はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

"やったるでー" from「スカーレット」

あれもこれもやらなきゃいけないことが重なって、そのうち1個くらいが、これ今やること?って一瞬思ったりするのだけれど、先延ばししても良くない結果しか思いつかないし、とにかくやらなきゃいけないことを、ブルドーザーのようにやる。

すると、いつもより早く朝の支度ができたり、冷え症の体が少し熱くなったり、瞬間"やったる!"のエネルギーが体のどこかから出てくるのを感じた。

これって「スカーレット」の主人公、喜美子が、15歳で単身大阪に行くとき拾った古い信楽焼の欠片の色を見て、勇気を貰った時の"やったるでー!"の時の気持ちに似ているのではないかと思った。

困難の大小はあるけれど、それに直面した時の、"やったるでー"の気持ちがでるかでないかは、自分を信じられるかどうか、ではないか。

 

ではここぞという時、自分を信じられるようになるにはどうすればいいのか。

それは、頑張ったり、腹をくくって物事に対処した後に"できた!"という成功体験を得るしかない。

とにかく、"やる"ことが重要。熟慮も過ぎたるは期を逃す。