< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

専念寺/ネコ坊主さんの言葉:自分の目と耳で確認

専念寺/ネコ坊主さんのXをフォローしている。
「今日のお寺の掲示板」の言葉には、ハッとさせられたり慰められたり、有難いことこの上ない。

先月のことだ。
母が入院している病院に毎日車で面会に通っている父について、担当の看護師の方が車で来るのを止めたほうがいいと強く進言してくれた。病院を歩く父の姿や父とのやり取りで、体力も認知機能も低下していると思われる父が、車を運転して病院に来るのは危険だと。そして、その病院に併設しているデイサービスを利用することで、車で送迎できるからそうしてみてはどうかと言ってくれた。
確かに一石二鳥の提案だと最初思ったが、少し考えると父の介護度だと、デイサービスに介護保険で毎日は通えない。だとするとデイサービスのない日は結局車で行くことになる。

バスは路線乗り換えが必要な上、1時間に1本しかない。免許証を返納してタクシー割引カードをもらうことも以前父に進言したことがあるが、到底聞き入れられなかった。

地方の郊外、車がないと相当不便なのだ。

看護師さんの進言で、ずっと心の底に沈めていた父の運転不安が再浮上して焦った私たち姉妹は、父の介護保険の期限を確認したり、ケアマネージャーを手配しようとしたり急にバタバタしたが、結局本人の意志なくしてどれも先には進めなかった。

そんな時、専念寺のネコ坊主さんの掲示板の言葉が目に入った。

「他人から聞いたとか言われたからと言って

疑心暗鬼になってはいけない。

自分の目と耳で確認すべきです。」

そうだ!ああ言われたけれど、実際私たちは母の病院に行く時父の車に同乗しているではないか。もう一度自分の目で本当に危ないか確認しよう。抑えられない胸のざわざわが、その言葉で一旦落ち着いた。

そして今月の帰省。
いつものように同乗したが、全然安全とは思わなかった。確実に2回ひやりとした。自分の目と耳で確認してそう思った。
しかし、父は確かに気を付けて運転しているのもわかった。自分勝手で都合のいい考えだけれど、ほかのドライバーさんたちが、高齢者が運転する車が多いことを理解して注意深く運転していてくれれば事故は回避できるのではないか。(自損事故なら仕方ないが)
父の車の窓に今年私が送った交通安全のお守りが揺れていた。ほかにも2つ揺れている。「あれ?これは?」と見たら、2つとも私が送ったものだった。
神頼みしたから事故が回避できるわけなんてないだろうけれど・・。
祈るしかない。

昨年暮れに免許更新があった際、更新できないことを本当は願ったが、残念なことに免許は更新されてしまったのだ・・

今日の電話の父の声は珍しく元気があった。夕食におでんを作ったと言っていたが、おいくできたのかな。病院の母が起きていたとも言っていた。

 

 

 

「不適切にもほどがある!」-3:笑って見ていたのに、急にボロボロ泣いてしまった

主人公、阿部サダヲと三宅弘城や古田新太のやり取りに、声を出して笑ってしまうのは想定通りだが、本作で私は吉田羊のコメディアン(コメディエンヌとは最近言わないのよね。すっかり”女優”って言葉も聞かなくなった昨今)ぶりにはまっている。

吉田演じる、令和から昭和に来た社会学者サカエと、昭和の時代に生きる純子(河合優実)やムッチ先輩(磯村勇斗)のやり取りの、かみ合わないこと、そして吉田羊が心の中と外でのツッコミの秀逸なこと!毎回吹き出したり、ニヤついたりしたながらめちゃくちゃ楽しんでいる。本作の吉田羊、サイコーに役にはまっていて大好き。

 

それにしても、前回の5話で、令和の世界で恋した相手、渚(仲里依紗)が自分の孫だと知り、またその母親、純子、つまり自分の娘と自分の数年後の運命を知った市郎(阿部サダヲ)。

それまで、純子の彼氏、ゆずる(錦戸亮)が市郎に挨拶に行ったシーンで可笑しくて笑っていたのに、急にシリアスな展開になって不意を突かれたせいで市郎が泣いてもいないのに、こちらはボロボロ泣いてしまったのではないかい。

自分の運命を知った上で市郎は昭和に帰ってどうするのだろう。自分だけではない、娘の運命まで知っているのだ。

ああ、またクドカンにやられる。

大切な家族の未来。市郎はそれを変えるのか、それとも運命に逆らわないのか。

何だか無性に切ない、切ない。

 

 

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]

 

「おっさんずラブ -リターンズ-」- 12:どーゆこと!?(春田風)

ついに来週9話で最終回。(10話までないんかーい!!)

8話のラスト、武蔵(吉田鋼太郎)を励ますホームパーティから1か月。武蔵はなぜか元気いっぱいの様子ではないか!?余命1カ月は勘違いなのか?そういえば、冒頭での病院のシーン、武蔵が「余命1カ月ですかあ・・・」とショックを受けて病室を出る時、医師が「黒澤さん、大丈夫ですか」と声をかけていたが、医師からそれ以上の説明らしき言葉はなかった・・・しかし、最終回の予告に(声はあっても)武蔵の姿はなかったし・・

どーゆこと?

