はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「パーフェクトワールド」-2

評判がいいので、久しぶりに見てみた。

キュンキュンするような王道のラブストーリー。二人の前に立ちはだかる壁、間に入ってくる恋敵。そして美男美女で性格の良い主人公2人。少女漫画か!(原作は漫画ですね。)

 

山本美月の揺れる女心を映すきれいな瞳よりも、「きのう何食べた?」でサッポロ一番を作りなから「バター、どーん!」と投入していた内野聖陽に心をわしづかみに(?)された私の目は腐っているのか?

 

松坂桃李を見続けるのが、個人的にちょっとひっかかるものがあり、続かない。でも彼は文句無しに良い。オタクらしくするためか、少しポッチャリな瀬戸康史も興味深い。

「パーフェクトワールド」、世間で大いに盛り上がってほしい。