はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「スカーレット」-14

"箸休め"ウィークは喫茶SUNNYで、主人公喜美子(戸田恵梨香)の幼馴染み、照子(大島優子)、信作(林遣都)それぞれの夫婦のカタチを描く展開。と、思いきや、何のことはない、これまでのお話の振り返りだった。回想シーンにしてはかなりたっぷりめで、本作の展開の早さを補完するみたいにストーリーを復習できた。

それにしても林遣都がミジンもイケメンに見えない。おもろいおっちゃんに徹してるわあ。

 

このSUNNY week、これから終盤にかけて予想される、たぶん号泣必至の展開前の一服なんだろうな。なんか、ここで見るのを止めたくなるような悲劇の予感。

お医者さん役の吾郎ちゃん(稲垣吾郎)の登場が悲しい。(いや、吾郎ちゃんはいいんどけどね。)