< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」:いよいよクライマックスに近づいてきた!?

ちょうど1年前、「リバーサルオーケストラ」(門脇麦・田中圭主演)の、オーケストラを中心としたドラマに大いに感動し、本作もきっと耳と心に豊かさをくれるに違いないと思い視聴し始めた。

天才指揮者が主役、地方都市の解散を迫られているオーケストラ、バイオリニストとしての才能があったのに、あることをきっかけに音楽から遠ざかっているヒロイン、とかなりの設定が「リバーサルオーケストラ」と似ているのに驚くばかりだったが、たぶん企画が上がった時期が似通っていたんだろうなと思う。(つまり二番煎じではなくたまたまなのだと、勝手に思っている)

しかし、最初ぶつかり合った、トランペットの大輝(宮沢氷魚)とチェロの蓮(佐藤緋美)がデュオで演奏するシーンには心打たれたし、今日放送の天音(當間あみ)が父親の前で習いたてのバイオリンを演奏した時、2曲目の難しいバージョンを聴いて思わず落涙。音楽の楽しさに目覚め、指揮者になりたいと高校2年生で思い立った天音。そのために何か一つ楽器ができるようにとバイオリンを練習し始めたのは2か月前。しかし、長続きするわけがないと父親に大反対されている。マエストロ(西島秀俊)の励ましを胸に、自分の決意の強さを示した渾身の演奏は、そこにいた人物全員、そして父親の心に響いた素敵なシーンだった。

 

それにしても、指揮棒を振るマエストロ(西島秀俊)が本当に楽しそうで軽やかで気負いない。その姿に惚れ惚れする。
あんなに料理上手な(役をやっていた)西島さんが、不器用にリンゴを切っている様にもギャップ萌えかつクスリ。
西田敏行はテッパンに歌がうまいし、ドラマの中で重要かつ軽妙な存在。玉山鉄二に関しては最初「誰?」と思うくらい、イケメンオーラを消しに消して相当間の悪い団長として登場。後半にマエストロの元マネージャーとして登場した満島真之介しかり、コンマスの津田寛治しかり、本作のコメディ要素も見逃せない。

 

マエストロと娘の響(芦田愛菜)の確執、というか一方的な響きの父親拒絶の本当の原因が何なのか?芦田愛菜の仏頂面はいつまで続くのか、とモヤモヤした気持ち見ている視聴者もいるようだけれど、どうやらそれはドラマの終盤に明かされるようだ。

芦田愛菜の迫力の演技は、最後まで取っておこう・・なんて、急にこの期に及んで次回をものすごく楽しみにしている。

 

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]

 

「おとなの事情」(2016年):人のスマホの中身は決して見てはいけません

スマホの中身はその人の行動のすべてが入っている。そしてキチンとして見えるフツーの大人にも、一つや二つの隠し事があるってこと。

イタリアで公開され数々の賞を受賞した本作は、日本を含む数か国でリメイクされるほど、当時SNSに人々の生活が支配され始めた現代社会のトレンドにバッチリはまったということか。

月食の夜、ディナーに集まった幼馴染の3組のカップルと、恋人が病気のため一人で来た男、そしてホストの家の娘、出演者はこのたった8人のワンシチュエーションドラマ。
お互い隠し事はないよね、という前提で、その日スマホにかかってくる電話、メールを公開し合うというゲームをすることになり、それまでパートナーや友人に内緒にしていた秘密が、月食の夜さらされていく・・・。

豊胸手術や、若い子とのたわいのない写真のやりとり(でも絶対妻には知られてはならない)、浮気(これもまた知られてはならない)、ストレスからくる(?)変態的趣味・・、それぞれが秘密がバレそうになって慌てる様を、最初は面白ろおかしく見ていたのだが、だんだんと長年にわたる友人や愛し合ったパートナーの秘密が露呈するうちに、不信や怒りを覚える登場人物たち。そのころには、なんてひどいゲームを始めてしまったの?と、こちらも笑いよりも悲惨な気持ちで展開を見守ることに・・・

