< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「元彼の遺言状」:やっぱり月9だけに、面白かったよ!

食べることとお金が大好きな敏腕弁護士、剣持麗子に綾瀬はるか。その助手?で居候の料理人、篠田敬太郎に大泉洋。ハズレようのない主演2人、「ミステリと言う勿れ」の後の月9ということで期待して見始めたのだが・・。

少しセピアがかった画面や、ゴージャスな邸宅など、画面随所で感じられるこだわりと、さらに事件に至る原因がやや強引で、?そんな理由で?”というオチに至るまで、前作の「ミステリ」とを引きずっている?と勝手に感じてしまった。

やや期待外れと感じつつも、1話完結の事件の横に、そもそも篠田(大泉)は何者?という謎が早くから提示され、そのなぞ解きを見守るべく視聴を続けてきたわけだが。。。

最終回の一つ手前の9話のラスト、麗子(綾瀬はるか)の圧巻の長台詞で、私はそれまでのすべてのモヤモヤを水に流した。

 

麗子がなぜあそこまで金の亡者なのかは説明されていないが、正義感が強く、真実を追求することに貪欲であることは確か。そしてその真逆、金銭に執着がなく、人が困っていると自分のことはおいてでも、できることをしてあげる、というまるで妖精のような男の存在。殺人犯の濡れ衣を着せられても、”透明人間になって”逃げるしか能のない篠田。大泉洋の演じた篠田は、限りなく愛おしさに溢れている。だから麗子の元彼の栄治(初回で殺されてしまう生田斗真)が、篠田を正義感の強い敏腕弁護士の麗子に託したのだ。

9話で見事、篠田にかけられた容疑が晴れ、麗子と篠田の二人のコンビは続いていくよ・・、というほぼThe endのシーンを見終わった後、とてもハッピーな気分になった。篠田という、お金や人に執着しない、ミステリー小説を愛し、美味しいものを作って食べ、何かに縛られず自由に、(透明人間ではなく)まるで妖精のように生きている人間が、この世のどこかに存在するのではないかと思えてきたから。希望も相まって幸せな気分になったのだと思う。

 

最後に、「ミステリ」と決定的に違うのは、作品を覆う”湿度”だ。ミステリは主人公を含む、登場人物のバックグランドが非常に重く、湿っていた。一方本作は、主人公のバックグランドを多くは語らない。カラッとしていてドライ。綾瀬はるかと大泉洋の役作りも功を奏して、見ていて楽しい気分のほうが勝った。

www.fujitv.co.jp

 

 

 

 

 

何をか思う久喜

仕事をしている私のいる部屋で、いつもぐうぐう寝ているのに、その日は午後急に暑くなって、ベッドから抜け出し廊下に出た久喜。

階段を降りようか考えているのか、うなだれた後ろ姿が人間の背中みたい。


f:id:xuse:20220620210932j:image

 

後から気がついたのだけれど、しっぽが見えないから人間のおしりっぽいんだ!久喜のしっぽは何処に・・?

「アジアの天使」(2021年):同じ釜の飯を食う、ことの大切さ

好きな俳優の池松壮亮とオダギリジョーがW出演している、オール韓国ロケの石井裕也監督作品。オダギリジョーの外国語の台詞を操る能力に、再び感心する。

それにしても、ラストシーンの無言の食事のシーンは、温かくでパワフルで本当に素敵だった。
それまでの、どうにもこうにもならない登場人物たちの状況を、全員の力強い食べっぷりで明るい方向に向かうはず、と思わせてくれるのに説得力十分。あのシーンで少しクスっとして、ほっとした。

 

売れない小説家の弟(池松壮亮)は妻の病死をきっかけに、韓国で怪しいビジネスをしている兄(オダギリジョー)を頼って、一人息子(佐藤凌)とソウルに来る。その矢先に兄は、ビジネスの相棒に裏切られすっからかん。異国の地で何もないところから何かを始めなければならない状況に陥った兄弟は、とりあえず兄の思い付きでワカメの養殖云々・・と海岸の町を目指す。

一方ソウルでは、両親を早くに亡くした姉妹とその兄が身を寄せ合って暮らしている。姉(チェ・ヒソ)は売れない歌手だけれど兄(キム・ミンジェ)と公務員を目指す妹(キム・イェムン)を何とか養っている。事務所の社長の愛人だったが、契約を切られたと同時に縁も切れ、久しぶりに兄弟3人で両親の墓参りに行こうと電車に乗り、偶然再会した日本人の兄弟と旅することに。。

 

愛する人の死という喪失感を抱えたまま、うまくいかない人生にぶち当たり、怒りや愚痴を言う相手もおらず、一人でいると泣けてくる。自然と涙がこぼれる状況・感情に身をまかしている姉(チェ・ヒソ)のところに、なぜか毎回、言葉の通じない弟(池松)が現れる。彼もまた、どうにもならない寂しさと不安を抱えて、自分もほぼ涙目なのに一生懸命伝わらない言葉で彼女を慰める。彼は人前で泣けない。父親はめったに泣けないのだ。

