はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「3年A組 ― 今から皆さんは、人質です ―」

菅田将暉が本人念願の教師役、しかもティザー映像を見ると、冷徹そうな立て籠り犯ではないか。

冷徹な役を演じる菅田将暉って今まで観たっけ?冷静だったり、物静かなのはあったけど。

 

私の周りで、菅田将暉がイケメンでカッコいいと思っているのは私だけなのだけど、それはたまたま私の周りの人の美醜の価値観が私と違うからだと思っていた。しかし、最近の菅田君を見ていて、あれっ?と思い始めている。

でも、私が菅田将暉の作品を観るのは、彼の演技、彼を通じて作品を観たいからなので、この際イケメン云々は置いておこうと。

 

ティザー映像が「悪の教典」を彷彿し、伊藤英明が演じたハスミンと菅田将暉の柊先生が一瞬重なったのだが、それは蓋を開けてみないとわからない。(蓮実は人間の感情がないサイコキラーだったから違うと思うけど)

教師が起こす人質立てこもり事件は、ある一人の生徒の自殺が端を発しているらしい。地味で暗そうな、新しい菅田将暉が観られるようで楽しみだ。

www.ntv.co.jp