< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「大豆田とわ子と三人の元夫」:元夫たちに振り回される松たか子の困り顔が秀逸

ものすごーく楽しみにして見始めたこのドラマ。

初回見た時、想像もしていなかった伊藤沙莉のナレーションが絶妙で、それを成立させる松たか子の顔芸(もはやそう呼べるレベルの表情筋の柔軟さ!)がおかしくておかしくて…。

3回結婚して3回離婚したとわ子(松たかこ)と、どうやらそれぞれとわ子に未練のある元夫たち(結婚順に、松田龍平、角田晃広、岡田将生)のやりとりが微笑ましい。

先週は、とわ子と元夫たちのキャラクター紹介のプロローグ。夫たちがそんなに親しいわけでもないのにとわ子を中心に(きっかけは、とわ子の娘、唄が作っているにしても)やたら会うという現実味のない展開に??だったけれど…。

今週の、3番目の夫、森慎=岡田将生とのなれ染めや、二人の過去から現在に至るまでの関係性を、面倒臭くて愛すべきキャラの慎森の人となりと合わせて見せてくれた。

岡田将生、私の中で過去一、良かった!あんなにしゅっとしてハンサム、その上弁護士という、一見モテそうな外見なのに、運動音痴で偏屈。別れたとわ子のことがまだまだ好きで諦められないダメ男を、ものすごい愛されキャラで演ってくれた。そして同時に、とわ子がなぜ3人の元夫から愛され続けられているか、とわ子自身の魅力の一部も垣間見た。

とわ子もいいし慎森もいい。

早くも結末を予想するのは徒労だけれど、このドラマ、前々回の関テレ制作の「姉ちゃんの恋人」と同様、さてはタイトルにある修飾された名詞「恋人」「夫」が裏の大主役なのだな!と勝手に妄想。つまり本作でも、とわ子のことを引きずっていた元夫たちの、とわ子からの卒業と新しい旅立ちを描く?!そう思いついたら(たとえ勘違いにしても)俄然楽しみになってきた!それぞれ個性が全く違う、大人の男の成長を見てみたいもん。

www.ktv.jp

 

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://
ドラマランキング:title]

 

 

 

 

 

「ステップ」(2020年):久しぶりに「破獄」の山田孝之を見たくなる

私が知っている山田孝之は、Netflix制作ドラマ「全裸監督」での挑戦した演技で高評価(特に業界、玄人に、たぶん)。少し前では「dele」という連ドラで菅田将暉とW主演し、車椅子の変わり者の演技がとてもナチュラルだった。

また、映画「闇金ウシジマくん」では何を考えていて、突然何するかわからない、とても怖い間=沈黙の取り方をする俳優という印象。林遣都や中村倫也が出演していた、遊び心満載の「Replay & Destroy」では、飄々とした何ともやるせない感じの監督志望のフリーターが演技じゃない感じがした。

そう言えば「全裸監督」でも「Replay & Destroy」、そして本作品「ステップ」でも伊藤沙莉が共演していて、いい味出してました。

山田孝之が20代の頃の、もっとキラキラしていた役、作品に出演していた頃を観ていないが、キラキラでは終わらない、やはり何か曲者な感じのする俳優だよね。しかし、本作ではその曲者感がまるでゼロ、男手一つで子育てに奮闘する、サラリーマンの10年間を演じている。

何がすごいと言えば、娘役は2歳から13歳までに3人の子役で演じたが、山田孝之はもちろん一人。その年齢を重ねていくさまが秀逸だったこと。髪に白髪を指したりはまああるんだろうけど、肌もメイクで何がやってんのかなー、と思えるほど表情や出で立ちで確実に10年の時を感じさせてくれた。

 

妻を無くし2歳の娘と共にシングルファーザーとして、子育ての諸々の困難、仕事、親戚付き合いなどをこなし、乗り越え成長していく男と家族の話。ものすごくエモーショナルに描くわけでもなく、過剰な男の涙もなく、二人を見守る祖父母や伯父たちの目も優しい。

