はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「獣になれない私たち」

ガッキー(新垣結衣)が出ているし、田中圭も出ているし、、「逃げ恥」(実は見ていない)の脚本家だし・・・見てみるか!ということで連ドラ録画予約しましたが。。

 

主人公の晶(あきら=ガッキー)が職場で周りにいいようにこき使われている様を見て、確かにああいう負のツボに入る人、またタイミング、あるんだよね。リアルオフィスのあるあるシーンをよりデフォルメした形で描いているのはわかるけど、あまりに悲惨でいたたまれなかった。

しかも恋人の京谷(=田中圭)の初回から優柔不断がバレバレのキャラはどうよ!

さらに、ダブル主演である松田龍平演じる根元の全然いい人でない、全く惹かれる要素ゼロの佇まいときたら!視聴意欲が減る・・。(そこまで言う?)

 

1話から視聴者のモヤモヤする怒りにも似た感情を湧き起こし、で、この先どーなるんだよっ!とばかりに2回目を見させる作戦か?!

www.ntv.co.jp