< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「にじいろカルテ」:誰一人悪人がいないのはいいんだが…

「姉ちゃんの恋人」の後、続けて岡田恵和脚本作品を見ることにしたのは、主題歌が藤井風(「旅路」)だから。

 

東京の大きな病院から山間の村の診療所にやってきた内科医(紅野真空=高畑充希)というから「ドクターコトー」の女医版かしら、なんて思っているのだけれど。架空の「虹の村」全体がちょっぴりファンタジックで診療所や村唯一の商店もコジャレて可愛らしい。ともすれば深刻、重くなりがちな医療ドラマをファンタジックで優しいオブラードで包んでいるかのようだ。

 

主役の真空本人が、不治の病に犯されているというところから、すでにドラマチック。初回から高畑充希の喜怒哀楽が爆発してコロコロ変わる表情が可愛い。ありがちな優秀で冷静沈着な女医、というイメージからかけ離れたふあふあ感が新鮮。号泣し過ぎて可愛さよりもブスな泣き顔(失礼!でもだからこそ高畑充希はすごいと思う)も拝めて、すでに岡田イズムでお腹一杯になった。

個性豊かな村人とディープに触れあいながら、成長する真空や太陽(看護士=北村匠海)たちをこれから見守ることになるのだろうけど、個人的には眞島秀和と認知症を患う安達祐実夫婦の物語に強く引かれる。

「コーヒーが冷めないうちに」という映画で、薬師丸ひろ子と松重豊のカップルが似たようなシチュエーションを演じていて号泣した記憶がある。

大切な人のことを"忘れてしまう"、"意志疎通ができなくなる"という、身体的お別れの前にくる、頭の中でのお別れについて、ものすごく自分ごととして想像できてしまい、本作でも号泣しそうだからだ。しかも安達祐実と眞島さんだよ。

 

 ラストシーンにかぶさって流れた風くんの「旅路」が、そろりと入りすぎてちゃんと聴けなかったのが無念。次週に期待する。(YouTubeで聴けるかな)

 

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]

 

 

 

 

「天国と地獄~サイコな二人~」: 高橋一生劇場の始まり、はじまり!!

追う者(捜査一課の刑事、望月=綾瀬はるか)と追われる者(サイコパスな日高、殺人鬼=高橋一生)の魂が入れ替わって繰り広げられる”究極の入れ替わりエンターテイメント”ですって!
TBSの日曜劇場枠は、重厚な人間ドラマを軸に社会経済や医療、事件ミステリーなどが展開し見応えがあるものが多い。本作の設定を見た時、一瞬コメディ?と思ったほど軽く感じてしまったのだが・・・

 

普段穏やかで切れ者な雰囲気を醸し出しているベンチャー企業の経営者の顔から、終盤で一瞬にしてサイコバスな殺人鬼(まさに鬼の顔!)を魅せてくれた高橋一生(=日高)。その表情が恐ろしすぎて、対峙する綾瀬はるか(望月)と同じくらいぎょっとしてテレビの前でのけ反ってしまった。

そのシーンの後、二人の魂が入れ替わってからの高橋の望月(綾瀬)になった演技が期待通り!ワクワクするほど上手すぎて思わず膝を打った。綾瀬はるかの方も負けておらず、日高の魂になって微笑む不敵な表情が何とも言えない。

綾瀬はるかが演じる正義感の強い望月が念願の捜査一課に配属され、ほぼ紅一点の中、男社会の中で手柄を立てようとする一生懸命さがなかなかストレートでいい。功を上げようという思いが前に出過ぎて失敗しがちでポンコツなのかと思いきや、実は観察眼や根性もあり、孤軍奮闘する様が「ストロベリーナイト」の女刑事・竹内結子を思い出させた。(竹内結子の姫川ほど優秀ではなさそうだけど)
さながら竹内結子の警察署内での敵=武田鉄矢が本作では北村一輝、竹内のバディ的存在だった西島秀俊が溝端淳平・・?(いやちょっと役柄として軟弱すぎ)なんて勝手に当てはめて楽しんだりして。

猟奇殺人という事件本筋の謎解きだけでなく、主演の二人が入れ替わっていることによる、彼らの日常に絡む人々とのやり取りも見ものだろう。刑事としての望月の成長を見たいと思っても、望月は日高の心になっているし・・。
望月の同居人、陸=柄本佑との関係は?中身サイコパスになった外見望月(綾瀬はるか)とどう絡むのだろう?

そのほか、公式サイトをチェックしたら、私の好きな岸井ゆきのが日高の妹役で配役されている!北村一輝や溝端淳平(彼は「ダイブ!!」で林遣都と共演しているせいで私の中では無条件に応援対象に入っている。そういう意味では柄本佑は「家康、江戸を建てる」で、北村一輝は「スカーレット」やその昔「莫逆家族」などでも遣都と共演しているが、遣都との共演云々は除いて、この2人は視聴動機として十分な演技派)などなど高橋一生、綾瀬はるかだけでない、その他の出演陣をとっても見るMUST要素しかない。
今後どんな展開をするのか、次回が待ち遠しくて仕方ない。

www.tbs.co.jp

 

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]

 

「硫黄島からの手紙」(2006年):二宮和也の俳優としてのすごさを思い知る

第二次世界大戦末期、日本軍と米軍の硫黄島の死闘を、日米双方の視点で描いた2部作「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」

クリントイーストウッド作品、渡辺謙主演、オーディションで一兵卒の役を射止めた二宮和也が出演している戦争映画、という程度しか前知識がなかった。そして不覚にも2部作の後編となる本作を先に観てしまったのだが・・。

