< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

ドラマ

「オリバーな犬、 (Gosh!!) このヤロウ」:衝撃&大喜び!オダギリジョーのシェパード着ぐるみ姿

池松壮亮扮する鑑識課警察犬係の一平とバディを組むシェパード、オリバー。周りからは警察犬として名犬だった親の血をひく優秀な警察犬と思われているが、一平の前では、ぐうたらなエロオヤジの姿になる。その姿が着ぐるみを着たオダジョーというわけだが…。…

「押しの王子様」- 2 :ラブコメのはずが、切なく真面目な恋模様・・・。

あれあれっ、予想外に主人の女性社長泉美(比嘉愛未)と、彼女が育てた”だめ”イケメン航(渡邊圭祐)の恋はすんなり成就しないぞ。 会社にとってなくてはならない存在、デザイナー兼プランナーとして活躍するまでになった航は、イケメンかつできる男となり眩…

「ナイト・ドクター」-3:ツンデレ、苦悩する田中圭がみられます

今週回は、田中圭扮する成瀬の決断に心動かされた。 優秀な脳外科医でありながら、患者とのトラブルを機に脳外科の一線を追われナイト・ドクターになった彼。最前線で働く後輩に知識・技術で追い越され、悔しさを隠せない。そんな中、夜の急患で脳外科手術が…

「ナイトドクター」- 2:”キンプリ”岸君、なかなかいいです。

今回(第6話)ほど岸優太演じる深澤を応援した回はない。て言うか、岸君(キンプリ:King &Prince)、演技上手いわあ。あの「VS魂」のオトボケ岸君であることを忘れて(やっぱりポンコツではあるけれど)、内科医・深澤の苦悩する姿と、一歩前に踏み出した…

「押しの王子様」:キャッチ―なタイトルに反して

当初、深キョン(深田恭子)とおディーン(ディーン・フジオカ)の共演ということで、私がディーンを必死で追っかけていたころ見た「ダメ恋(ダメな私に恋してください)」の再来!テッパンのラブコメ!!とちょっと楽しみしていた。しかし深田恭子が降板す…

「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」:面白さでおススメします

戸田恵梨香と永野芽郁のW主演のコメディなんて、それだけで面白そう!たぶん私の中で「俺の家の話」で「じゅじゅー」とシナをつくっていた戸田恵梨香の残像があったから。1話は見逃したものの2話から視聴。そして期待通りの面白さ。 「あのキス」(「あのと…

「青天を衝け」-4:タイトル通りの爽快さ

幕末ものは血なまぐさい。坂本龍馬、新選組、薩長同盟、西郷隆盛、白虎隊、五稜郭・・・誰に、どこに光を当てようと熱き血が・・・、飛び散る。今まで結構幕末ものを読んだり、観たり、見たりしてきたが、その権謀術策と陰惨さ、そして悲惨に人が死ぬ様に辟…

「あのときキスしておけば」(2021年4月 テレ朝 金曜ナイトドラマ):外見を超越した究極の愛

何かをきっかけに魂が別の人の体に乗り移って、もしくは入れ替わって・・、という見た目と中身が(だいたいは性別も)違ってしまうコメディ要素たっぷりのドラマは結構ある。この前、一生懸命見ていたTBS日曜ドラマ「天国と地獄~サイコな二人~」(綾瀬はる…

「ナイト・ドクター」:既視感満載だが、、面白くなってきたよ

初回を見た時、石原さとみの少し前の連ドラ「アンサング・シンデレラ」の続編を見とる??と思った程、オープニングといい、田中圭を含む群像といい既視感があった。医療系ということで、色こそ違えど制服も似た感じのデザイン。そして田中圭のキャラクター…

「ドラゴン桜」-4:視聴者の期待に120%応えた最終話

後半、坂本(林遣都)の裏切りが明らかになってきたが、今の林遣都が悪中のワルを演るかなあというファン心理と、桜木(阿部寛)に、学園売却計画を知らせたメールは誰が?という疑問が残っていた。 そして最終話、5人の東大合格者を出し理事長(江口のりこ)の退…

「コントが始まる」-2:”コント”、全然面白くなかったのに見続けたわけ

菅田将暉(春斗)、仲野太賀(潤平)、神木隆之介(峻太瞬太)のコントトリオ「マクベス」が10年経っても芽が出ず、ついに解散を決意。それから解散までの3か月間、夢破れた若者の焦燥感やリアルな選択を等身大に描いた本作。毎回オープニングでその回のテー…

「ドラゴン桜」-3:林遣都(坂本)って、悪者なの??!

