はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「サニー 永遠の仲間たち」(2012年)

韓国の女優さんたちの、まあなんて芸達者なこと!

本当は゛10代の゛若手女優さんたち、と書こうとしたのだけど、Wikipediaで調べたら、主人公たちの高校時代を演じていた女優さんたちは、当時20代だったようだ。たぶん、各々かなり美人なんだろうけど、主人公の10代を演じた子なんて相当面白い顔、演技をしていました。

シンディ・ローパーのTime after time.など懐かしい80年代の曲に乗って、彼女達の青春時代が鮮やかに、そしてノスタルジックに甦り、観ている同年代の女子の琴線にふれる。私なんてちょうどその時期(彼女達の青春時代)、初めて韓国を訪問したことを思い出したのだから。

それにしても当時から、韓国では美容整形が気軽に行われていたんだね。

 

高校時代の女の子の友情は、永遠!そしてラストがあそこまでうまくいくのはちよっと現実的でないけれど、この楽しいファンタジーは観て損はなし!(特に女子)

 

さて、この映画のリメイク、日本版が公開中。キャストを見るとなかなかだよ!ともさかりえがあの役かあ。渡辺直美だけ皆と比べて若いから頑張って!って感じ。広瀬すずがどこまで美少女を捨てられるか見ものです。

↓こちらは公開中の日本版の公式サイト

http://sunny-movie.jp/sp/

 

サニー 永遠の仲間たち (字幕版)