 

韓国人三兄弟の兄のキャラクターがすごく魅力的だった。不器用で小市民なのだけれど、愛が深くて憎めない。キム・ミンジェのすねたような、はにかんだように笑った顔がすごく良かった。後で見たら「ビューティインサイド」にも出演していた!(「ビューティインサイド」の感想はこちら

そして、あまりのいい加減さで弟をイラつかせる日本人の兄(オダギリ)は、女好きでビール好きで適当なのだけれど、弟は自分が守るべき存在、と幼い頃から思っている兄貴面がこれまた憎めない。どうやら二人の”兄”は気が合うみたいだったし。

 

さて、「アジアの天使」というタイトルなのだけれど、本作で天使の存在は何を意味しているのだろう。
日本人の兄弟は子どもの頃、おっさんの格好をした天使に首をかまれた経験があるという。そして韓国人の姉は、同じような変な恰好のオジサン天使を見ることがあるという。

美しい姿で、愛を取り持ったり、甘い言葉や誘惑の言葉をささやいたりするわけではないけれど、オジサン天使の、その卑屈にも見える目でちらっとこちらを見る様は、やっぱり何か、”希望”みたいなものを示唆しているのではなかったか。「今どん底かもしれないけれど、もう少し生きてみな、オレが見ていてやるから」と言っているような。

言葉は通じなくても伝わるものはあるし、気の合う者はいる。
そして食卓を囲むことは、それに一役買うことに間違いない。
たとえ、オジサン天使を見た、という稀有な同じ経験がなくても。

asia-tenshi.jp

 

アジアの天使

 

 

 

 

「ゴッドファーザー」3部作:人生の光と影を鮮烈に描き切った名作

50周年記念で再々注目された本作を、恥ずかしながら初めて鑑賞したので、記録のために感想を書き留めておこうと思う。

 

イタリア系移民がアメリカで家族を守るために、多少手荒な真似をしながらもしたたかに生き抜いていく様を親子2代にわたって3部作で描いた大河ドラマ。

NYのマフィア、コルレオーレファミリーのお祝いごとのパーティシーンが華やかに開催される裏で、権力にすり寄り、利を得ようとする輩がいる。愛する家族と大勢の仲間に囲まれたハレの日には、かならずその後の不穏の芽が姿を現している。さあ、物語が始まる ― パーティシーンはファンファーレだ。

 

ヴィトー(初代ゴッドファーザー:マーロン・ブランド)も、ヴィトーの後を継いだ次男マイケル(アル・パチーノ)も、”ファミリー”を守るために時に冷徹な判断と行動をとるが、血の気の多いタイプではない。そして、できればことを荒げる必要はないと心の中では思っている。しかし、彼らの意に反して、物事は時に悲劇的な展開になる。

二人の”ゴッドファーザー”にとって人生は必ずしも思い通りにはならない。

街の祭りやパーティ、息子の晴れ舞台、そういうハレのシーンの最中に血なまぐさい計画が執行されたり、前後に悲劇がコルレオーレファミリーを襲う。そういうハレ(光)とケ(影)の演出が本当に秀逸。画面での光と影の使い方も素晴らしい。マイケルの、自分の描いた方向と違う生き方を思う、憂いに満ちた顔に当たる光、そして影。

最終話で裏家業から足を完全に洗おうとした2代目マイケルには、そりゃあもう、苦悩の挙句に悲劇しか用意されていないという衝撃的ラスト。人生は、ここまで思い描いたものと違うのか!

 

マーロン・ブランドの、そこにいるだけで”ゴッドファーザー”の貫禄と畏怖を与えるすごさは、言うまでもない。

ヴィトーの若かりし頃を演じたロバート・デニーロは、ゴッドファーザーが持つもう一つの顔、したたかでキュート面を見せてくれて甘くセクシーだった。

そして老境に入ったアル・パチーノの苦悩するゴッドファーザー!その前に、若かりし頃のイケメンぶりを書き忘れるな!(私の中ではっきりと記憶にある最初のアル・パチーノは「エニイ・ギ「エニイ・ギブン・サンデー」の老獪な監督役、小柄でだみ声のオジサンだったのだからその衝撃はいかに!「エニイ・ギブン・サンデー」の感想はこちら

3部作通して、やはりアル・パチーノの演技のすごさが印象に残った。思わず、アル・パチーノをググってWikiで見て、彼がアカデミー賞主演男優賞を受賞した「セント・オブ・ウーマン」を観てみなきゃという気になっている。

 

人生の光と影をここまで鮮やかに、残酷にカッコよく描いた作品も、あまりない。

 

 

 

 

 

「京都人の密かな愉しみ Blue修業中 送る夏」:林遣都、めずらしく茶髪で登場

見逃したと勝手に思い込んでいた、本シリーズの「送る夏」。
NHKオンデマンドで6月末まで無料視聴できるということで、さっそく見た。
そしたら、なんと!これ視聴済みでした。なぜかブログに書いてないのだけれど。