観ていて感じたのは、子育てや親の老後問題と向き合うイタリア人の彼らの悩みに、日本人の私も大いに共感できたということ。(そうか、だから各国でリメイクされたんだ)年齢を重ねたからの悩みもあれば、若い頃と変わらないような悩みだってある。大人も様々な悩みを抱えながら、でも”ちゃんとした大人として”精一杯ふるまっているのだ。(それが大人ってことかしらね)

 

8人の登場人物による、一晩のワンシチュエーションドラマは、早口のイタリア語が飛び交う台詞劇。俳優たちの緊迫したクルクル変わる表情を含む熱演も観どころ。

ラストのどんでん返しをお楽しみに。

 

おとなの事情

おとなの事情

  • ジュゼッペ・バッティストン
Amazon

[http://にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村:title]

 

[http://映画評論・レビューランキング
映画評論・レビューランキング:title]

 

 

 

 

「おっさんずラブ -リターンズ-」-13:多幸感あふれる大団円で幕!ほんとに?!

ラスト(大ラスではない)の桜並木を歩く二人のシーンが本当に素敵。

本作のテーマでもあった、様々な家族の形について、二人(春田=田中圭、牧=林遣都))が作っていく幸せな家族の形が想像できるようだ。そして隣にいる人と感じる空の青さや空気の心地よさにこれ以上の幸せを感じられない二人が本当に尊くて、二人と一緒に涙してしまった。二人と共に心が満たされた。

 

それにしても、最終回も武蔵劇場だった。紛うことなく本作のヒロイン、吉田鋼太郎さん、大暴れ、コメディパートを全部もっていっていたよね。

本作に関して、俳優さんたちのインタビュー記事、インスタでは撮影シーンや撮影の合間のオフショットなどをよく見るのだけれど、現場が楽しそうでいつも笑いに溢れている様子がわかる。でも気心知れた仲間とわいわい作っているという以上に、相手や周りの期待を裏切るほどの熱量で何かを表現するという、ある意味役者根性を試されるような、ハードルの高い現場だったことも想像できる。
(毎回毎回、林遣都と吉田鋼太郎のバトルには全力を感じたし、ビリビリとした緊張感がこちらまで伝わってくるほど!)

 

普通の人は日常、あんなに涙を流したり、本気で怒ったり、人をはたいたり、投げ飛ばしたりしない。だけど本作は、感情の動きをマックスにデフォルメした形で表現することを課せられた現場。役者が真剣であればあるほど見ている方は可笑しい。そしてしばしば流される俳優たちの涙で、その思いの深さや強さに心を打たれてきた。

春田と牧、和泉と菊之助がたどりついた”家族とは”、見ている方もそれぞれの胸に大切な人の姿が浮かんだのではないかと思う。

彼らの幸せのかたちを見終えて、さらにスピンオフドラマ「禁断の”グータンヌーボ”」までしっかり見て笑って、週末は思いがけず多幸感あふれる時間を過ごしている。

「おっさんずラブ」シリーズの、俳優陣、スタッフの皆さま、素敵なドラマをありがとうございました。

 

ところで終盤の、皆の幸せのために頑張ろうとする春田へのみんなからの感謝の言葉は、まるで座長、田中圭へのねぎらいの言葉のようだったし、家族のような集合写真も大団円でラストを飾った感が否めないけれど、大ラスの”となりの武蔵”の出現は、続編を期待してもいいのかしらん・・。2年後とかでもいいですよーw

 

 

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]

 

専念寺/ネコ坊主さんの言葉:自分の目と耳で確認

専念寺/ネコ坊主さんのXをフォローしている。
「今日のお寺の掲示板」の言葉には、ハッとさせられたり慰められたり、有難いことこの上ない。

先月のことだ。
母が入院している病院に毎日車で面会に通っている父について、担当の看護師の方が車で来るのを止めたほうがいいと強く進言してくれた。病院を歩く父の姿や父とのやり取りで、体力も認知機能も低下していると思われる父が、車を運転して病院に来るのは危険だと。そして、その病院に併設しているデイサービスを利用することで、車で送迎できるからそうしてみてはどうかと言ってくれた。
確かに一石二鳥の提案だと最初思ったが、少し考えると父の介護度だと、デイサービスに介護保険で毎日は通えない。だとするとデイサービスのない日は結局車で行くことになる。

