はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「リーガルV」 - 6

前回、米倉涼子について、への字口云々と失礼きわまりないこと書いてしまいましたが、先週回を見ていて今頃・今更、米倉涼子ってやっぱりかわいいんだ!と思えてきた。

これまではそう思ってなかつまたんかいっ?と自分で突っ込んでしまうけど、そう!あの三白眼ぎみの猫目が好みでなく、しかも役柄だろうけど、キメ顔のアップが多く演技が単調に思えた。この姿態とお顔のせいもあるかもしれないけれど、40歳過ぎの米倉涼子だけど、戦時中のお母さんの役はしないだろ?とそこで米倉涼子への興味が終わっていたんだけど。

これまでの彼女の代表作と言われる「ドクターX」も「黒革の手帳」も見ていないので多くは語れないけど、今回の「リーガルV」はカッコいいだけじゃない、鉄道オタクの部分など弾けた要素が多く、ポチ(林遣都)とのデコボココンビぶりも、彼女の表情を多彩にして、キュートさが滲み出ていると感じた。

しかも、米倉涼子本人も、共演者への気遣いなど細かくて、とても好い人みたいですよね。

 

林遣都が出演していなければ、見ていなかった「リーガルV」。でもここでも、米倉涼子というなかなかの女優さんを今更ながら発見できました。

最終回が待ち遠しい❗