劇中で出てきた「変化する家族」という言葉がタイトル「ステップ」につながるのかなあ。

歳月は子供の成長という変化だけでなく、亡き妻への思いの変化、周りの状況の変化を余儀なくする。それらの中でもずっと変わらなかった上司の信頼と厚意。変わるものと変わらないものがあるけれど、受け入れで対応していくしかないんだなあとしみじみ感じた。

 

そう言えば、山田孝之といえば「破獄」という、初回緒形拳×津川雅彦で放送されたドラマに出演していたことを思い出した。緒形拳バージョンを見たとき、物凄いものを見た!雷に打たれたような感想をもったけど、あの緒形拳に匹敵する純粋な執念深さを持つ囚人を演じられるのは山田をおいていないなあと当時感じた。津川の役はビートたけし。こちらはビートたけしのほうが良かったな、個人的な感想だけど。

私の中で、今のところ山田孝之のベストな作品だ。

 

ステップ [Blu-ray]

ステップ [Blu-ray]

  • 発売日: 2021/01/08
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

 

最近の久喜と私

午前中、私の家事が落ち着くまで久喜は落ち着かない。

私が食卓かパソコン机に座って落ち着かないと、久喜も落ち着いて眠れないようだ。なぜなら私が立って何かをしていたら、リンゴの切れ端をもらえたり、間食のおこぼれにあずかれる、、油断できないのだ。

さて、食卓に座っていつものルーティーンを開始した。久喜が足元にある自分のクッションの上に丸まった。冷え症のせいで特に冷たく感じる足の指10本をそっと久喜の腰のあたりにくっつける。決して久喜が気持ち悪がらない程度に。じんわり暖まる足先と、久喜の上下するお腹を見て、これも朝のささやかな幸福の一つ、と思う。

写真は、2階に移動して陽だまりで丸くなる久喜。


f:id:xuse:20210415112515j:image

 

[http://
ペットランキング:title]

 

 

[http://ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村:title]

「自分の感受性くらい」(茨木のり子詩集「おんなのことば」より):ガツンときた一篇!

友人の奨めで見たNHKの「ズームバック×オチアイ」。
現在放送されているのは「大回復 グレートリカバリー」シリーズ。

www.nhk.jp

 

第1回の「言葉論」の終盤で、アメリカで時の人となっているAmanda Gorman(バイデン大統領の就任式で詩を朗読した、ハーバード大学出身の詩人。女性・黒人、2つのマイノリティの視点で活動家としても注目を浴びている)と日本の詩人、茨木のり子が紹介された。
詩は読み解いたり感じとったりするには、個々人の力量によるところが大きいと思うが、わりとサクッと読めるのも事実。早速、茨木のり子の詩集を手にしてみた。(Amanda Gormanはインタグラムをフォロー中。)

 

恥ずかしながら、茨木のり子という詩人を私は知らなかった。「金八先生」で彼女の詩がいくつか授業として、あるいは話のテーマを表現するものとして引用されたらしいが、いかんせん「金八先生」をほぼ見ていない。

図書館で手に取った「おんなのことば」という詩集の冒頭にあった詩「自分の感受性くらい」という詩は今の私を叱咤激励してくれているようでブログに記しておこうと思う。

以下「おんなのことば」より転載させていただきます。

 

「自分の感受性くらい」

 

ぱさぱさに乾いてゆく心を

ひとのせいにはするな

みずから水やりを怠っておいて

 

気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな

しなやかさを失ったのはどちらなのか

 

苛立つのを

近親のせいにはするな

なにかも下手だったのはわたくし

 

初心消えかかるのを

暮らしのせいにはするな

そもそもが ひよわな志にすぎなかった

 

駄目なことの一切を

時代のせいにはするな

わずかに光る尊厳の放棄

 

自分の感受性くらい

自分で守れ

ばかものよ

 

思わず、声に出してよんだ。

彼女が生きたのは戦前、戦中、戦後だけれど、今を生きる私たちに、ハッとするような気付きをくれる詩がこの他にもたくさんあった。大地の営みや季節の移ろい、そして人間の営みを詩っていて、彼女の思想の大きさと深さ、人間への愛を感じた。

今日の午前中は朗読しながら「おんなのことば」を読み終えた。
最近、何かに焦って、勝手に時間い追われて、やってもやってもやった気がしなくて、一人空回りしていた気がするけれど、久しぶりに贅沢な時間を過ごせた気がした。


f:id:xuse:20210414160504j:image

 

