はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

宮迫たちの会見

宮迫博之と田村亮が、闇営業をやってしまった上、反社会的勢力からギャラを受け取ったことについて謝罪会見したのを見た。

宮迫はすでに吉本との契約が解消され、亮は謹慎中ということで、この期に及んでは失うものはないと、腹をくくって臨んだ会見。本心から謝罪し、こんなに謝罪会見が遅くなったのは、会社=吉本興行のせいなんです、とばかりに事細かく自分が所属していた会社とやりとりを再現して見せた。

そのことを記者から「会社のことを暴露しているところがあるが、吉本興行に対してどう思っているか」と問われた際、「こんなあほな自分を30年間も面倒を見てくれて、感謝しかありません」と声を詰まらせた時には、思わずもらい泣きしてしまった。TV番組でもこの会見を紹介しつつ、ワイプの中で芸人仲間が涙していた。

しかし、その一方の吉本興業から見たらどうだろう。

まさに飼い犬に手を噛まれた心境ではないか。そもそも闇営業をされた時点で、事務所を通さずギャラをもらっているのだから会社としては損失だ。その相手が反社会的勢力だったことで、事務所のマネジメントはどうなっているのかと叩かれているさ中、芸人に対する決定的パワハラの事実を暴かれてしまったのだから。

2人の会見2日後に、パワハラ張本人の岡本社長が記者会見を行った。それも松本人志(岡本社長は、以前ダウンタウンのマネージャーだったそうだ)と東野幸治に直談判で説得されてというから何とも情けない。それよりも何よりも会見そのものが、とんだ茶番に見えたのも滑稽だった。

いっそ会社は会社としての立場と利益が優先であることを、堂々と開き直って言ってほしかった。宮迫と亮に世間から、芸人仲間から同情が集まることを日和って、朝令暮改で処分撤回とは。

2人が闇営業、反社会的勢力から金を受け取った罪はどうなったよ!!(すでに社会的制裁を受けているかもせれないが、あの会見で彼らに同情が集まり、そこの発端部分が水に流されるべきではない。)

普通の企業でも、こういったルールを破ったら懲戒免職になるんじゃないかな。(ちょっと罪のレベルがわからないので言い切れないけど)概要だけ見れば、未熟(?)な会社内での従業員の過失および会社のブラック企業ぶりの露呈というところなので、これ以上つき合うつもりもないけれど、何だか芸能界の甘い体質が見えてゲンナリした。こぞって総力取材するマスコミにも。

この間のジャニーズ事務所のジャニー社長が亡くなったときの美談(忖度)放送と内容としては真逆だけど、芸能界とマスコミの共通のイヤな部分が垣間見られた。