前回のドラゴン桜。久しぶりに遣都演じる東大卒のIT会社社長、坂本が登場。桜木(阿部寛)の右腕の水野(長澤まさみ)の後輩という設定で、初回では行方不明だった桜木を探し、何かと水野が頼っている人物ということだったが・・・。 坂本の会社に、かつて桜…

「イチケイのカラス」-3:私の中では1番ハマったキャラの黒木華だった

少し遡るが、書記官役の中村梅雀の視点で描かれた回は、さすが!梅雀、円熟のええ仕事してるわあ、とニヤニヤしながら見た。そのあたりから、黒木華扮する坂間千鶴が、入間(竹野内豊)の真似をして「うぉっふぉ」と小さく低く相槌のような、感嘆句を吐くよ…

「大豆田とわ子と三人の元夫」-2:とわ子と八作とかごめの関係について考察してみた

毎回、松たか子=大豆田とわ子が着る、華やかで上品なお洋服を楽しみに見ている。キャリアを認められて就いた女性社長の、気張らない余裕があって、ホント素敵。松さんならではのキチント感と華やかさがいいなー、着てみたいなーと思う。(手が出せないだろう…

「青天を衝け」-3:予想通りの号泣回

5月30日放送回を時間通りに見られなかった。号泣必至、家族が近くにいる時は無理だ。そして私が見ようが見まいが、円四郎(堤真一)は暗殺されるのだけれど、少しでもそれを(見るのを)送らせたかった。 そして、昨日録画したものを見て衝撃を受けそのまま…

「青天を衝け」-2:3人のコントにニヤニヤがとまらない

タイトルに書いたことは某局の連ドラの話ではない。日曜8時の大河ドラマの話だ。 栄一(吉沢亮)、喜作(高良健吾)、円四郎(堤真一)、この3人のやりとりが、もはやコントに見えてきた。 円四郎が栄一、喜作に、武士らしい名前をそれぞれ「篤太夫」「成一…

「青天を衝け」:これから視聴参戦。公式ページのクールさに今さら感心する

前作「麒麟がくる」に相当やられていたので、すぐに切り替えられなかったのだが、ちらちらとは見ていた「青天を衝け」。オープニングのオーケストラを背景にした群舞に知り合いの妹さんが出演していることもあり、オープニングから見逃せない。 徳川家康を草…

「ドラゴン桜」- 2:気づいたら林遣都、出とらんやんけ!?

今回、冒頭で桜が校庭に植えられた。「ドラゴン桜」と書かれた札。 いよいよ始まるー。伝説の東大合格に向けた授業! 前作を見ていないけれど、噂に聞いたその特異な勉強法、真っ当で説得力のある勉強する理由を語る阿部寛(桜木)。(一緒に見ていた娘にも少し…

「ST 赤と白の捜査ファイル」(2014年連続ドラマ): 林遣都の過去と未来の共演者を振り返りながら楽しむ

映画版を観て書いた感想を読み返したが、映画版よりも連続ドラマのほうが見応えがあった。全10話を三日間位で一気に視聴。 "Scientific Taskforce、科学特捜班"通称STは、突出して秀でた才能を持つ変わり者の集まりだ。対人恐怖症で口の悪い天才法医学者の赤…

「イチケイのカラス」-2:"月9”の豪華さを楽しもう!

