はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「おっさんずラブ - in the sky - 」-5

山崎育三郎が途中から投入され、これ以上複雑な男関係はないやろ!と思っていたが、なんのことはない、ポジションでいうと映画版の沢村一樹(=牧の上司・狸穴)の役どころのようだ。中途CAと思いきや、実は執行役員だった!という前回の話のラストで納得。

ミュージカル俳優の山崎育三郎をテレビで見る時は必ず歌を歌っていて、演技する彼を見たことがなかった。NHKで、岡田将生と落語のドラマをやっている時にちら見した程度だ。今回も人気者を投入すればいいってもんじゃないぞ、なんてちょっと斜に構えていたけれど、彼の登場で俄然、画とストーリーにレイヤーができた。

 

今回のおっさんずラブは、コメディ部分を主に吉田鋼太郎(黒澤キャプテン)が担っていて(鋼太郎さん、いよいよ役どころが‘’色物‘’であると自覚したのか、弾けぶりが半端ない)、田中圭(春田)は自ら千葉雄大(成瀬)に恋したせいで、今一春田芸の見せ場より、深刻な表情が多くなっている。そんな中、山崎育三郎(獅子丸)の力の抜いたおふざけ感がホントにいい。

 

ところで、ついつい新キャストの山崎育三郎に目がいきがちだし、四宮(戸次重幸)と春田の1週間お試し恋人関係の楽しさと切なさが話題になったわけだけど、前回の注目すべきシーンは、火鍋を挟んだ黒沢キャプテン・鋼太郎さんと、成瀬・千葉雄大の戦国武将然とした作戦会議のシーンではなかろうか。吉田鋼太郎とサシで丁々発止の台詞の掛け合い、千葉雄大、がんばってる!と思ったもの。しかもストーリー上でもこのシーンは重要で、成瀬は黒澤キャプテンに指摘され、やっと自分の気持ち、つまり四宮(戸次重幸)に惚れていることに気づいたのだ。

その後の成瀬と四宮の展開は切ないものだけれど、ここにきて登場人物全員の恋のベクトルがお互いに明かされ、残り2話でどのようにWrap upしてくれるのか!!今夜も見逃せません。

 

 

 

 

「スカーレット」 - 4

あれ?…… ?    林遣都がなんだかイケメンに見えなくなってきた。えっ?ええっ??!

ここにきて主人公、喜美子(戸田恵梨香)の気持ちと同様に、八郎(松下洸平)の方が気になる存在になってきた。

松下洸平ってこれまでもドラマなどに出演しているのを見たことがあったけど、全然カッコいい感がなくて、あっさりスルーしてきた。しかし、この朝ドラではその素朴さと笑顔のナチュラル感が実にいい。アーモンド型のつぶらな瞳もなんだか綾瀬はるかと同じで(目だけね)とてもチャーミングだ。

次の中村倫也だな、とおばばは確信するぞ。(実力、キャリアはあるけど認知されてなかったが、朝ドラでブレークする俳優という意味で)

 

さて、信作を演じる林遣都に戻るが、この人、ドラマの中で普通に歩いてこちらに向かっている顔は、きゃあっ🎵と黄色い声をあげたくなるほどカッコいいのに、信作として感情が動き、動作が伴ったとたんに、イケメンでなくなる。信作その人が喜美子(主人公=戸田恵梨香)に対してイケメンでもなんでもないので、表情もそんな感じになるんだろうな。

そういえば「おっさんずラブ」の牧凌太の林遣都を見るまでは、実は遣都をイケメンと認識していなかった。その前の「火花」も見ていたけど、うまいなーと思っただけだし、「精霊の守人」ではなんも思わんかった。(不覚!バカバカ私!)

さらに言うと、応援を始めてから観た「チェリー・ボーイズ」のクンニ役では、マジキモいと思ったくらいだ。(ファン失格!(>  <)

 

だけど、だけどですよ。

昨日の回、喜美子との腐れ縁を二人で認めあっている時、思わす徐々に笑ってしまった、信作遣都の笑顔!❤️💚💛にテレビの前のファンは悶絶したのではないだろうか?少なくとも私は撃たれました。ひゃ~?イケメンがダダ漏れてるーーー!

