃんのかげおくり」の戦争童話の朗読。知っている話だし今さら泣かないよ、…

AIとの会話

今通っている高層ビルのオフィスでは、たぶん最新のエレベーターが稼働している。 エレベーターは何機もあり、止まるフロアもエレベーターによって分けてある。またカードをかざして止まる階を指定できる。止まる度に日本語・英語でフロアを教えてくれる他、…

「おっさんずラブ」第二弾だお???

Google やFace Bookのアルゴリズムのすごさは今更言うまでもないが、おかげで毎朝Googleの検索をポチっとするだけで、私が気になる芸能ニュース、特に林遣都に纏わる話がほぼ抜けることなく表示される。 最近よく見かけるのは「おっさんずラブ」の連ドラ第二…

富士フィルム「樹木希林さん2018年末特別」篇(TVCM)

粋だな、富士フィルム。と思った。 今日だけ放送された、”お正月を写そう”の富士フィルムのCM「樹木希林さん2018年末特別」篇。40年間にわたって樹木希林さんをこのCMシリーズに起用したそうだ。お正月が近づくと流れるこのCMに、いつも笑いと共にほっこりさ…

樹木希林 ポートレート(宝島社新聞広告) ‐ 2

やられた!宝島社に。 別の新聞を見たら、アインシュタインばりに舌をペロリと出した樹木希林の見開き全面広告。昨日書いた時のクリエイティブとは違う希林さんからのメッセージがあった。 今回の締めのコピーは、「サヨナラ、地球さん。」 日本人の考え方の…

樹木希林 家族ポートレート(宝島社新聞広告)

やりやがった、宝島社。10/29、月曜日の新聞見開き全面広告。 樹木希林さんの話した言葉のコピーライティングが、今の宝島社のメッセージになるってことだよね? 「絆というものを、あまり信用しないの。」で始まるメッセージは強烈だ。そして、家族写真が全…

日清シスコ「チョコフレーク」 

森永チョコフレークが来年6月頃までに生産を終了するニュースが飛び込んできた。(大げさ!)1967年に発売とのことだから実に51年も続いた超ロングセラーのお菓子だった。少子化の上、スマホ操作のために手が汚れるお菓子は今の若者にウケにくいとのことで売…

プラスチックストロー

スターバックスが、2020年までにプラスチックストローを廃止するそうだ。環境保護のためで、海に漂うプラスチックごみのせいで海洋生物に深刻な影響が出ているし、海洋国(日本を含む)の沿岸には自然界で分解されない大量なプラスチックごみが流れついてい…

祝「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」世界遺産登録

コラムニストの堀井憲一郎氏の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に登録されることが決定したニュースに関して、゛日本人がしがちな誤解を解いておこう゛というタイトルの記事に感じ入ったので記録しておく。 あくまでもユネスコから認め…

「ゴキブリキャップ」

「ゴ」の季節がやってきた。 なぜここまで「ゴ」が嫌いになったか、思いを巡らしてみたところ、一人暮らしを始めてから、数々の「ゴ」との死闘(死ぬのは今のところ常に向こうだが)経験と、その後の周囲を巻き込んだ列伝が私にはあり、列伝と共に鮮明に今も…

白十字のワッフル

学生の頃、白十字のワッフルは私にとって一番おいしいスイーツだった。 当時洋菓子を”スイーツ”なんて呼んでいなかったし、洋菓子そのものに流行り廃れができる今と違って洋菓子は庶民に縁遠い時代、私の中ではかなりのご褒美スイーツだった。 久しぶりに岡…

「桃太郎大通り」

ひと月に1回ほど、実家に帰っている。最近は日本のどこに行っても、外国からの観光客だらけだが、岡山駅で降りると同じ車輌に乗っていた外国人カップルも降りたし、駅構内にも外国人観光客グループがいた。実家でテレビをつけると、「天空の城」=備中松山城…

グリコ「ビスコ<焼きショコラ>」

ブランドは進化する。 グリコ「ビスコ」のパッケージには昭和のにおいのする赤ちゃんの写真が必ずついている。小さい時には食べたけど、あのパッケージのイメージもあって「ビスコ」は離乳食を始めたくらいの赤ちゃんの食べる””滋養菓子”というイメージで、…

東ハト「ビーノ」

久しぶりに東ハトの「ビーノ」を食べました。スナック菓子の中でポテトチップスの類を差しおいて、1番好きなスナック菓子です。 1,2年前に枝豆がアメリカで健康食として流行っていて、野球のスタジアムなどでも販売されているという話を聞いたことがありま…