< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「世界は3で出来ている」(フジTV ソーシャルディスタンスドラマ) -5

どうでもいい補足ですが。

なぜ私が林遣都が演じる三つ子の三番目、三雄が気になるかというと、一番林遣都本人に近いキャラだからと、妄想しているからだ。

いや正直に言うと、3人とも本人とは全く違うと思うのどけれど、何となくニコニコそこにいる様子が、バラエティーなどに出ているときの林遣都に似ていると思ったのだ。

バラエティー番組にたまに出ると、ニコニコして、そこに黙っているよね、遣都って。それで話を振られたら、困った感じで訥々と答えるよね。

芸能界長いのに、いつまでも慣れてない、不器用な感じがファンとしては応援するしかなくなる。これも彼が人滴しの所以。