信作のファッションも出で立ちも、なんやら田舎の公務員そのもので(まあ、その通りなんだけど)、ダサダサ、ゆるゆるなんだけど、そんな信作なりきり演技の合間でイケメン笑顔を漏らしてくれる、やっぱり応援するしかない林遣都さんなのだ。

 

 

 

  

「いだてん」- 18

いよいよ最終回に向けてドラマは佳境に入った。

東京オリンピックまで2年を切った今回は、徳井義実の大松(女子バレーボール日本代表)監督に泣かされた。謹慎中の徳井だが、ここでは渾身の演技で魅せた。

ソ連に勝利し世界一となり、選手たちは"東洋の魔女"と呼ばれ称賛された。燃え尽きた大松は、2年後のオリンピックよりも選手の嫁入りに今度は精を出さねばと思っていたらしい。当時結婚適齢期の選手たちの親御さんに、娘さんをバレー選手として貸してください、と頼んで回った過去の放送回を思い出した。

そんなところへオリンピック事務総長を辞めさせられた田畑(阿部サダヲ)が発破をかけにきたという展開。

鬼と呼ばれた大松だが、選手を思う気持ちと選手との絆が、ベタな展開ではあるが熱く伝わった。

世界一になるまで、70勝するまで、どれほどの犠牲を選手も監督も、その家族たちも払ってきたのか。

"犠牲"という言葉を聞いて、先のラグビーワールドカップの日本代表を思い出した。国中が熱狂したあのパフォーマンスを出すためにどれほどの犠牲を払ったか、だからこそやれる。やった。というような言葉を少なからずの選手が口にしていた。

しかし、その犠牲を払うことを選択したのは選手自身なのだ。

東京五輪の女子バレーボールチームの選手たちも、自らが大松監督に着いていくことを選んだ。

安藤サクラの、もはやネタみたいな出で立ちと台詞がいい。少しとぼけた感じに見える顔と当時のパーマ頭で吹き出しそうになるのに泣けてくる。ここで選手役の女優は間違っても美しくキリッとしていてはいかんのだ。安藤サクラじゃないと。なんか意味不明に安藤押しになっているが、絶讚していることに変わりはない。

 

終盤に入っても低視聴率と揶揄されている今年の大河ドラマ。

オリンピックを招致するまでの苦労話、それに纏わる人間模様だけでなく、当時の時代の空気や、あまり知られていない事実(例えば、戦前開催されたベルリンオリンピックのマラソン日本代表が日本統治時代の朝鮮出身者だったことなど)をさりげなく挟んでいる。

2020年のオリンピック前の大河ドラマとして、上記のようなお題を盛り込んで脚本を書けと言われたとする。(勝手に言ってます。)その上、面白おかしい大河ドラマに作り上げるなんて、クドカン以外に誰ができただろうか?

「おっさんずラブ ― in the sky ―」-4

春田(田中圭)が先に成瀬(千葉雄大)を好きになっちゃったら、これまでの、男性から告られて狼狽 →困りながらも受け入れざるを得ない →困り果てながら悶絶する"春田芸"炸裂、という図式が成り立たなくなるではないか!!?と前々回の予告を見た時心配になった。

確かに、春田が成瀬に苦しい胸の内を告白するシーンは、本来の演技派、田中圭の実力を見た気がした。辛いよね、でも男っぽく衝動的に奪いたい →強引キス、みたいところが切実だった。

後から大後悔に苛まれるのもわかっていたはずなのに。で、春たん、マジメか?と思っていたら、別れたかつての妻子との再会とけじめをつけられた、しのさん(戸次重幸)がすっかりスッキリした顔で、あらためて春田に告白、付き合ってくださいって??

忍ぶ恋じゃなかったんかーい!?

ここで、キャプテンに次いでおっさんに迫られた春田、大ピンチ!→春田芸爆発。この緩急の演技ができるのが田中圭だよなあ、と改めて感心した。

 

一方で、娘が恋敵と知って身を引いた黒澤キャプテンは、娘が春田に振られたと知り、恋の炎に油を注ぐし、肝心の成瀬は、いったい誰のことが好きなの?と気になることしきり。

いよいよ読めない展開に、次回が待ち遠しい!

 

 

「シャーロック」-4

このドラマ、ゲストに私の好きな、あるいは出演していたらつい見入ってしまう俳優がほぼ毎回出演する。

前回は長谷川京子と谷村美月。その前は黒沢あすか。

長谷川京子は、ディーンと井浦新がW主演した現代日本版「レ・ミゼラブル」で、原作でのテナルディエ婦人という子悪党の役で登場し、そのあまりのはまりっぷりに目を見張った。夫のテナルディエを金子ノブアキが演っていたのもドンピシャで(私は)この二人のシーンがとても愉快だった!