武蔵が置いていったビデオを見て、春田(田中圭)と一緒に泣き、さらにその後の武蔵と春田のやり取りに嗚咽した私の感情はどこへ持って行けばいいのか?

武蔵と牧(林遣都)の味噌汁レシピ伝授の時のバトルは、本当に最後の二人のバトルになっちゃうのかしら。(仲良くやっているようで、どこかでメラメラしている二人がやっぱりおかしい。)
そういえば、武蔵のビデオを見ながら牧が流した涙は、もはや鋼太郎さんとの真剣勝負のバトルが走馬灯のように頭に巡って流した、林遣都の涙なような気がする。

 

一方で、菊之助(三浦翔平)の告白を機に、初めて彼の存在の大きさを噛み締めていく和泉(井浦新)。どうやらこちらのカップルはうまく結ばれるのではないかと、少しほっといている。ずっと和泉への思いを隠して寄り添ってきた菊様が切なすぎたからね、菊様の思いが叶うとうれしい。

最後にすべて持って行っている武蔵の存在の大きさに改めて感動しつつ・・・。来週で愛すべき5人のおっさんたちの恋愛模様が見られなくなるのが辛すぎる。今からロスや・・・

 

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]

 

 

「ファーストラヴ」(2021年):窪塚洋介が”いい人”の役をしている!

芳根京子の演技力がテッパンであるのは、以前視聴していたドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」で確認済み。その彼女が、サイコパス?と思われるような父親殺しを犯した女子大生の役ということに興味を引かれて鑑賞。

芳根京子の演技は想像通り素晴らしかったが、主演の北川景子、相手役の中村倫也をはじめ、毒母を演じた木村佳乃も、それまでの彼らのイメージと違った意外性マックスが素晴らしかった。(特に木村佳乃!でもこの人、時々毒母の役やっているかな・・?)
そして窪塚洋介がふつーの人のいい夫を演じていることに感動すら覚えた。私の中で窪塚洋介は、ちゃらんぽらんだったり普通に見えて実は根性が歪んでいるという役のイメージが強かった。その彼が、どこをどうとっても”いい人”を演っているのが新鮮で、前半はそこから目が離せないくらいだった。

 

臨床心理士の由紀(北川景子)は、父親を殺した動機がわからない、という環菜(芳根京子)に接見し彼女の心を探るうちに、自らが抱えるトラウマと向き合うことになる。環菜の国選弁護人となった、由紀の義弟の迦葉(かしゅう/中村倫也)と共に、環菜の過去を調べる中で、環菜が思春期に受けた両親からのありえない心理的虐待などを知ることになる。同時に由紀のトラウマや迦葉と由紀の過去、夫の我聞(窪塚洋介)の馴れ初めなどが描かれる。

終盤、由紀が心優しい夫我聞に自身のトラウマや迦葉との過去を打ち合け号泣するシーンがある。カタルシスにもとれるそのシーンで北川景子の顔が号泣しすぎてぐしゃぐしゃにもかかわらず整っている・・・それを優しく抱きかかえる窪塚洋介が、きっと(北川景子、顔が涙でぐしゃぐしゃなのにカワイイ・・)って思ったんじゃないかと、余計なことを考えてしまった。しかし邪念の中でも、このシーンの北川景子の泣きの演技は素晴らしいと思った。

子どもにとって親の存在がいかに大きいか。両親を含み大人から護られるべき子どもが、性の対象や所有物のように扱われたりする事実。彼らが受ける心の傷の深さを改めて思い知った。

なかなか重いテーマだったが、写真家でもある我聞の個展で飾られていた異国の父娘の写真、そしてもう1枚の家族写真に救われる。

最後に、「ファーストラヴ」のタイトルについて考えが及んだ。何のことを、あるいは本作のストーリーの中でどの部分のことを言っているのだろう。環菜と由紀にはそれぞれ”初恋”と呼べる過去が描かれていた。そのこと?いや違うような気がする・・。原作を読んだらわかるのかなあ。

 

オマケ:「コタキ兄弟と四苦八苦」感想は、-7まであります・・

www.mitsumame.work

[http://にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村:title]

 

[http://映画評論・レビューランキング
映画評論・レビューランキング:title]

 

窓の外が気になる久喜:春の陽気に誘われて

私が仕事をしている部屋でいつもくぅくぅ寝ているばかりの久喜だけれど、今日は明るく温かい窓の外を見て、カリカリカリカリ開けろと言う。

開けると外に向かってワンワン威嚇。久喜としては散歩中のどこかのワンコに向かって因縁をつけているようだ。うるさくて仕方ない。

仕方ないからお膝にだっこしてパソコンに向かっていたら落ち着いた。

まだ、2月というのに今日の暖かさには危機を感じます。いったい夏はどうなるんだろう・・


今夜から明日にかけてまた真冬に戻るんですと。皆さま、寒暖差に気をつけましょう。

f:id:xuse:20240220223320j:image

 

