はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「半分、青い。」-2

いよいよ永野芽郁佐藤健が登場してドラマは主人公たちの青春時代に突入。

佐藤健、「何者」では大学生、そして今回は高校生(回想シーンでは中3役も!)を難なくこなしておられました。10代後半男子を演じるには、その世代の男子特有のごつごつした線の細い体が必要なわけで、いつも20代(しかも後半とか)の俳優さんが演じているのを見るにつけ、その体の細い線をキープしているってすごいなーと思ってしまいます。

佐藤健の出演作をそんなに見ているわけではありませんが、見る度に、この人の目の美しさを毎回思い知ります。新しい恋の予感もあり、朝からちょっと胸キュンな青春ドラマの展開が楽しみです。  

Copyright NHK(Japan Broadcasting corporation) All rights reservd.f:id:xuse:20180417100559p:plain