そんな悪女がはまった長谷川京子が、今回の「シャーロック」でもなかなかの悪者ぶり。ちょっと悪い部分をあっさり描かれすぎて残念だったけど、彼女があの顔と衣装でいるだけで、黒幕感が出る。

谷村美月はめずらしく正当なOL然として登場して、最初誰かと思った。この女優さんも、何をやってもすっと役になじんで谷村美月という存在を消して登場するよね。素晴らしい。

黒沢あすかは、毎度いわくつきの役を圧巻にこなす。彼女が登場するだけで、シーンに厚みが出る感じが好き。1時間ドラマのゲストではもったいないのだけれど、テレビで見る限りは、そういう登場の仕方をする。最初発見したのは山崎賢人主演の「グッド・ドクター」の第2話で、高校生で妊娠した娘を持つ母親役だった。確か片方の足が不自由な感じで登場していた。なんかあの半分ファンタジーみたいなドラマの中で、一人リアリティを放っていた。とにかくそれから、偶然出演しているのを観る度に(お年柄母親役が多いのだけれど)、全然違う表現に驚かされる。

てな具合で本作、主演二人を放っぽってゲストばかりに注目してしまう。もちろんミステリー犯罪の主軸を担うのがゲストということもあり、間違ってはいないと思うけど。

 

ところで、本作でやたら台詞の多いディーン・フジオカ。天才的推理をどや顔で犯人に告げる時などの表情で眉毛をあげる時が結構あるのだけれど、その際の眉尻が下がった顔がミッキーマウスみたいで憎めない。そうかと思えば、誰かを見つめた時のチャーミングな目は相変わらずで、どんなにとぼけたやり取りを岩ちゃん(ワトソン役の岩田剛典)とやっていても、彼がいかにかっこいいかを再認識させられる。彼主演のドラマは、いかに彼がいろんな特技があるかを次々と繰り出していく傾向にあるんだが、そういう起用のされ方をする限り、彼は一皮剥けないのではないか、と老婆心ながらファンとしては心配してしまう。

www.fujitv.co.jp

 

 

 

 

「ピンポン」(2002年)

当時話題になっていたのに観ていなかった。友人が「ピンポン」の窪塚洋介は、ホントに素晴らしい!と絶讚していたので、今さらだけど観ることに。

 

いやあ、改めて私は観るべき映画の多くを見損なっていると痛感。窪塚を筆頭に、ARATA(井浦新)、中村獅童という当時はフレッシュな顔ぶれの上に脚本はクドカン!

面白くない訳がない。

鑑賞後、出演者、原作、原作との違いなど知りたかったのでググったところ、2016年のexiteニュースで、ペンネーム(?)死亡遊戯こと中溝康隆さんが書いた「漫画原作映像化の常識を変えた!映画『ピンポン』の偉大な功績」という記事にぶちあたった。

中溝氏は、邦画よりも洋画のほうが人気が高かった当時、本作が邦画の”暗さ”(マイナー感)を葬った!功績があると書いている。(詳しくは前述のタイトルからリンク先をどうぞ)

2002年と言えば洋画ではトビー・マグワイアの「スパイダーマン」が大ヒットした年で、映画館では「スパイダーマン」の吹替版と字幕版が半々くらいに上映されていたと思う。小学生くらいの子供も楽しめる洋画(ディズニー映画はあったけど)、ファミリームービー、また映画ファンでない若者が分かりやすい吹替版を観るデートムービーが、日本の映画業界に地位を得たのだ。若者にとっては、邦画・洋画というよりは”わかりやすさ””気軽さ”というのがポイントだったのだろう、ちょうどシネコンチェーンが全国に出店を加速し、地方でもショッピングモールに行けば映画館があるという現象、映画館での映画鑑賞がもはや都会人の娯楽ではない、地方の若者にも身近なデートアイテムとして再び台頭してきた時期だといえる。

さらに掘っていくと、2002年は邦画VS洋画の興行収入の割合で、邦画が底を打った年だそうだ。(詳しくはnippon.comサイトの記事、石山眞一郎氏による「邦画が洋画を逆転、日本映画市場に起きた”異変”」をどうぞ)そしてこの年以来、邦画は徐々に勢いを盛り返してくる。そしてついに2012年、映画館の興行収入において邦画が洋画を上回った。(前述石山氏の記事より)

「ピンポン」に関する記事を読んでいて、少し作品から脱線してしまったが、2002年という年は、映画業界にとってはちょっとしたマイルストーンだったわけだ。(余談だが2001年には記憶に新しい大ヒット作品「君の名は。」をもってして超えられない、300億円超の興行収入記録を持つ「千と千尋の神隠し」が公開されている。)

 

