はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「おっさんずラブ -in the sky - 」- 6

田中圭(春田)ほか、登場人物の涙腺が崩壊している。(吉田鋼太郎(黒澤キャプテン)除く。)

ここで泣くの?このドラマを見ていてよく感じる疑問だ。男の人ってこんなに泣く?ともよく思う。

しかしそこで思い当たるのが、山崎努が「俳優のノート」で書いていたことだ。日常で人は簡単に気が狂ったり、激怒したり、号泣したりしないからこそ、舞台や映画で俳優が魅せるそれらを観てカタルシスを経験できる、というような内容だっと思う。(もう少し正確に紹介したかったのだが、本のどのページに書かれていたか見つけられなかった。そのため、私の理解した内容として紹介させていただいた。)

 

なるほど。人を好きになると、確かに泣けてくることがあるよね。その"好き"という思いを、ガッツリ受け止めても、受け入れられない時、涙って出るのかもしれない。

繰り返すけど、このドラマ、やたら俳優が涙ぐむシーンが多い。

本気で四宮(戸次重幸)を好きになって"どうしていいかわからない"と泣く成瀬(千葉雄大)に至っては、中学生じゃないんだから!と言いたくなる純粋さと幼さを感じた。成瀬、パイロットとして働く立派な大人なんだよね?と、思わずつっこみたくなる。

… … …。ま、いいや。

とにかくおっさんたちが繰り広げる"純愛ドラマ"なんだし、そこにコメディ要素まで盛り込んでもらって、我々視聴者はかなり楽しませてもらってる。多少の個人的違和感など横に置いておこう。もはや、純粋に人を思って涙した頃から相当の年月が経った者としては、ドラマの中で彼らに泣いてもらうことで、こうしてあの頃の気持ちを記憶の底から引っ張り出せたりするのだから。

いよいよ今週末が最終回。春田と成瀬は結ばれるのか??!!