はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD」-6

「ザ・テレビジョン」の貴島プロデューサーのインタビュー記事を読んだ。

「終わらないドラマはない」って。

”おっさんたちのラブ・バトルロワイヤル、ついに完結!”ってあったもんね。

でもその通りだと思う。ドラマがあまりに美しく終わって、その後映画化の話があって、なんか不安と期待で公開日を迎えて、やっぱりファンを裏切ることなく最高に楽しいものをくれて。。

なんかもう十分です。(涙)

スタッフの方たちにも、そして全身全霊で役に取り組んでくれた俳優陣にも感謝しかない。

 映画版では出番が少なかったマロ&蝶子さん、武川主任、ちず、鉄平にい&まいまい、皆さんきっちりドラマから1年後を生きていて、蝶子さんの変わらない天真爛漫なリアクションなんて、観ていて嬉しいというか不思議な安心感さえ覚えたくらいだ。

 

”おっさんずラブ”は完結しても、携わった皆さんが言うように最高のチームワークだった本作。いっそこのOLチーム(プロデューサーや脚本家、監督、スタッフ、役者陣など)を一つの劇団と思って、また同じメンバーで、別の作品をやってはどうでしょう?

客演を迎えてやったり、役のポジショニングを変えてやったり。まったく同じメンバーでなくていいから別企画で連ドラをやって欲しいなーと思うわけです。

テレ朝さん!どうでしょう?

ossanslove-the-movie.com