はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「おっさんずラブ - in the sky - 」-5

山崎育三郎が途中から投入され、これ以上複雑な男関係はないやろ!と思っていたが、なんのことはない、ポジションでいうと映画版の沢村一樹(=牧の上司・狸穴)の役どころのようだ。中途CAと思いきや、実は執行役員だった!という前回の話のラストで納得。

ミュージカル俳優の山崎育三郎をテレビで見る時は必ず歌を歌っていて、演技する彼を見たことがなかった。NHKで、岡田将生と落語のドラマをやっている時にちら見した程度だ。今回も人気者を投入すればいいってもんじゃないぞ、なんてちょっと斜に構えていたけれど、彼の登場で俄然、画とストーリーにレイヤーができた。

 

今回のおっさんずラブは、コメディ部分を主に吉田鋼太郎(黒澤キャプテン)が担っていて(鋼太郎さん、いよいよ役どころが‘’色物‘’であると自覚したのか、弾けぶりが半端ない)、田中圭(春田)は自ら千葉雄大(成瀬)に恋したせいで、今一春田芸の見せ場より、深刻な表情が多くなっている。そんな中、山崎育三郎(獅子丸)の力の抜いたおふざけ感がホントにいい。

 

ところで、ついつい新キャストの山崎育三郎に目がいきがちだし、四宮(戸次重幸)と春田の1週間お試し恋人関係の楽しさと切なさが話題になったわけだけど、前回の注目すべきシーンは、火鍋を挟んだ黒沢キャプテン・鋼太郎さんと、成瀬・千葉雄大の戦国武将然とした作戦会議のシーンではなかろうか。吉田鋼太郎とサシで丁々発止の台詞の掛け合い、千葉雄大、がんばってる!と思ったもの。しかもストーリー上でもこのシーンは重要で、成瀬は黒澤キャプテンに指摘され、やっと自分の気持ち、つまり四宮(戸次重幸)に惚れていることに気づいたのだ。

その後の成瀬と四宮の展開は切ないものだけれど、ここにきて登場人物全員の恋のベクトルがお互いに明かされ、残り2話でどのようにWrap upしてくれるのか!!今夜も見逃せません。