< script data-ad-client="ca-pub-5086079268044038" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「大豆田とわ子と三人の元夫」-2:とわ子と八作とかごめの関係について考察してみた

毎回、松たか子=大豆田とわ子が着る、華やかで上品なお洋服を楽しみに見ている。
キャリアを認められて就いた女性社長の、気張らない余裕があって、ホント素敵。
松さんならではのキチント感と華やかさがいいなー、着てみたいなーと思う。(手が出せないだろうけど)

もちろん、見所はそれだけではない。
いよいよ残すところあと1回になった。三人の元夫たちの様々なおせっかいに振り回されながらも、親友を亡くした喪失感を癒してくれた彼、小鳥遊(オダギリジョー)を見つけたか!と思いきや、彼とは一緒にならないと、1番目のの夫、八作(松田龍平)に話す大豆田とわ子。ええっ?!そうなの?オダジョーとは大人の素敵な恋愛だなー、って見ていたのに。

 

前回のラストシーンを振り返りながら考察した、八作と亡くなった親友かごめ(市川実日子)と、とわ子の関係について書いてみようと思う。

八作がとわ子と結婚してからも愛し続け、彼の心にずっと居続ける人はかごめだったようだ。それにとわ子が気づいたのは、かごめが亡くなってからだけれど、たぶんとわ子と八作が分かれた理由は、とわ子以外の人が八作の心に居続けていたからだろう。
そして、とわ子にとってもかけがえのない親友、かごめ。二人は”かごめ”という共通の何ものにも代えがたい存在を媒介にして、お互いを知り、長い目で見てお互いを愛しているのではないだろうか。
この考察が当たっているかどうかわからないが、不思議な関係だなあと思う。と同時に、”豊かな”関係だなとも。

人生、長く生きているといろいろある。そして人と人の関係も変わってくるものだと思う。変わっていきながらも、結果的にずっと続いている関係って人生の醍醐味の一つではないかと思った。

 

さすが、今をときめく脚本家、坂元裕二。

私の中で過去一好きだった慎森、岡田将生、そしてカッコいいオダギリジョーも拝めた。松田龍平という、ひたすらポーカーフェイスの俳優について興味を持ち、今度、彼とオダジョーが共演している「船を編む」という映画を観ることにした。
とまあ、いろいろと気づきときっかけをくれた作品だった。


最終回を見ずして、結論めいたことを書くのもなんですが、上質な大人のドラマでした。達者な俳優陣による安心感のある掛け合い、スタイリッシュな風景も相まって目にも楽しかった。

www.ktv.jp

 

[http://
ドラマランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村:title]