 

 

 

 

[http://にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村:title]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久喜が見てる

コーヒー専門店で買った、いつもよりいい豆でコーヒーを入れたのはいいが、別のことに気を取られていたせいで、失敗した。挽回にハチミツを入れハニーソイラテにしたが、さらに軽薄なアジになってしまった…。

と書いていたら久喜が眠そうにこちらを見ていた。


f:id:xuse:20210412100301j:image


f:id:xuse:20210412100311j:image

 

「湯を沸かすほどの熱い愛」(2016年):日本アカデミー賞、最優秀主演・助演女優たちの心震える演技に脱帽!

撮影当時18歳だったと思われる杉咲花が素晴らしい。今でこそ朝ドラ女優だけれど当時はまだ無名に近かったと思う。気が弱くて優しい故に虐められる高校生が、母(宮沢りえ)の後押しをもらい、クラス全員の前で一発逆転の反撃を試みるシーンはいじらしくて泣けた。

 

宮沢りえ演じる母親は、銭湯を一緒に営んでいた夫(オダギリジョー)に蒸発され、パートをしながら一人娘(杉咲花)を育てている。娘がクラスの数人からいじめのターゲットにされていることを心配しているそんな折、がんに侵され余命が数か月であることを告知される。そこから母、宮沢りえの行動力がすごい。

・蒸発した夫を連れ戻し、銭湯を再開する。(自分亡き後、なんとしても娘を育ててもらわなければならない。)

・そのためには、これまで秘めてきた事実を娘に告げること。

・自分がいなくなった後でも家族と銭湯がうまく回るようにすること。

 

上記目的のために起こした行動の過程で、雇った探偵父子(父:駿河太郎)、旅の途中で拾ったヒッチハイクの青年(松坂桃李)などとの邂逅が生む良き因果。ラストで、張られた伏線が回収される様が微笑ましくも涙をそそる。

こんなにも、子どものことを考えて考えて、実際に行動に移せるだろうか。
しかも、しかも!ネタバレになるけれど、娘は自分が生んだ子ではないのに・・。

宮沢りえ演じる本作の母親は、タイトル通り「湯を沸かすほど熱い愛」の持ち主で、自分の母性を信じてそれに従い、やや強引とも思えることでも広く深い愛をもってやり遂げた。

終盤、その愛に応えようと母親の入院先の緩和ケア病棟の庭に皆で集まり母親を呼んだ時、宮沢が「はーい」の応えたその声が何とも言えない、弱々しくも愛おし過ぎる声で耳に残る。死期が近いがん患者は大きな声など発することはできない、でも、愛する人たちを見てうれしい、元気に振舞いたい。でも声はでない。でもきっちり彼らに届いたに違いない「はーい」の返事・・・・・。宮沢りえ、素晴らしかったです。本当に。

 

本作でもオダギリジョーは、お前の優柔不断のせいでこんなヘンテコな家族関係ができてしまっているやないの!と叱責したくなるようなダメ亭主。だけど、風に吹かれる柳のように無抵抗に成り行きのまま生きる様が憎めない。通りすがりで出演したかに見えた松坂桃李の、終盤の物語への参加ぶりもちょっとでき過ぎている感はあるが、熱い母の愛が残した置き土産の一つ、心がちょっぴり温かくなった。

 

”母の愛は湯を沸かすほど熱い”だけを言いたいわけではない。本作では、自分が生んだ子を自らの弱さや覚悟の無さ、そして都合で捨てた母親も登場した。
母親だから母性があるとはまた違う。
朝食を食べずに行った娘に、せめて牛乳1本でも。
寒そうな恰好をしていれば、羽織るものを。
寒い季節に子どもの裸足の足を見たら心が痛くなる。

自分の子どもでなく他所の子どもでも、そんなふうに心が感じる。そういうものなんだろうな、とふと思った。 

湯を沸かすほどの熱い愛

湯を沸かすほどの熱い愛

  • 発売日: 2017/04/26
  • メディア: Prime Video
 

 

[http://
映画評論・レビューランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村:title]