はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「麒麟がくる」-2

主役は明智十兵衛(光秀)の、長谷川博己です。改めて。

前回では吉田鋼太郎の松永久秀の迫力・知力・コミュ力(りょく)に魅せられ、場を持って行かれた。その前までは、本木雅弘演じる斎藤道三の狡猾と茶目っけに視聴者騒然となった。

しかし、当たり前と言えば当たり前なのだ。切れ者ではあるが、まだ何者でもない明智十兵衛。織田が頭角を表していないこの時期、群雄割拠の戦国時代に魅力的人物は数多いる。そんなに有名でないと思うのだが、前回は足利将軍側の細川藤孝を演じる眞島秀和の登場でも盛り上がった。

個人的には佐々木蔵之介の秀吉を早く見てみたい。いやあ、まだまだ主役を脅かす(?)登場人物がてんこ盛り。(さすがNHK。)

 

猜疑心と騙し合いが日常の戦国時代、「天地人」で上杉が掲げた「義」ではなく、何を信念として戦国を生き抜くのか見守っていきたい。なんと言っても番組オープニングの長谷川・光秀はホントにかっこ良いからね。主役は彼です!