 

釉子役が相楽樹で、2017年9月に放送されたもの。今から5年前ということで、鋭二役の毎熊克哉が細マッチョの極みで、めちゃくちゃカッコいい。鋭二の師匠のタエさん(江波杏子)も健在、そして農家のおばあちゃんなのに1番きれいだ。

鋭二が出てくるシーンに、テーマ曲のメロディがチェロの演奏で流れることが多く、京都のはずれにある、山々に囲まれた有機(京)野菜農家の風景によく似合う。

先日完結編を見たので彼らの成り行きもわかっていて、まるで彼らに代わって過去の青春を振り返っているような不思議な感覚だった。

 

そして本作では、幸太郎役の林遣都は、カラコンに軽く茶髪なんだな、これが。母親の店に来たイギリス人に初見では外国人と見間違えられているという設定だからかな。本シリーズでも、ほかの回は茶髪・カらコンとは思わないのだけれど。
茶髪の遣都を見るのって珍しいけれど、(「パレード」の時は金髪だった)正直、似合っていてとてもいいです!

5年前は、5人は修行の真っただ中。悔しかったり、へこんだり、怒ったり。。悪戦苦闘して、職人として一つ上を目指そうとする姿に好感が持てる。

 

「送る夏」は、京都の大文字焼きの始まりから終わりまで、ドキュメンタリーで見せてくれ、鋭二がその中に手伝いとして入り込んでいる。

故人の魂がこの世に帰ってくる日本のお盆。まだこの世に生きている者が故人を忍び、故人と魂の交流を果たす夏。
それぞれの思いに劇伴が寄り添っていて心に染みる。
故人がいたからこそ、今の自分があるという想いと、生きていることに精進しようという思いが静かに湧き上がるような気がした。

 

※2022年6月30日まで無料で視聴できます

www.nhk-ondemand.jp

 

 

 

「京都人の密かな愉しみBlue修行中 門出の桜」:完結編にスタンディングオベーション!

このシリーズ、毎回見るたびに素晴らしいと本当に思う。

映像の美しさだけでなく、音楽も美しい。

ドラマの中に、京都の美しさや京都人のこだわり、食を紹介するミニ料理番組まで挟み盛沢山だ。ドラマの筋を真剣に追っていると、箸休めみたいな小休止がはいる感じで、集中が途切れると思われるかもしれないが、逆にその小休止が登場人物たちに時間が流れ、彼らが成長し変化していることを教えてくれる。
彼らの心の変化をそんなに細かく説明しないから、俳優の力量も問われるというものだが、本作に出演しているすべての俳優さんたち、本当にうまい。本作で好きになった毎熊さん(鋭二)とか、趣里さん(葉菜)とか。そして最終回では、吉岡里帆さん(釉子)、すごく良かったです。(実は演技している吉岡さんを初めていいと思った作品です)

 

庭師(幸太郎=林遣都)、京野菜農家(鋭二=毎熊克哉)、パン職人(葉菜=趣里)、陶芸家(釉子=吉岡里帆)、板前(甚=矢本悠馬)たちが、それぞれの師匠から旅経つ桜の門出。これまでは厳しい顔をした師匠たちだったが、今回は静かで優しい表情が印象的だった。特に幸太郎の師匠の庭師の清兵衛(石橋蓮司)。石橋蓮司と言えば、強面でヤクザの親分や黒幕の印象が強いけれど、本作の最終回では本当に優しい顔をしていて、これまでと印象ががらっと変わってしったほど。

葉菜と染物職人の父親(上杉祥三)、葉菜とパン屋の師匠(甲本雅裕)のやり取り。

寡黙だけど優しく誠実な鋭二の佇まい、師匠のタエさん(江波杏子)への想い。

釉子と陶芸家の巨匠(!)の父親(本田博太郎)とのコミカルなやり取り。(本田博太郎がロボットみたいな動きで、釉子と掛け合うシーンはめちゃくちゃ面白かった!)

板長(岡田浩暉)の甚への愛情、そして甚が想いを寄せる女将(高岡早紀)の孤高の美しさと粋。

こうして挙げてシーンを反芻していると、俳優さんたちの表情や佇まいが脳裏にはっきりと描かれ、同時にすべての登場人物を愛おしく思う。

前作までちょっとマイペースでお調子者、優柔不断なところがある印象だった幸太郎の成長も目覚ましい。師匠とのやりとりも、以前にあった”ちゃかちゃか”した感じや、薄っぺらい感じが吹っ飛んでいて、庭の木々や花々を観察し、思慮深く世話をしている様子が伝わってくる。遣都の落ち着いた演技が好きだなー、と改めて思った。

そして、なんとも素敵な予定調和なエンディングだこと!

皆まで言いませんが、もう本当にこちらもハッピーで大満足。もう1回、いや定期的に見直したい作品だ。

 

www.nhk.jp

 

本シリーズの感想、よろしければどうぞ。

 

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]