はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「京都人の密かな愉しみ Blue 修行中 〜祇園さんの来はる夏」

去年放送のシーズン2を復習視聴し、待望の新作を見た。

相楽樹さんが演じた陶芸見習いの釉子役を吉岡里帆さんが演じる。

今回も庭師見習いの若林ケント幸太郎役の林遣都の語りで始まった本作。冒頭、モノクロの江波杏子さんの写真と共に「昭和と平成を駆け抜けたあの人に捧ぐ」の遣都のモノローグにガツンとやられた。江波さんが女優人生の終盤に演じた、本物を創る京野菜農家の師匠の生き方と、江波杏子という女優の凛とした佇まいがシンクロし、思わず襟を正してテレビ画面に向かって座り直す。

いつものピアノによるメインフレーズに、今回は管弦楽(バイオリン?チェロ?)バージョンが大切な人を送るシーンで流れ、心に染みた。

彼女が演じたタエの葬儀から始まった今回、タエの弟子として孫同然に一緒に暮らしてきた鋭二(毎熊克哉  )の過去と、彼に興味を持った葉菜(趣里:パン職人見習い)の恋模様を祇園祭の裏方の仕事のドキュメントに添える。

京都の若者にとって、祇園祭の宵山はクリスマスイブと同じだそうだ。宵山を誰と一緒に過ごすか、一月前から聞こえるお囃子の練習の音が鳴り出すとソワソワ、ザワザワするらしい。恋愛ストーリーは、陶芸見習い釉子の先輩陶芸家への思慕で始まり、叶わぬ恋で終わった。

 

この京都人シリーズは、四季折々を楽しむ京都の人らの暮らしや伝統をレポートするドキュメントと、職人志望で修業中の5人の若者たちの群像劇とで綴られている。故に途中で京料理のコーナーがあったり、本物の職人さんへのインタビューがあったりと、群像劇のストーリーに没入できない構成になっている。登場人物の背景もポツリポツリとぼうっと描かれ、彼らの心理描写も台詞も少ない。それだけに、立ち姿や背中や表情で語る部分も多く、役者への要求レベルは高いと思う。そして老若共にそれに応えられる役者を布陣している。ディテールをつまびらかにしないからこそ、こちらは想像力を掻き立てられる。また想像力を駆使しなくてもオブラードで包まれた、なんや柔らかいような、芯のあるような、そんな居心地がいいんだか、悪いのだかわからない、京都での彼らの日常?こだわり?あきらめ?思い?ストーリー、の広がりと奥深さを感じられる。

 

それにしても、イギリス人の父親を持つ幸太郎(林遣都)のバックグラウンドはいったいいつ描かれるのだろう?まさか、まさか私の失態で録り逃したシーズン2の「送る夏」に描かれた?幸太郎がちょっとでも群像劇の主役になるときがあるのだろうか。今のところ語り手に徹しているような気がするのだが・・・。

本作の最後は「ボクらの青の時代はいつまで続くんやろう」という遣都のモノローグで締まった。京都への愛とリスペクトが半端ない本シリーズ、たとえ出演俳優が変わっても、彼ら5人の修行の旅は京都のうつろいと共に続いてほしい。

www4.nhk.or.jp

 

 

「京都人の密かな愉しみBlue修行中」-2

本作を通じて、京都での四季折々の風情を体感するのに、劇中曲のピアノの音はこの上ない効果を発揮している。心の琴線に触れるとは、まさにこのことだろう。

経験や伝統一辺倒であることに反発する気持ちもありながら、”風情”なる、その場で目に映るものだけでは理解し得ない、年月や心の空間で感じるものをリスペクトする気持ち。シーズン2の最終回はそんな修行中の若者たちのひたむきさが描かれて良かった。

 

この京都人シリーズ、古都京都の魅力を解き明かす云々を飛び越え、作り手側の尋常でないほどの京都愛を感じる。愛が強すぎて、京男をくさす場面では、そこまで言うか?くらい、かわいさ余って憎さ百倍の言いようだ。