バスは路線乗り換えが必要な上、1時間に1本しかない。免許証を返納してタクシー割引カードをもらうことも以前父に進言したことがあるが、到底聞き入れられなかった。

地方の郊外、車がないと相当不便なのだ。

看護師さんの進言で、ずっと心の底に沈めていた父の運転不安が再浮上して焦った私たち姉妹は、父の介護保険の期限を確認したり、ケアマネージャーを手配しようとしたり急にバタバタしたが、結局本人の意志なくしてどれも先には進めなかった。

そんな時、専念寺のネコ坊主さんの掲示板の言葉が目に入った。

「他人から聞いたとか言われたからと言って

疑心暗鬼になってはいけない。

自分の目と耳で確認すべきです。」

そうだ!ああ言われたけれど、実際私たちは母の病院に行く時父の車に同乗しているではないか。もう一度自分の目で本当に危ないか確認しよう。抑えられない胸のざわざわが、その言葉で一旦落ち着いた。

そして今月の帰省。
いつものように同乗したが、全然安全とは思わなかった。確実に2回ひやりとした。自分の目と耳で確認してそう思った。
しかし、父は確かに気を付けて運転しているのもわかった。自分勝手で都合のいい考えだけれど、ほかのドライバーさんたちが、高齢者が運転する車が多いことを理解して注意深く運転していてくれれば事故は回避できるのではないか。(自損事故なら仕方ないが)
父の車の窓に今年私が送った交通安全のお守りが揺れていた。ほかにも2つ揺れている。「あれ?これは?」と見たら、2つとも私が送ったものだった。
神頼みしたから事故が回避できるわけなんてないだろうけれど・・。
祈るしかない。

昨年暮れに免許更新があった際、更新できないことを本当は願ったが、残念なことに免許は更新されてしまったのだ・・

今日の電話の父の声は珍しく元気があった。夕食におでんを作ったと言っていたが、おいしくできたのかな。病院の母が起きていたとも言っていた。

 

 

 

「不適切にもほどがある!」-3:笑って見ていたのに、急にボロボロ泣いてしまった

主人公、阿部サダヲと三宅弘城や古田新太のやり取りに、声を出して笑ってしまうのは想定通りだが、本作で私は吉田羊のコメディアン(コメディエンヌとは最近言わないのよね。すっかり”女優”って言葉も聞かなくなった昨今)ぶりにはまっている。

吉田演じる、令和から昭和に来た社会学者サカエと、昭和の時代に生きる純子(河合優実)やムッチ先輩(磯村勇斗)のやり取りの、かみ合わないこと、そして吉田羊が心の中と外でのツッコミの秀逸なこと!毎回吹き出したり、ニヤついたりしたながらめちゃくちゃ楽しんでいる。本作の吉田羊、サイコーに役にはまっていて大好き。

 

それにしても、前回の5話で、令和の世界で恋した相手、渚(仲里依紗)が自分の孫だと知り、またその母親、純子、つまり自分の娘と自分の数年後の運命を知った市郎(阿部サダヲ)。

それまで、純子の彼氏、ゆずる(錦戸亮)が市郎に挨拶に行ったシーンで可笑しくて笑っていたのに、急にシリアスな展開になって不意を突かれたせいで市郎が泣いてもいないのに、こちらはボロボロ泣いてしまったのではないかい。

自分の運命を知った上で市郎は昭和に帰ってどうするのだろう。自分だけではない、娘の運命まで知っているのだ。

ああ、またクドカンにやられる。

大切な家族の未来。市郎はそれを変えるのか、それとも運命に逆らわないのか。

何だか無性に切ない、切ない。

 

 

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]

 

「おっさんずラブ -リターンズ-」- 12:どーゆこと!?(春田風)

ついに来週9話で最終回。(10話までないんかーい!!)

8話のラスト、武蔵(吉田鋼太郎)を励ますホームパーティから1か月。武蔵はなぜか元気いっぱいの様子ではないか!?余命1カ月は勘違いなのか?そういえば、冒頭での病院のシーン、武蔵が「余命1カ月ですかあ・・・」とショックを受けて病室を出る時、医師が「黒澤さん、大丈夫ですか」と声をかけていたが、医師からそれ以上の説明らしき言葉はなかった・・・しかし、最終回の予告に(声はあっても)武蔵の姿はなかったし・・

どーゆこと?