竹野内豊(主人公の変わり者の裁判官、入間みちお)が「Y(ワイ)ってる?」と、どちらを選択するかの分岐点に立っている真剣佑(書記官の石倉文太)に聞いた時、まるで「素敵な選TAXI」の枝分(えだわかれ:竹野内扮する主人公)やん!と思った。この回、や…

「QP」(2011年):日テレ深夜枠30分ドラマ、三池(崇史監督)色光るヤバ過ぎるヤクザの世界

Huluの期間限定サービスで林遣都出演作品「QP」「美丘」「ST-赤と白の捜査ファイル」(ドラマ版)が見られるということで(5月9日まで)、「美丘」以外は未視聴のため早速アクセス。 町のヤクザ同士の攻防を描き、頭を取ることに執着した非道な人たちの生…

「コントが始まる」:有村架純の”推し”愛とオタク姿が笑える

個性・演技、勢い、どれをとっても何の不安もない盤石のキャスティング。菅田将暉、神木隆之介、仲野太賀の同い年の俳優3人が、お笑い芸人”マクベス”を組み、コントで笑いのてっぺんを目指している若者を演じると聞いて期待しないわけがない。 初回、10年続…

「ドラゴン桜」:林遣都の出演、なんでサプライズやったん??!

ぎゃっっ!メチャクチャ慌てたー。全く見るつもりのなかった「ドラゴン桜」。16年前の連ドラも見ていないし、なんか今の時代に「東大に行け!」なんてピンとこなくて。 しかし、いつもいつも丁寧に林遣都情報をお知らせしてくれる(アイコンが)「マル遣」さん…

「大豆田とわ子と三人の元夫」:元夫たちに振り回される松たか子の困り顔が秀逸

ものすごーく楽しみにして見始めたこのドラマ。 初回見た時、想像もしていなかった伊藤沙莉のナレーションが絶妙で、それを成立させる松たか子の顔芸(もはやそう呼べるレベルの表情筋の柔軟さ!)がおかしくておかしくて…。 3回結婚して3回離婚したとわ子(松…

「イチケイのカラス」:黒木華の堅物裁判官のギャップ萌えに注目!!

過去にワケありで弁護士から裁判官になった入間(竹野内豊)。 東大卒、熱い正義感はあるが冗談の通じない堅物の若手エリート裁判官の坂間(黒木華)。 この二人が、黒い法衣に身を包んで、事件の真相を追及する法曹ドラマ。 マイペースで、正しい判断のためなら…

「俺の家の話」- 6:クドカンにやられたー!

えええー!介護されていたオヤジ(西田敏行)が亡くなるんじゃなくて、そっちぃ(介護していた長男、寿一=長瀬智也)?? お陰で今最終回のプロローグ、オヤジ(能楽の人間国宝=西田敏行)が脳梗塞の死の縁から甦って、みんなで食卓を囲むシーンの違和感がわかって…

「天国と地獄~サイコな二人~」- 4 : 登場人物、演じる俳優ともいい仕事してます!文句なしのエンターテインメント

面白かったーー!!! 最終回、怒涛の本気の走りを見せた綾瀬はるか(望月刑事)、ブラボー!!!スタンディングオベーションを贈りたい! 全ての罪を被ろうと鉄壁の嘘の供述をする日高(高橋一生)を救おうと、望月はじめ敵対するはずの警察組織が一丸となって…

「GIRI/HAJI (DUTY/SHAME)」Netflixドラマ:Season2がキャンセルですと?!

東京のヤクザの抗争とロンドンのマフィアが牛耳る裏社会を、チンピラの勇人(窪塚洋介)が媒介したことで、どんどん話が複雑かつ大ごとになっていく。勇人の兄で刑事の健三(平岳大)は、以前東京で弟の過ちの尻拭いをし、今度はロンドンで殺人を犯した彼を捕ま…

「あなたのそばで明日が笑う」「ペペロンチーノ」:東日本大震災 関連ドラマ

東日本大震災から10年目の春となる今年、NHKの2つの震災関連ドラマを見た。 一つは「あなたのそばで明日が笑う」(綾瀬はるか&池松壮亮) もう一つは宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」(草彅剛&吉田羊) 前者は、津波で行方不明になったままの夫(高良健…

「俺の家の話」- 4:泣きながらやっても、笑いながらやっても介護は介護

元嫁とは親権を争い、弟とは彼女を争い、異母兄弟とは家督を争うことになる主人公寿一(長瀬智也)の苦境が気の毒で、そして可笑しい。 長瀬智也をこれまで”俳優”と思ったことはなかった私だが(TOKYOというアイドルグループのメンバー、どちらかと言うとミ…