全編にわたる林遣都の語りと、ハーフの庭師見習い役の彼を見ながら、知らず知らずに京都の魔力にはまりそうになったわけだけど、ここで私の中のベスト・オブ京都の思い出が甦り、魔力に落ちずにすんだ。

 

学生時代に訪れた嵐山。

私の友人に恋心を持つ歳上の先輩の優しい、彼女を見る瞳を、燃えるような紅葉の赤色と共に思い出したのだ。まだ大人の恋なんて露ほども知らず、その先輩の恋心に気づいていたけれど、一方で友人の片想いの相手も知っていた私。ただ見守るしかなかったけど、その先輩の、好きな女性をただやさしく見つめる表情は今も覚えている。

皆で見上げた嵐山の紅葉は、深く赤く美しかった。

「天気の子」

期待通りの展開、感動、画のリアルさ、美しさ。

期待以上の音楽との調和。

 

15.16歳の男女の恋の、なんとストレートなことか!東京圏を襲う異常気象からの回復と引き換えにしてでも、会いたい、守りたい人(彼女)がいること。そしてそれをYes!とするストーリー展開の今時なこと!

だって、以前の実写版映画「宇宙戦艦ヤマト」=「SPACE BATTLESHIPヤマト」(2010年)だと、ラストは古代進(キムタク)の命と引き換えに地球を守ったではないか。(地球規模と東京圏の違い云々の問題ではないからね。)

 

異常気象で雨が降り続ける東京で、祈れば100%晴れにすることができる不思議な力を持った少女、陽菜は家出少年の帆高と共に晴れを望む人々の願いをかなえていく。しかし、その行為は”晴れの巫女”としての陽菜を人柱として天に捧げることにつながる。

なんともびっくりするような話だけれど、新海誠監督は、古典や昔話からヒントを得て作品のお話を創るらしい。

話の奇想天外さと、誰かを求めて主人公が走りづつけるシーンの見せ場は、前回の「君の名は。」と同じ構図。同じなのに、やっぱりその一途でピュアな若い人の一生懸命さと画のリアルさで泣けてしまった。半人前の若者の頼りなさと弱さと、それに反比例する人を思う強い強い気持ちが(そういう気持ちを忘れ去ってしまった私には)なんとも尊く美しい。

映画と切っても切り離せないRADWIMPSの曲が、映像とストーリーを大いに盛り上げ、観客の心をさらにエモーショナルに揺さぶる。

雨に煙る東京の街並み、ビルの風景。そして雨、雨が水たまりに落ちる様。圧巻の描写は映画館のスクリーンでやはり観るべき。

 

 

 

 

「いだてん」-13

やっぱり、泣けた!斎藤工の忍ぶ表情。

腹痛(後に胃カタルと判明)でリレーに出られなくなった大横田(林遣都)の代わりに、ノンプレイキャプテンとして踏ん張ってきた高石(斎藤工)が推薦された時、まさか自分が!の期待と不安と喜びに到達するまでの途中の表情。結局コーチの冷徹な判断により出場がなくなった時の、やっぱり!の落胆と、気を取り直して代わりの選手に発破をかける表情。

”忍ぶ”斎藤工がいい。

そして、大横田(林遣都)が400mで銅メダルに終わり、試合後のラジオの”実感放送”なるもので、一言マイクの前でしゃべる場面。この時の水泳チーム男子は全種目で金メダルを取るという目標を掲げていただけに、申し訳なさとふがいなさで号泣する遣都(大横田)を抱きかかえて「しゃべらなくていい」という斎藤工(高石かっちゃん)。泣き崩れる大横田の姿は、万が一出場していたら自分だったかもしれないのだから、という彼の心を十分に想像できた。

 

林遣都、400mマジに泳ぎ切っていたよね。

腹痛で苦しむシーン、レースのシーン、敗れて号泣するシーン。初大河での出演シーンはあまり多くないのかもしれないけれど、これを撮るために鍛えた体と準備、役への作りこみは半端ない。(もちろん遣都だけではないけれど。大東駿介なんかもすごい体だし、お国言葉もいい)

