はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して観るのが好き。その記録や映画の感想、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「散歩する侵略者」(2017年)

長澤まさみって演技上手くなったよねー。(何様?)

彼女の駆け出しの頃の映画も何作か観ていて、どの作品で開眼したのかわからないけれど、「海街dairy」でも以前の彼女と違うと思ったし、「真田丸」の後半も良かった。(「真田丸」は後半からしか見ていない)

以前「隠し砦の三悪人」を観た時、松本潤を含み、なんかひどいなーと思ったんだけど。あれから幾年月か・・。

 

松田龍平高杉真宙恒松祐里の3人は、宇宙人にしか見えなかった。そして牧師の東出昌大、聖書の言葉を駆使して愛を語っても、それを”実”としてイメージできない宇宙人の松田龍平に愛を伝えられなかったという、うさん臭さをはり付いた微笑みと長身で体現。

地球征服のために送り込まれた3人の宇宙人は、人の体を乗っ取り、人々から概念を盗み集め、地球人の情報を彼らの星に送り侵略を誘導する。

 

妻(長澤まさみ)の夫(松田龍平:宇宙人に乗っ取られている)への愛が、結果地球を救ったことになったのだが、壊れかけていた夫婦関係が、宇宙人に乗っ取られ別人になったおかけで修復されていく過程が弱かった。もう少しそこ、丁寧に描いてほしかったなー、と思った。

宇宙人としての言動は危うく、放っておけない、自分がいないとどうなっちゃうかわからない夫への母性本能?プラスかつて愛した男だし。夫から地球を征服しに来たことを伝えられ、宇宙人であると確信しても、当局に突き出すどころか一緒に逃亡する。そしてついに侵略が始まったその時、人類の持つ概念の数々を盗んでいった宇宙人が、最後まで盗めなかった「愛」を自ら盗めと夫に差し出す。

「愛」を知った宇宙人は、地球征服を止めることになり、「愛」という概念を盗まれた妻は放心のまま、そのほかの概念を盗まれた人たちが手当てを受ける病院にいる。そして松田龍平は宇宙人なのに「愛」を知ってそのまま地球に残り、妻に寄り添うことになる。

前川知大が主催する劇団イキウメが2005年に初演した作品の映画化とのことだが、確かに舞台での展開が容易に想像できるお話しだと思った。

最後の野戦病院みたいなところで、小泉今日子が医師役でカメオ出演。えらく貫禄ありました。

散歩する侵略者  通常版 [DVD]