< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

実家にて:クロネコヤマトのペアのマグカップ

父が母を老々介護している郷里に、月1回帰省している。

 

毎朝、母と自分のトーストとコーヒーを用意する父。昔母がしたように、このペアのマグカップにインスタントコーヒーをたっぷり注ぐ。

どれだけ、宅急便を使ったらこのマグ2つもらえるのだろうか?

私が家を出て大学に通いだしてから、そして姉が結婚してから、そのかなり後に私が結婚してからも、両親は米を中心に季節のフルーツや父が石臼でついた餅、お中元やお歳暮でもらったゼリーやお菓子など、ありとあらゆるものを月1回とは言わないけれど、年に何回も送ってくれていた。母は段ボールに隙間なくものを詰める達人になっていた。

娘たちへの愛情の記念品みたいに、欠けることもなく何十年もカップホルダーに仲良くぶら下がっているマグ。きれいに洗って掛けておく。

これがまだしばらくは現役で使われ続けますように。

 

f:id:xuse:20220505004744j:image

 

※「クロネコヤマト マグカップ」で検索したらメルカリでたくさん売りに出されていた。これ、販売されていたもの?でも両親がそういったものを買うとも思えず、たぶんもらったものだと思います。