つい最近の五輪でも、金メダルを取れなかった吉田沙保里(レスリング)が「ごめんなさい」とインタビュアーに向かって号泣した時、沙保里、泣く必要なんてないと全国民思ったけれど、「いだてん」のころのオリンピックは、メダルがとれなければ非国民とまでの罵られる時代だ。大横田遣都の心中いかばかりか。

と、こちらまで歯を食いしばって観ていたら、田畑(阿部サダヲ)がマリー(薬師丸ひろ子)の占い結果:大横田、金メダルを知って「あの、クソババア」とギリギリ言う表情が可笑しすぎて、気を取り直し次回の”マエハタ、がんばれ”に期待することにした。

 

 

 

「マンゴーの樹の下で〜ルソン島、戦火の約束」

第二次世界大戦下、民間人たちの悲惨についても多く語られてきたと思うが、遠く離れた異国の戦地で民間の人達に起こった悲劇を語り継ぐ作品。

岸惠子(凛子役)の若い頃、ルソン島での終戦間際のサバイバルを清原果耶が熱演。

戦況劣性となり、民間の女たちも食料調達(島民の畑から略奪)に駆り出され、ジャングルを行進するうち飢えと衰弱で仲間が倒れていくなか、凛子(清原果耶)とフィリピン現地で共に働き親友となった混血の娘、綾(山口まゆ)は固い絆でお互いを守り生き抜く。二人でいたからこそ正気を保つことができ、敗戦後日本に戻ってからも二人して小さな写真館を営んで生きてきた。

物語は故郷フィリピンの地を踏むことなく亡くなった綾の葬儀後、凛子(岸惠子)の回想で進んでいく。

何がなんでも生き残るためには、仲間の、尊敬していた上司の遺体からも、荷物を奪えるだろうか。どこまでが正気の行為か自分で考えることができるだろうか。そんなことを考えながら凄惨極める島での彼女たちの逃避行を見た。綾と凛子の友情と女の強さ、10代の2人の女優の熱演が光った。 

綾がなくなり、写真館をたたむ決意の凛子を助けつつ、立ち退きを促す不動産屋の社員で林遣都がちょろりと登場。好青年にして、年寄りに立ち退きを確実に進めていく、偽善でも”善”であることにな変わりない、実際にいそうな町の不動産屋の社員。

同じくちょろりで安藤サクラも登場。店を畳んで老人ホームを検討している凛子に思いを寄せ、余生を共に生きたいとする田宮(伊東四朗)の娘役。伊東四朗がいっさい笑いなしで、恋愛ものを真面目に演っているのが新鮮。そして岸恵子が老齢になっても男に言い寄られるだけの美しさと品があるのが素晴らしい。戦争中に商社の女性社員=タイピストとして異国に赴任した主人公を演るにはどんぴしゃのキャスティング!

 

 

 

 

 

 

「凪のお暇」

やっぱ、高橋一生はこうでなきゃ!

別れることになって号泣するほど真底好きな彼女(凪=黒木華)に、素直になれず悪態ばかり。ヤバい男(ゴン=中村倫也)に凪がひっかかったと知るや、助けるためにアパートに行くが、逆に人たらしのゴンに取り込まれ、別れたはずの凪を巡って勝負することになる。

周りの空気を読むことに長け、会社でもうまく立ち回り人気者の仮面をつけているが、本当はそんな自分にうんざりしていて、自分よりも空気よんで人に合わせる性格の凪を必用としている。

ものすごーく屈折している、そんな一見エリートをやらすとピシャリとハマる。

カッコいいはずの慎二(高橋一生)が実際は全然カッコよくなく、一見ヤバい人でいい加減なゴン(中村倫也)が究極のモテ男として、これまたこの上なくはまっている。中村の鼻にかかった甘ったれたしゃべり方がセクシーで、危険なんだけど彼への思いが止められない。いつもちゃんとしていなさいと厳しく育てられた凪がゴンに堕ちていく様がとてもリアル。

黒木華という女優は、とびきり美人ではないけれど芯の強い役も、人のいい役も、ちょっと怖い役も器用にこなすよね。今回の凪みたいにダメダメ女を演っていても、どこかに凛としたところを感じる。気を取り直す時の表情でVの字になる口がものすごくキュート!