武蔵が置いていったビデオを見て、春田(田中圭)と一緒に泣き、さらにその後の武蔵と春田のやり取りに嗚咽した私の感情はどこへ持って行けばいいのか?

武蔵と牧(林遣都)の味噌汁レシピ伝授の時のバトルは、本当に最後の二人のバトルになっちゃうのかしら。(仲良くやっているようで、どこかでメラメラしている二人がやっぱりおかしい。)
そういえば、武蔵のビデオを見ながら牧が流した涙は、もはや鋼太郎さんとの真剣勝負のバトルが走馬灯のように頭に巡って流した、林遣都の涙なような気がする。

 

一方で、菊之助(三浦翔平)の告白を機に、初めて彼の存在の大きさを噛み締めていく和泉(井浦新)。どうやらこちらのカップルはうまく結ばれるのではないかと、少しほっといている。ずっと和泉への思いを隠して寄り添ってきた菊様が切なすぎたからね、菊様の思いが叶うとうれしい。

最後にすべて持って行っている武蔵の存在の大きさに改めて感動しつつ・・・。来週で愛すべき5人のおっさんたちの恋愛模様が見られなくなるのが辛すぎる。今からロスや・・・

 

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]

 

 

「ファーストラヴ」(2021年):窪塚洋介が”いい人”の役をしている!

芳根京子の演技力がテッパンであるのは、以前視聴していたドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」で確認済み。その彼女が、サイコパス?と思われるような父親殺しを犯した女子大生の役ということに興味を引かれて鑑賞。

芳根京子の演技は想像通り素晴らしかったが、主演の北川景子、相手役の中村倫也をはじめ、毒母を演じた木村佳乃も、それまでの彼らのイメージと違った意外性マックスが素晴らしかった。(特に木村佳乃!でもこの人、時々毒母の役やっているかな・・?)
そして窪塚洋介がふつーの人のいい夫を演じていることに感動すら覚えた。私の中で窪塚洋介は、ちゃらんぽらんだったり普通に見えて実は根性が歪んでいるという役のイメージが強かった。その彼が、どこをどうとっても”いい人”を演っているのが新鮮で、前半はそこから目が離せないくらいだった。

 

臨床心理士の由紀(北川景子)は、父親を殺した動機がわからない、という環菜(芳根京子)に接見し彼女の心を探るうちに、自らが抱えるトラウマと向き合うことになる。環菜の国選弁護人となった、由紀の義弟の迦葉(かしゅう/中村倫也)と共に、環菜の過去を調べる中で、環菜が思春期に受けた両親からのありえない心理的虐待などを知ることになる。同時に由紀のトラウマや迦葉と由紀の過去、夫の我聞(窪塚洋介)の馴れ初めなどが描かれる。

終盤、由紀が心優しい夫我聞に自身のトラウマや迦葉との過去を打ち合け号泣するシーンがある。カタルシスにもとれるそのシーンで北川景子の顔が号泣しすぎてぐしゃぐしゃにもかかわらず整っている・・・それを優しく抱きかかえる窪塚洋介が、きっと(北川景子、顔が涙でぐしゃぐしゃなのにカワイイ・・)って思ったんじゃないかと、余計なことを考えてしまった。しかし邪念の中でも、このシーンの北川景子の泣きの演技は素晴らしいと思った。

子どもにとって親の存在がいかに大きいか。両親を含み大人から護られるべき子どもが、性の対象や所有物のように扱われたりする事実。彼らが受ける心の傷の深さを改めて思い知った。

なかなか重いテーマだったが、写真家でもある我聞の個展で飾られていた異国の父娘の写真、そしてもう1枚の家族写真に救われる。

最後に、「ファーストラヴ」のタイトルについて考えが及んだ。何のことを、あるいは本作のストーリーの中でどの部分のことを言っているのだろう。環菜と由紀にはそれぞれ”初恋”と呼べる過去が描かれていた。そのこと?いや違うような気がする・・。原作を読んだらわかるのかなあ。

 

オマケ:「コタキ兄弟と四苦八苦」感想は、-7まであります・・

www.mitsumame.work

[http://にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村:title]

 

[http://映画評論・レビューランキング
映画評論・レビューランキング:title]