[http://
ペットランキング:title]

 

[http://ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村:title]

 

 

 

「おっさんずラブ - リターンズ -」- 11:”余命1カ月の家政夫”で、妄想が膨らむ・・・

ひょっとしてこのドラマは、おっさんたちのバタバタ・アタフタした恋愛コメディの態で、実は今の日本に”新しい家族”の形を提示する、崇高なメッセージが込められているのではないか!!(←大げさ)

7話で、ちず(内田理央)の子どもを預かることになって子育ての大変さや家族の形に考えを巡らせた春田(田中圭)と牧(林遣都)。二人が交わす台詞にはさまざまな家族の形があり、そのほかのシーンでは家族を越えた形で身近な人を思いやる登場人物の姿があった。

シングルマザーのちずとその子どもを同じ家族として面倒をみようとする鉄平(児嶋一哉)舞香(伊藤修子)夫妻。

元夫=武蔵(吉田鋼太郎)の健康を心配する蝶子(大塚寧々)

怪我を負った菊之助(三浦翔平)の元に駆け付ける和泉(井浦新)

そして、8話の予告では”余命1カ月の家政夫”。武蔵が余命1カ月だとーーーーーー!!!!

これが、医者の見立て違いだったのか、で終わるかもしれないけれど(まだわからない)、そこに至るまでに号泣必至。姑根性で春田・牧の新婚生活に乱入し、時に二人のピンチを救ってくれる愛情深い武蔵の余命を知った春田や牧は、どのようにその事実に向き合うのか。

ここにきて、やっぱりおいしいところを持っていっているのは部長=武蔵=鋼太郎さんではないか、と思ってしまう。その滑稽さ、キュートさ、愛情深さがやはり際立ったものね。(その次は和泉=いずぽや=井浦新ね。春田を避けて走る後ろ姿が毎回最高だった!)

それにしても、子ども嫌いな牧が子どもの寝顔にふっと愛おしさを感じた瞬間は本当に尊かった。二人に子ども?有りよりのアリなのでは?
本当に勝手な願望だが、シリーズ3があるとすれば、それは春田と牧、二人が養子を迎え子育てするドタバタ・ホロリのコメディではないかと一瞬想像した。もし本当に武蔵が亡くなるならば、吉田鋼太郎は保育園で出会うパパ友として再登場。そしてはるたんにまた恋する役なのではとニヤニヤしながら考えている。
吉田鋼太郎は本作には欠かせないからね。

 

 

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]

 

 

「パレード」(2010年)-2:冷静になって、もう一度観ました

「おっさんずラブ」のシリーズ1で林遣都沼に落ちた私は、その後彼の出演したドラマや映画をあさりに漁って見まくった。

本作もまた、沼に落ちたてのころ観たせいで林遣都に寄りすぎた感想しかなかったのだけれど、改めて録画にあったのを観てみた。

 

シェアハウスしている若者4人プラス一人の物語。まだFacebook もXも広がっていない2010年に公開された作品にしては、今の若い人たちがSNSの中で作る友達関係を象徴しているように感じた。同じ関心ごとを共有し、その事については徹底的に一緒に楽しむけれど、その人のそれ以外のことは遠慮して触れないようしている。たとえ薄々知っていても。もちろん、若い人が皆とは言わないけれど、身近にいるZ世代の娘と話していると、本当にそう感じる。

私も長く、まあまあ深く付き合っているつもりの高校時代の友達のことをすべてを知っているわけでもないし、そういう意味では本作で、直輝(藤原竜也)が言った「誰も本当のあいつのことは知らない。それぞれ自分が知っているあいつが全てだ」というのも納得がいく。

シェアハウスの4人が、直輝の所業を知っていたかどうかは置いておいて、衝撃のラストからその後彼らがどうなるのか考えてみた。

「パレード」というタイトルが表すように、彼らの心地いい表面だけの付き合いは終わるのだと思う。なぜなら楽しい、見せ物であるパレードには必ず終点があり終わるものだから。

犯罪者の直輝は警察に出頭するだろうし、未来(香里奈)は、シェアハウスを出る、そして琴美(貫地谷しほり)は田舎に帰り、良介(小出恵介)は、田舎に帰ると言いつつ流されて東京で就職するのではないか。

サトル(林遣都)もまた公園での立ちんぼの生活に。

それにしても、キャスティング最高だな。林遣都はもちろんだが、(真面目で静かな!)藤原竜也、(軽くてチャラい)小出恵介、(恋愛依存で何も考えてなさそうな)貫地谷しほり、そして(ヤバい)香里奈。香里奈はわたしが観たなかで一番役にハマっていて良かったなあ。

本作の概要や林遣都についての感想はこちらで。

www.mitsumame.work

 

 

[http://にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村:title]

 

[http://映画評論・レビューランキング
映画評論・レビューランキング:title]