 

 

「アルキメデスの大戦」

第二次世界大戦前、まさに日本が戦争に突き進もうとしている当時建造された戦艦大和の誕生には、こんな深謀遠慮があったのか!?

もちろんフィクションだろうけど、当時のあの時点での戦艦建造は、こういったフィクションを考えたくなるような大誤算であったことに間違いはない。

 

アメリカと戦争になれば航空戦であることを見越して、山本五十六(舘ひろし)率いる空母建造派と、日本軍の威力を内外に見せつけるために、巨大で壮麗な大戦艦を建造しようとする嶋田(橋爪功)派の駆け引き。まだアメリカとの開戦前で日露戦争の成功体験を胸に大陸へ進行する日本軍たちの勢いもあり、巨大戦艦建造に海軍大臣(小林克也)も傾く。劣勢の中、山本たちは戦艦の見積額が低すぎることに気付き、正確な見積もりを数学の天才と言われた元帝国大學の学生、櫂直(かいただし=菅田将暉)に依頼する。

一見戦争映画のようだが戦闘シーンはほぼなく、シーンのほとんどが会議室、室内におけるベテラン俳優たちによる喧々諤々の駆け引きと騙しあいだ。菅田将暉演じる櫂の天才らしい奇人ぶりが、バディを組むことになった田中少尉(柄本佑)のナチュラルかつ絶妙のリアクションでより際立つ。

正直、”菅田将暉劇場”―登場することでそのシーンをいっぺんに持っていく菅田の熱量・力量ーを観に映画館に行ったのだが、今度ばかりは老獪で狸オヤジのベテラン俳優たちに才能を弄ばれた感じがした。そう、本作の天才数学者の顛末と同じように。

巨大戦艦造船を阻止するべく、様々な海軍内の邪魔や誹謗中傷にもめげず、昼夜寝る間も惜しみ測量と計算を繰り返す櫂と田中。土壇場で材料の鉄量と造船費用の関数を導きだし、見事に造船派の杜でたらめな見積もりを看破する。が、、

結局戦艦大和は史実通り建造される。その本当の意図を説明する平山造船中将の田中民がいい。それまで敵として冷徹でずるい船の設計者として会議室に静かに座っていたのだが、自分と同じように一から巨大戦艦の設計図を完璧に引いた櫂の、”創造者”としての弱みを突き、より完璧な船を完成させたのだ。

そして、戦艦建造にあれだけ反対していた山本五十六も、進水式では海兵たちに迎えられ威風堂々と乗船する。戦艦反対の中でも、山本は必ず起こるだろうアメリカとの戦争の戦略をすでに描いていたのだ・・・。非戦派どころか、やはり君も軍人だったな、とは同じ戦艦建造反対派だった國村隼扮する永野中将の言葉。

エキセントリックな役柄のせいか、菅田将暉が昭和初期の学生に今一つ見えなかったが、紅一点の菅田の思い人として登場した浜辺美波は、美しい昭和のお嬢様だった。一方、会議室でのベテラン俳優たちの怒鳴りあいは、その域に達した役者たちだからできる可笑しさと真剣勝負の応酬。

 

本作で戦争らしいシーンとして唯一冒頭に描かれた戦艦大和の沈没シーン。戦艦からの砲撃は空からの攻撃にほとんど意味をなさなかったが、爆撃を受けながらも敵の1機を打ち落として歓喜したのもつかの間、海に落ちた敵機に横からすーっと別の敵機が近づき、兵士を救助していった。そのシーンがとても象徴的。撃たれたのに当たり前に助けられる敵兵。戦いにおいて死ぬことを美徳とする(当時の)”大和魂”。あれは、いったいなんだったのだ?

8月は戦争を取り上げた映画やドラマが毎年必ずあるわけだが、天才数学者が数字をもって時代の妄信と戦った、こういう視点の戦争映画も悪くないと思った。