これ、主役はニノ(二宮和也)だよね。
撮影当時23歳と思われる二宮和也の、小柄で痩せた体、坊主頭にするとより日本人らしいつるっとした薄い顔が、誰よりも一日本兵に見えた。第二次世界大戦の日本兵として描かれがちな、獰猛さや狂信的瞳はこの人に全くなく、本作の描く”日本兵もアメリカ兵も同じ人間”ということを語るに相応しい”フラット”ぶり。全編フラットに演じるも、最後に爆発する怒り。そこにアイドル二宮和也は微塵もいなかった。

 

物語は島に指揮官として栗林中将(渡辺謙)が赴任してきた頃から始まる。すでに敗戦が濃厚となり、硫黄島が最後の日本軍の砦と言われながらも島への援軍はなく、孤軍となって上陸してくる米軍に備えている。村民たちは本土に返され、兵士だけになった硫黄島で日常となった戦争と仲間の死、そして日本にいる家族へ手紙を書き続ける兵士たちの姿が家族との回想シーンと共に戦闘シーンの合間に淡々と描かれる。

島が陥落することがほぼ現実のこととなり、上官の命令に従わない中間の指揮官の誤った妄信により玉砕(自殺)を余儀なくされた者、生きることを選んで投降者した者、どちらを選択しても悲劇でしかなかった。(投降した日本兵を射殺するアメリカ兵が描かれ、当時の日本兵の妄信や自暴自棄の勇猛=自爆だけで戦争の愚かさを描いているのではないところが良かった)
中村獅童が演じる孤立した指揮官の末路も面白いと思った。獅童の憑き物が取れた表情がいい。

最後、飲まず食わずで数日戦い、戦いというより本部まで爆撃の中移動し、栗林中将の最後を看取った西郷(二宮和也)の、真っ黒で半死状態の顔が目に焼き付く。
西郷はパン屋だった。西郷と仲の良かった兵隊は洋服屋だった。戦争でなければ軍とは無縁の普通の人々が塹壕を掘り、人を撃つ練習をする。
西郷という一人の兵士の目と生き様を通して、非常時における個々人のあり様みたいなものを深く考えた。奇しくも今「コロナ禍」という世界中の人々が巻き込まれ、不安の日々を過ごすパンデミックの最中だ。爆弾が落ちてくることはないが、異常事態の中、個々人の日常の正気と判断力が問われる時だ。

 

大きな魅せ場みたいなシーンは無かったけれど、数日間頭に残るモノクロ映像の数々。クリントイーストウッド作品、恐るべし。次は「父親たちの星条旗」を観ます。

 

硫黄島からの手紙 [Blu-ray]

硫黄島からの手紙 [Blu-ray]

  • 発売日: 2010/04/21
  • メディア: Blu-ray
 

 

[http://
映画評論・レビューランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村:title]

「フェードル」: 舞台の感想ではありません

取れてしまった―!

Bunkamuraシアターコクーンの、某日「フェードル」のチケット。

最初、1月26日の千秋楽のチケットをダメ元で申し込んでみたら、抽選で初めて購入することができた!2回目の緊急事態宣言発出の前のことだ。

以前「熱帯樹」公演の際、より良い席を取りたいがために世田谷パブリックシアターの会員になって先行販売の特典を利用したけれど、電話などつながるはずもなく惨敗。あの時、もやは林遣都の舞台のチケットはそうそう簡単に取れるものではないのだ、観念したものだが。

しかし、このコロナ冬のパンデミックのせいで、せっかく取れた夢のチケットは払い戻しの憂き目に。そして本日再販にチャレンジ。30分ほど出遅れたら案の定、千秋楽のチケットは受付終了。他の日付を選択し「申し込み」ボタンをクリックするも、くるくるが表示された後「アクセス多数で・・・時間をおいて始めから・・。」と表示された。

何度も。

日付を変えても。

ほぼ、あきらめかけた。定員5割なのだ、取れるわけない。コロナで自粛要請も出とる。無理して行くなということか。。。

PCの前から離れようとしてふと、それまで「フェードル」に関して目を通してきた大竹しのぶさんを始めとする出演者のコメント(@公式サイト)や、林遣都のこの作品にかける並々ならぬ意気込みを語るインタビューの数々が頭をよぎった。

この時期、劇場を開ける勇気、観客に届けたい不変の人間の業、生の熱・・・。演じることをやめられない役者たち。それらの”念”がぐるっと頭をめぐり、もう一度だけやってみよう、それでだめだったらあきらめよう、と某日を選択しクリックしたら申し込みできてしまった!

 

その後、今更ながらの逡巡。

年末から日用品の買い出しと犬の散歩以外はほとんど外出せず、電車にも12月の中旬最後に出社して以来乗っていない日々の私が、来場者5割、万全のコロナ対策を実施とはいえ、外出→電車→渋谷→劇上空間 へ行っていいものだろうか・・・。

鑑賞後の2週間は息を殺して生活しよう。誰にも言わないでおこう(いや、ここで言っとるがな)

ほぼ一言も発せず、もちろん飲み食いはなし。マイ・消毒スプレー持参、マスクも一度も外さず、触らず、ついでに度のキツイほうの眼鏡にして(よく見えるよう)行こう。
腹をくくった。(大げさ!)

 

「徹底的な外出自粛を」とされながら、制限はあっても飲食店も劇場も映画館も営業しているのだ。
営業(開演)に際しての感染対策に敬意と感謝を込めて。出向くこちらも万全の対策で臨みたいと思います。

www.phedre.j