そんな年に当時若手として人気絶頂だった窪塚洋介、モデルとして活躍していたARATAを迎えて放った「ピンポン」。

前述の中溝氏によると、主人公二人、ペコ(窪塚洋介)とスマイル(ARATA)は、容姿、人物ともに原作漫画に激寄せしているそうだ。

撮影当時22、3歳の窪塚洋介の細くてポキポキした手足。全身で繰り出される、卓球を打ち合う迫力が劇画っぽくて興奮する。

あのオカッパ頭で、ジャンプして曲がった足の角度!表情、喋り方、体全てが、生意気で風変わりな卓球の天才を表していて素晴らしかった。何よりも真剣な表情をした時の黒目の深さと、睫毛の長さがちょっと神がかっていて美しかった。あー、なぜこの俳優をマークしていなかったか!自分のバカバカ。

 

一方のARATAは当時28歳ぐらいで、10歳以上若い高校生を演っている。笑わないからスマイルとペコにあだ名をつけられ、表情に乏しい役なのだが、女の子みたいな透明感があって、そのぼんやりと所在なげにただ佇む姿にも思わす引き込まれる。今でこそ、1番手の脇で光る存在としてよく出ているが、—そう!「宮本から君へ」の蒼井優の元彼役の井浦新の、優男にして性悪ぶりにはやられた!― こんな時代もあったのね。当たり前だけど。

とそこまで考えが及んで、はとと気づく。

本作でこんなに達者にペコを演じた窪塚洋介は、現在40歳だけど、どうしてる???テレビドラマに出なくなって久しいし、映画でもあまり見ない。私が今知る限りだと、マーチン・スコセッシ監督の「沈黙ーサイレンスー」で観たのが最後だぞ。

(あの窪塚も秀逸だった。「沈黙」の感想はこちらです。)

時々、インスタで家族の写真や俳優仲間(小栗旬とか)と写っている彼を見かけるが、今何して食ってんだ?Wikiで観ると、レゲエ歌手の肩書もあって、まあマルチに才能がある人なんだろうけど。

あれから更に表現者として豊かになっているだろう窪塚洋介を、映像作品で観たいなあ。と強く強く思った次第です。

とりあえず「GO」は観なきゃね。

ピンポン Blu-ray スペシャル・エディション

ピンポン Blu-ray スペシャル・エディション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」(2018年)

大泉洋だからこそ成立したのではないかと思われる、ボランティアに我がまま放題を言う筋ジストロフィーの主人公、鹿野靖明の憎たらしさと愛嬌と、そしてペーソス。

あの間延びした顔面と話ぶりは、憎めないよね、いや、一瞬憎めるんだろうけど、嫌いにはなれない。

そしてそれは鹿野靖明、その人も、憎めないという点ではそうなのだろう。

 

鹿野は24時間介護が必要な体にも関わらず、病院や家族に介護される生活でなく、自立した生活を選ぶ。本作は介護される彼と、彼を介護するボランティア達のドキュメンタリーの映画化だ。ともすればウェットになりがちなお話から"同情"という二文字を剥ぎ取り、介護という活動を通して赤の他人同士の感情がぶつかり合う。体が動かない人の介助、お世話をするというボランティア活動にして、自分との闘いに身を投じることになるボラ(ンティア)たちと、いのちへの欲求をどこまでも求め続けた鹿野靖明(主人公=大泉洋)との奇跡の邂逅。

鹿野のとの出会いを通じて成長するボラの医大生を三浦春馬、その恋人を高畑充希。大学に落ちたのに医大生と付き合いたくて、大学生のふりをする彼女を、高畑充希が等身大に好演。ちょっぴり計算高くて、でも可愛げのある今時の普通の女の子ぶりがいい。しかも鹿野に好かれつつ、障害者への同情など微塵もなく、すっきりハッキリ振るところもいいシーンだ。

一方、三浦春馬はテレビドラマや映画でしばらく観ていなかったような気がするが、ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」のドラッグクイーンで歌も躍りも、そして演技でも高く評価されている。舞台で一皮剥け、いつの間にか若手演技派となっている。本作では育ちのいい心優しい医大生を自然体で演っていたのだか、後半の泣きの演技が秀逸だった。勝手な推測だけど、あのシーン、ト書きに泣くとはなってなかったんじゃないかな。 そんな男の泣き顔だった。

 

鹿野靖明の生き様と、人を求める(愛する)純粋さにも驚かされたが、やはりメイン3人(大泉洋、高畑充希、三浦春馬)の演技の巧さに観賞後思わず唸ってしまった。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 [Blu-ray]

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 [Blu-ray]